ゲームコーナーよんぷら♪

元ゲーム戦士の戯言

備えあれば…

震災の備えは?とのコメントを頂いたので考えてみたのですが。

ぶっちゃけ、津波のような被害がなければどうとでもなると思います。

震度7とかでも、地震の揺れ自体で倒壊した家はほとんどありませんでしたし…

よほど孤立するような地区でなく、道路が寸断されていなければ、援助はすぐきますしね。

仮に一ヶ月ライフラインがストップしたとして、必要なのはやはり水。
飲み水としてだけなら一人2L6本位あれば間に合うとおもいますが、カップラーメンやご飯を炊くとなるともっと必要になります。

給水車が定期的に来たりもしますが、遠くまでタンクを持って歩いていって(ガソリンがないので車は使えない)並ぶのは面倒なので、常に二箱位は水のペットボトルは常備しておいてもイイと思います(賞味期限も2年程と長いですし。)

あと、電気を使わずお湯を沸かせる環境…家がプロパンガスでガスコンロがあれば問題無し(都市ガスは×)。カセットコンロがあれば大丈夫かな?

懐中電灯的な物は必須ですが頭に固定するライト(スペランカーのような)があると凄く便利です。

暗闇で、両手を使わなければならない事も多いので。

現金は全くないと不安ですよね。ただ最悪、支援物資をうけとれる状況にあれば無一文でもなんとかなります。

実際、私らの家族も最初の一ヶ月、食料のほとんどは支援物資でまかないましたから。

自分は、震災時、たまたま現金で5万円ほど持っていたのですが、2ヶ月位は困らず過ごせました。(その後、銀行やATMも復帰しましたし。)

そこそこ都会に住んでいる人は、トイレが大変なので大きめのバケツを用意したりと、トイレ(大便)をどうするか考えておいた方がイイかも。


イロイロ書きましたが、一週間…いや五日間、自力で食いつなげればなんとかなると思います。

これが津波の被害も考えての備え…となると、またちょっと話が変わるので、それは次回にでも。
  1. 2012/02/29(水) 09:00:20|
  2. 震災
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

震災後の状況10

震災…津波の被害で、失った物…

ゲーム関係の物はほぼ全滅と話してきたが、

もっと大事な(笑)生活必需品も大打撃を受けた。

冷蔵庫、洗濯機、ファンヒーター、ストーブ…要するにテレビ以外の電化製品も壊滅。

テレビは、たまたま、母親が逃げる時に、足元に倒れてきて邪魔だったので、テーブルの上に上げて逃げたので、水没せずに助かった。

後はタンス、衣装ケース、3段ボックス5段ボックス等もほぼ全滅。

あと、母屋は昔の古い平屋なのでやたら部屋数が多く(10部屋)そこにひいてあった畳…50枚も全滅。

ついでに床板も抜け落ち満足に歩く事も困難。

それでも、このままにはしておけないと思い、家の中の物を全て外に出す事に、水の染み込んだ畳があんなに思いとは…しかも、家の中は足場が悪いのと、泥で滑りまくるため全然はかどらない。

それでも、ほとんど一人で運びだしました。畳は運ぶと言うより転がして外に投げる感じでしたが。

あの頃はとても誰かに助けを求める事などできる状態ではなかったので(周りも皆同じ状況)

電話も携帯も一ヶ月以上通じなかったですし。

そんなこんなで、かなりの日数をかけて母屋の中の物を全て外に運びだす。

津波の水は床上40センチ程…とはいえ地震で、タンス等は倒れてその上に水が来たため皆水没。

で安い3段ボックス等は、水を含んだ為、ふやけて合板が剥がれボロボロに。

立派なタンス等はこちらも水を含んだ為、引き出しも開かなくなったのでバールで壊して中味を取り出し。

水没した洋服等は全て破棄してしまった。

今にして思えば、服等は洗えば使える物もあったはずなのだが、当時はそんな考えもなかった。

ヘドロ水に浸かって強烈に臭くなった、服など。

そもそも水道も出なかったので洗うという考えも無かったし、水まわりがいつ回復するか全くわからなかったのもある。

ちなみに震災直後に皆が寝泊まりすることになった、離れ…よんぷらも水浸し(汚水まみれ)になった部屋を何で洗ったかといえば、井戸水…と言っても、沸きだしているのは油まみれの海水だったが、それでも、ヘドロ臭い泥を洗い流すのには重宝した。
  1. 2012/02/26(日) 22:50:14|
  2. 震災
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

震災後の状況9

ゲーム関係で変化した事といえば、スコアネーム入力がどうでもよくなった。

ボタン連打でAAA。

あと、やり込み系のセーブデータとか。

以前は、プレイした履歴やハイスコアなど、セーブデータを残すのは基本だったが、今では、メモリーカードすら挿さずにプレイする事も。

一期一会でプレイしその瞬間だけ楽しむスタイルに。

さすがにアドベンチャー系の一日で終わらない物はセーブ必須だけど。

後は操作系のこだわりの喪失。

シューティングや格闘ゲームはジョイスティックで!!

というスタンスから、パッドで遊べりゃ充分…というふうに。
  1. 2012/02/25(土) 00:04:44|
  2. 震災
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

震災時の状況8

震災後に大きく変わった事に好みの変化がある。

震災前はあんなに好きだったのに…今では何も感じない…と言うものがいくつかある。

>ガンプラ
びっくりするほど熱が冷めてしまった。
震災でも生き残った「プラモデル」もいくつかあったので、気力を振り絞って作ってみたが挫折…。途中でテンション下がりすぎてやめてしまった
(-_-)

次に「ゲーム」
特にオールド系と、携帯ゲーム機のやる気がマイナス。

震災直後は、まだ「イロイロ復活させなければ!」という気力もあり、生活が多少落ち着いてから水没して使えなくなったPSPとDSを再購入。

しかし、いざゲームをプレイしてみると、全然楽しくない。むしろ苦痛すら感じてしまう始末。

更にはあんなに好きだったオールド系…特にチマチマした感じのゲーム(ナムコの名作オールドゲームとか)にも全然楽しさを感じられなくなってしまった。
(-_-)

あと、オールドゲームでなくとも、3Dのアクションゲーム(fps系も)及び、リアルレーシングゲーム系も全く受け付けなくなってしまった。

嫌いになった訳ではなく、むしろ好きなのだが、プレイしても全く楽しさを感じれないジレンマ…

ハッキリ言って自分でも物凄くショック(;_;)

ぶっちゃけ、今まで大好きだったゲームで、今プレイして楽しさを感じられるのはほんの一握りになってしまった。

そんな中で、何も考えず、無我夢中で楽しむ事ができているのが「シューティング(主に弾幕系)ゲーム」なのだ。

だから、最近はもう、縋るような思いで、弾幕シューを買いまくっているわけだが…

まだ楽しめるゲームがあるだけ救いか?


  1. 2012/02/24(金) 07:36:48|
  2. 震災
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

震災時の状況7

東日本大震災からもうすぐ1年…

あの時の惨状を思い出すと、よくもここまで復興したものだと感心する。

この一年で変わった事がいくつかあるが、得に人生観が変わる程に変化した事がある。

それは「霊などいない(=死後の世界など無い)」と確信できた事。

昔から、そういう霊的なモノを信じていた訳ではないがやはり怖いものは怖く、もしかしたら…と言う思いもそれまではあった。

311の震災の時に自宅の隣の空地が死体安置所になり数百体の遺体が運ばれてきて、気味悪さと恐さで、胃が痛くなりそうだった。

隣…といっても、本当にすぐ隣、自分の部屋の壁一枚隔てたすぐ隣が安置所(-_-)

しかも震災後は一ヶ月近く電気がこない日々が続き、夜、外にトイレに行くのもめちゃくちゃ怖かった。

が!家の隣が安置所になってから1日過ぎ、2日過ぎ、1週間過ぎ、1ヶ月過ぎ…だが、何も起きない。

この世に未練を残して亡くなった人達がこれだけ大勢いるのに、いくら自分に霊感が無いといっても何も起きない(見えない…感じない)というのは有り得ない。

=霊はいない。

と、いう。結論に達した。

その瞬間から、夜、暗闇の中外でトイレをするのも嘘のように怖く無くなった。

これはあくまで自分の感覚であって、「霊はいる!」と、言う人の意見を直接否定するような事は勿論しないし、行事やしきたり的な事も(形式上は)行う。

ただ、その手の事象に関しては心の中では物凄く冷めた思いでいるようになってしまった。

  1. 2012/02/21(火) 08:46:58|
  2. 震災
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ