ゲームコーナーよんぷら♪

元ゲーム戦士の戯言

ビデオゲームメモリアル「ザ・ビッグプロレスリング」データイースト、1983年。

データイースト、1983年。

敵と組み合ってボタンを連打…
ボタンを押す回数で技が決まるシンプルなプロレスゲーム。

ファミコンには「タッグチームプロレスリング」の名で移植されている。

シンプルとはいえ、決める技や位置取りの
駆け引きがあって、テンポも良かった為、
かなり好きなゲームだった。

当時プレイした場所など詳しくは覚えていないが、たしか
1プレイ30円…とかの駄菓子屋で遊んでいたハズ。

このゲームでの思い入れは20代後半の自分の誕生日に
友人の「Y・Y氏」が、なんと純正(発売されてから基板の入れ換えをしていない)
テーブル筐体に入った、ビッグプロレスリングを
プレゼントしてくれた事。

まだ、「自宅ゲーセン化計画」など発動される前の事なので画像は残っていないが
妙に興奮した覚えがある。

ただ、しばらく後、そのテーブル筐体の
モニターが故障してしまい放置…

訳あって自室の半分を解体した時に
この筐体も一緒に破棄してしまった。

なんと、勿体無い( ノД`)

だが、フォールした時の独特の音声
「ワン~ツゥゥ~スゥゥルィイ~~~!!」
は今でも心に残っている(*^^*)。



スポンサーサイト
  1. 2015/05/11(月) 12:58:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ビデオゲームメモリアル「3DサンダーセプターII」ナムコ、1986年。 | ホーム | 洗車後の必需品>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yonpura.blog.fc2.com/tb.php/955-cadcd9dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)