ゲームコーナーよんぷら♪

元ゲーム戦士の戯言

ビデオゲームメモリアル「ダライアス」タイトー、1986年。




タイトー、1986年。

ゲーマーには言わずと知れた横スクロールシューティングの金字塔
継ぎ目の無い3画面とボディソニックが有名な「ダライアス」

個人的には中学生時代に最も興奮!感動!熱中したゲームだ。

初めてこのゲームを見たのは近所のゲーセン「ジュピター」

いつものように学校が終わってからこの「ジュピター」に行ったら、入り口に
デン!と「ダライアス」の筐体が置いてあり
地鳴りのようなBGMを響かせていた。

その時プレイしていたのは同じ中学の先輩だったのだが
「このダリウス!凄ぇーよ!」と話していたのを今でもハッキリと覚えている。

その後、自分でもプレイしてみたのだが、
迫力のBGM、グラフィック、演出の格好よさにひとめで惚れ込んだ。

筐体にヘッドホンジャックが付いていたので
ヘッドホン着用でプレイすると、のめり込み度は他のゲームの比でなかったし、

プレイする度に徐々に先に進めるようになる難易度も絶妙だった。

しかし、壁にぶち当たる。
4面ボスのピラニアである。

このボスが強烈に強くて一向に倒せず挫折しかかったのだが、そのタイミングで

ショットのパワーアップを「レーザーまで上げない」と楽にピラニアを倒せるとの情報を得て、なんとかピラニアを攻略!

その後も順調に攻略を続け、ついに「ダライアス」をクリア!

一番簡単なVゾーンの亀だったが
その時の感動は我がアーケードゲーム人生の中でも5本の指に入るほど感動した熱い思い出だ。

ダライアスはコース選択式だったので
その後も長くプレイし続けて結局は
全ゾーンクリアや、ウェーブでのクリアも達成出来た。

地元にはタイトー系列のゲーセンがたくさんあったので
行動範囲内だけでも5台の「ダライアス」が
稼働していてプレイする環境に恵まれていたし、

15インチバージョン、19インチバージョンの両筐体と、ゲームも旧バージョン、新バージョン、エキストラバージョン、3つ全てを楽しめたのは凄くラッキーだったと、思う。

ただ、この「ダライアス」に出会った頃は
小学校からつるんでゲーセンで遊んできた
友人達が皆、ゲームを離れていった時期でもあり

学校で
「凄ぇーゲームがゲーセンに入ったんだぜ!」と話しても

「まだゲームなんかやってんの?」
と、鼻であしらわれ愕然。

この頃からは、ひとりで黙々とゲーセンに行ってゲームを楽しむようになっていった…

そう…高校に進学して、ゲームサークルの
「PGP」に入るまでは…




スポンサーサイト
  1. 2015/05/02(土) 19:36:08|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<「よんぷら」と言う名称の誕生。 | ホーム | ビデオゲームメモリアル「アウトランナーズ」セガ、1992年。>>

コメント

自作ダライアス筐体を製作された方はあちこちで話題になっていますね。

あの完成度は驚愕ですよね~
感動すら覚えます。

世の中には凄い人がいるものです(*^^*)
  1. 2015/05/05(火) 22:16:14 |
  2. URL |
  3. ば~る☆ #-
  4. [ 編集 ]

ば~る☆店長さん更新お疲れ様です

初代ダライアスは私にとって一番好きな横シューで取り上げてもらえて嬉しいです、
旧よんぷらHPでもダライアス関連の記事が一番好きでした
もちろん他のコンテンツも好きでしたよ!

最近も自作でオリジナル筐体を再現作成されてる方がいて
ダライアスファンの熱意は凄いものがありますね ^^

亀ルートの二人プレイエンドのフェニックスには感動ししたものでした。
  1. 2015/05/03(日) 17:17:11 |
  2. URL |
  3. NRP #CqgfDifQ
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yonpura.blog.fc2.com/tb.php/946-5148cb1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)