ゲームコーナーよんぷら♪

元ゲーム戦士の戯言

ビデオゲームメモリアル「アウトランナーズ」セガ、1992年。



「アウトラン」「ターボアウトラン」に続く3作目「アウトランナーズ」

トータルバランス的にとても良くできたゲームだと思うが、しかし…

どこか優雅な「初代アウトラン」
豪快でロックでアメリカンな「ターボアウトラン」

に比べ、とことんお祭り的になってしまった「アウトランナーズ」

個人的に「アウトラン!」と言えば真っ赤なスポーツカー…な
イメージが強く、
多種多様な車が選べる「アウトランナーズ」が
「アウトラン」の続編…と、言われてちょっと違和感があったものです。

筐体のデザインも前作、前々作に比べてあか抜けない感じになってしまったし。

しかし、バラエティに富んだBGMが何時でも変更できたり
ステージ毎にBGMが変化する斬新なDJモードの搭載

車種により攻略が異なるなど飽きずに長く楽しめる工夫は
レースゲームとして見れば好印象でした。

最大8人まで通信対戦できたのも◎

そしてこの「アウトランナーズ」
とにかく出回りが良く、至るところに設置されていて…

ゲーセンからショッピングセンター、ボーリング場、
ネットカフェ、24時間のドライブイン等々…

記憶にあるだけでも20箇所近くで遊んだ覚えがあります。
(成人してからのゲームなので行動範囲が広かったのもありますが…)

ゲームを遊びに行った以外の場所でもプレイしたことが
多かったゲームなので、そういう意味で思い出が多いゲームでもあります。



スポンサーサイト
  1. 2015/05/01(金) 03:45:29|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ビデオゲームメモリアル「ダライアス」タイトー、1986年。 | ホーム | ビデオゲームメモリアル「WGP(ワールドグランプリ)」タイトー、1989年。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yonpura.blog.fc2.com/tb.php/945-87f65180
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)