ゲームコーナーよんぷら♪

元ゲーム戦士の戯言

ビデオゲームメモリアル「コンチネンタルサーカス」タイトー、1987年。

タイトー、1987年。

F-1を題材としたレースゲーム。
液晶シャッターメガネを使い3D立体映像で
遊べるのが特徴。

ただ、3Dに関してはそれほど立体に見えないのが残念な感じだった。


ロケットスタートやスリップ時のカウンター等の攻略法がわかれば、かなり長く遊べるゲームだったが
ちょっとしたミスや接触ですぐゲームオーバーになってしまう緊張感溢れるゲームでもあった。

個人的にはかなり好きで、
行きつけのゲーセン「サンプラ」に
長らく設置してあった事もあり
一応全ステージクリアする事はできた。
(3位入賞が最高でトップクリアはできなかった)


そして「コンチネンタルサーカス」が
ゲーセンから姿を消してからは、もうプレイする事は無いだろう…
と、思っていたが、なんとプレステ2用ソフト
「タイトーメモリーズ」に収録!

久々に遊んだが、凄く難しくて
コンティニューを駆使してごり押しクリアした。

昔のように100円に命を賭ける程の集中力は
もう出せない…
と身をもって感じたのでした(苦笑)





スポンサーサイト
  1. 2015/04/14(火) 13:03:16|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ビデオゲームメモリアル「コンバットスクール」コナミ、1987年。 | ホーム | ビデオゲームメモリアル「西遊降魔録」テクノスジャパン、1988年。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yonpura.blog.fc2.com/tb.php/928-0c588274
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)