ゲームコーナーよんぷら♪

元ゲーム戦士の戯言

ビデオゲームメモリアル「ゼビウス」ナムコ1983

ナムコ、1983年

縦スクロールシューティングの金字塔

このゲーム…初プレイしたのはファミコン版が先で、それも大いにハマってプレイしたけれど、
後にゲーセンでアーケード版を見た時の感動はハンパではなかった。

ファミコン版とは違う深い色使い。
重厚感溢れるザッパーの発射音。
浮遊しているアンドアジェネシス。
砂漠に描かれたナスカの地上画。

どれも驚愕に値するモノだった!

しかし、下手くそだったので
16エリアまで到達する事はできず
早々に諦めてしまっていた。


その後、高校生になった頃
駄菓子屋の14インチアップライト筐体に
組み込まれている本物のゼビウスが
通販で5000円で売っているのを発見!

ゲームソフト1本買う値段であの「ゼビウス」が買える!

と、興奮して購入!

しかし、高校生の頃と言えば
ゲーセンの「グラディウスII」に夢中で
本物の「ゼビウス」とはいえ、いざ買ってみると
古臭く感じてしまい、あまりプレイすることなく
部屋のオブジェと化してしまい、その後売却してしまった。


再びアーケード版のゼビウスにハマるのは
プレステの「ナムコミュージアム2」版が発売された時。

この時、初めて自力で16エリアを突破する事ができた。

更にその後、
プレステの「ゼビウス3DG+」版、初代ゼビウスで
1000万点を目指すも、睡魔に襲われ700万点で
ゲームオーバー。


更に後、ニンテンドー3DSの
3Dクラシック版ゼビウスで憧れの1000万点を達成!
(中断機能やラッキーフラッグを使用してだが)


なんだかんだ言いつつ、これほど長く
楽しんでいる「ゼビウス」


…なんというか
「ゼビウス」という全てから発せられる
カリスマ性…に魅せられ…

取り込まれてしまっているのかもしれない。



※1990年頃、仕事中に
「遠藤雅伸」氏に会い、お話する機会が
あったのだが、その時は変なプライドが邪魔し、普通のやり取りしか出来なかったのを
今でも後悔している。

もっと素直に
「ゼビウス大好きでした!!サインください!!」位、言って握手し、一緒に写真でも撮ってもらうんだった…と心から後悔している(^^;







スポンサーサイト
  1. 2015/03/06(金) 12:58:04|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ビデオゲームメモリアル「影の伝説」タイトー、1984 | ホーム | 「リーグ・オブ・レジェンド、時空を超えた戦い」洋画>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yonpura.blog.fc2.com/tb.php/889-61716f22
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)