ゲームコーナーよんぷら♪

元ゲーム戦士の戯言

「ディグダグ」の思い出


この頃のナムコのゲームのセンスは異常!

グラフィックしかりサウンドしかりゲーム性しかり…

このゲームも大好きではあるのだが、ゲーセンでは3回位しかプレイした事がない。

自分には難しいゲームで3面位でゲームオーバーになってしまい長く遊べなかったから…

プクプクポンだけ、使って敵を倒していけばそこそこ先まで進めたのだろうけど、どうしても、岩を使った連続潰しを狙ってヤラレてしまうからだ。

パターンを作る位やり込めなかったのは残念。

ファミコン移植版も、友人から借りてあそんだが、アーケード版に比べて妙に安っぽく残念な気持ちに(ファミコン移植版ゲーム全般に言える事だが。)

今、クリア重視でプレイすると、けっこう先の面まで進めて、大量の敵がいっせいに攻めてきて、熱い事がわかった!

今更、やり込む程ではないが…
もっと昔にこの楽しさに目覚めていたら良かったのになー

と思ったり思わなかったりしたのでした。
スポンサーサイト
  1. 2012/05/12(土) 11:07:16|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「怒首領蜂大復活ver1.5」xbox360 | ホーム | 「ゼビウス」の思い出>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yonpura.blog.fc2.com/tb.php/88-8b81d4dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)