ゲームコーナーよんぷら♪

元ゲーム戦士の戯言

「サウンドオブサンダー」洋画

西暦2055年、タイムトラベルが可能になった時代。

6500年前に戻り、恐竜を狩るツアーが人気を集めていた。

しかし、タイムトラベルした際に過去からあるモノを持ち帰った為に、全ての生態系に異変が起こり、人類滅亡の危機に…

と、いったストーリー。



未来の都市の描写や恐竜の映像などの合成が
チープだったり、デザインのセンスが安っぽく
観始めた直後はかなり残念な気持ちになったが…

ストーリーは中々面白く、先の展開も読めなかった為、徐々にのめり込んでいた。

映画の締めもスッキリしていて、
見終わって嫌な気持ちにならなかったのは◎

もっと予算をつぎ込んで見映えが良くなれば
大化けしそうなB級映画と、いった印象!

個人的評価54点!
スポンサーサイト
  1. 2015/02/10(火) 13:11:13|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「夕闇通り探検隊」プレステ1用ソフト(その2) | ホーム | スマートフォンの画面をテレビに映す「HML⇔HDMI変換ケーブル」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yonpura.blog.fc2.com/tb.php/867-345f34c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)