ゲームコーナーよんぷら♪

元ゲーム戦士の戯言

「ウインドトーカーズ」洋画

1944年、太平洋戦争末期のサイパンを舞台に
日本軍と米海兵隊の激しい戦いの中、
暗号通信兵とそれを護衛するニコラスケイジ扮する伍長の友情?ストーリー。

戦争シーンは規模が大きく描かれていて
迫力満点。

ただ生々しさは控え目でリアル路線…というよりは
いかにもアメリカらしい御都合主義な戦争映画!
といった感じ。

主人公は暗号通信兵の護衛…という任務だが
暗号通信兵が敵側に捕まった場合は
秘密保持の為、暗号通信兵を自らの手で
始末しなければならない任務もうけていた…

葛藤するニコラスケイジが見所か?

日本軍を敵とするアメリカ兵側の話なので
観ていて心苦しいというか…感想が難しい映画だが
良くも悪くも真剣に最後まで観てしまったので

個人的評価48点


スポンサーサイト
  1. 2015/01/31(土) 10:18:13|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<セガサターン版「スペースハリアー」レビュー2015年版 | ホーム | 「頭文字D エクストリーム ステージ」プレステ3ソフト>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yonpura.blog.fc2.com/tb.php/856-47763263
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)