ゲームコーナーよんぷら♪

元ゲーム戦士の戯言

2014年度よんぷらゲーム大賞!





2014年度、自分が最も楽しんだゲーム
を決める「よんぷらゲーム大賞」

★今年の大賞は
「デッドライジグ(xbox360)」に決定!

ゾンビだらけのショッピングモールで
72時間後に救出が来るまで生き延びるゲーム。

少々クセがある為、取っつきは悪かったが
コツがわかってくるにしたがい凄く楽しめるようになったゲームだった。

なんとなくだが、この手のフリースタイル系ゲームで
ここまで夢中になってハマりこむのは
この「デッドライジング」が最後な気がする
そんな予感をひしひしと感じつつも…

大賞に決定!



★第二位
「デイトナUSA(PS3)」

HD化された「デイトナUSA」の画面がテレビに映り
「でぃとぅな~~♪」の歌が流れた時の興奮と感動!

当時の思い出が甦って超ヤバかった(;´д`)

今では「デイトナUSA」よりもリアルな
レースゲームは多々あるが
ゲーム自体の楽しさ、気持ち良さは
全くひけをとらない。

また、DVDやBlu-ray視聴はプレステ3を
使っているので、視聴の合間に
気晴らしでプレイする事が多かったのも大きい。



★第三位
「セガ3D復刻プロジェクトシリーズ(3DS)」

任天堂3DSで展開されているシリーズ

この時代になって
「アフターバーナー2」
「ファンタジーゾーン」
「アウトラン」「サンダーブレード」
と、自分が好きなゲームが次々移植され
ていく瞬間を物凄く楽しませてもらった。

短時間でスパッと始められて
スパッと止められるゲーム性のおかげで
ちょっとした気分転換や寝る前の一発に
セガ体感ゲーム系は大活躍!

恐らく起動した回数ではナンバーワン


★第四位
「wii バーチャルコンソール」

子供の頃から夢中になってきた
ゲームがアーケード、コンシューマ織り混ぜて
かなりの数移植されていており、
思い出に浸りたい時はプレイして
遠い目をする事が多かった(苦笑)

アーケード版
「クレイジークライマー」
「ギャプラス」
「スペースハリアー」
「源平倒魔伝」
「エグゼドエグゼス」
「魔界村」

ファミコン
「ドンキーコング」
「バルーンファイト」
「アイスクライマー」
「スーパーマリオブラザーズ」
「スターソルジャー」

スーファミ
「エフゼロ」

PCエンジン
「スーパーダライアス」

MSX
「グラディウス2」

等々、他多数

ひとつのハードでこれだけ思い入れのある
ゲームがまとめて遊べるだけでも満足(*^^*)


★まとめ

下半期は映画視聴やギター熱が高く
ゲームのプレイはまちまちになったが…

トータルではゲームも楽しんだ一年だった。

しかし、ラインナップに
新作ゲームがほとんど無いのは新鮮味が無く
ゲーム戦士としては最早終息の時を
迎えていると言わざるを得ない。

脳天から痺れるような感動や興奮を
味わえる時が再びくるのか!?


2014年度ゲームに対しての個人的総合評価
「47点!!」


さて、来年はどうなる?
スポンサーサイト
  1. 2014/12/13(土) 19:54:10|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ハジマッタ(雪…積もってるよ) | ホーム | 「カオス」洋画>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yonpura.blog.fc2.com/tb.php/818-150fe383
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)