ゲームコーナーよんぷら♪

元ゲーム戦士の戯言

「シックス・デイ」洋画

クローン技術が発達した近未来の話。

動物のクローンは普通に可能な時代だか
人間のクローンは法律で禁止されていた…

しかし主人公(アーノルドシュワルツェネッガー)
が、家に帰るとそこにはもう一人の自分がいた…

展開が読めない点では最後まで
集中して観れたが、いろいろと消化不良なのが残念。

映画の中では近未来(2015年頃)という設定だが
現時点(2014年)と比べて近未来感が
ウソ臭いのも残念。

映画公開時(2000)年に観ていれば
新鮮に楽しめたのかもしれないが…

個人的評価B
スポンサーサイト
  1. 2014/09/12(金) 00:04:07|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「セガサターン究極予備セット」 | ホーム | 「バトルシップ」洋画>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yonpura.blog.fc2.com/tb.php/724-168fbe5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)