ゲームコーナーよんぷら♪

元ゲーム戦士の戯言

「セガコンシューマーヒストリー」書籍


セガの歴代ゲーム機とソフトを網羅(?)
している書籍。

個人的にもセガのハードは
セガマーク3からドリームキャストまで
リアルタイムで遊んできたので思い入れも深い。

かなりのタイトルをプレイしてきて、それぞれその時代には楽しくプレイしたが…

やはり、セガマーク3の
「ファンタジーゾーン」
「スペースハリアー」
「北斗の拳」

が最も印象に残っている。

これらはあまりに鮮烈すぎた!
この3本のお陰でセガ好きに寄った…
と言っても過言ではない。

ただ、この3本の鮮烈さと楽しさを
超えるセガ製ゲームは
「メガドライブ後期」スーパー32Xの
「スペースハリアー」まで出なかったが(苦笑)

その後の
「セガサターン」や
「ドリームキャスト」は
今なお自室では現役なので言わずもかな。

そんなこんなを思い出させてくれる
この「セガコンシューマーヒストリー」

セガのコンシューマーゲームを
多く楽しんできたオッサンなら
手に取る価値はある?かも!?


スポンサーサイト
  1. 2014/03/11(火) 19:38:04|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<「3Dファンタジーゾーン」キター!(本当!) | ホーム | 「セガアーケードヒストリー」書籍>>

コメント

個人的にマーク3以前のゲームは
成人してからコレクション的に購入したものが多いのですが

「ワンダーボーイ」
「バンクパニック」
「ヒーロー」

なんなも地味に面白かった記憶が…

「ゴルゴ13」とか
へっぽこ過ぎて逆に楽しめたのも
多かったですが(苦笑)
  1. 2014/03/16(日) 21:06:24 |
  2. URL |
  3. ば~る☆ #-
  4. [ 編集 ]

僕はマーク3からのユーザーなんですが、セガのハードはどれも名機で大好きですが
やはり、マーク3のソフトが一番印象に残ってるかもしれません。

スペハリ、ファンタジーゾーン、北斗の拳はもちろんなんですが、

ブラックオニキス、覇邪の封印、ファンタシースターのコンボの翌年のイースや、
アレックスキッド、魔界列伝などのアクションゲーム、
全機種版ですが、ノーヒントでクリアできたロレッタの肖像なんかも印象深いです。

あとはアウトランですね。
ゲーセンでは小遣いの関係で一日に複数回は遊べないので、マーク3版でコースを覚えてました。
見た目はしょぼいですが、意外とコースの再現度は一部を除いては高かったんですよね。

ゲームに興味のある友達に本体ごと貸し出したりとかして、布教活動をしたのも良い思い出ですw

因みに、コンシューマーヒストリーですが、アーケードヒストリー共に大事にしています。
買った当時は何度も読んでましたが、最近は全く開いていないので、また読みたくなりました。
  1. 2014/03/13(木) 05:01:21 |
  2. URL |
  3. がるじ #QiwjB3JM
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yonpura.blog.fc2.com/tb.php/570-51903944
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)