ゲームコーナーよんぷら♪

元ゲーム戦士の戯言

「3Dクラシックスゼビウス」ラッキーフラッグの場所





ニンテンドー3DS用ソフト
「3Dクラシックスゼビウス」

ラッキーフラッグの場所をググっても出てこないので自分で画像を撮ってみた。

上から

7面
10面
13面
15面(写っていないがドモグラムの中心に出る。1周目限定?)

どうも、15面は1周目しか出現しない?っぽい?

ラッキーフラッグはミスせず連続で取ると
2倍4倍8倍16倍…

と、全ての得点に倍率が掛かるようになる。

ゼビウスは16エリアをクリアすると
7エリアに戻され、後はそこから耐久レースのごとく、単調な繰り返しになるのだが、

このラッキーフラッグのお陰で「ノーミスで進む」緊張感が生まれ、しかも大幅に1000万点到達への時間が短縮されるのだ
(1時間を切れるらしい)

個人的には先日ついに、ラッキーフラッグノーミス連続4個を獲得し16倍を確認した!

超テンション上がったね
( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆

その後すぐミスしたけど(^-^;

倍率2倍くらいだとたいして実感はないけれど、4倍くらいになると、敵を倒す度にバンバン自機が増えるのでカナリ気持ちイイ!

例えば通常ソルは出現、破壊で4000だけど
それが4倍になったたけで16000点。

16倍ならなんと64000点にもなる!

これは燃える(笑)

しかし、以前も記したけれどゼビウスで
ノーミス進行はかなり難しい。

現実的なところでは、7エリアと10エリアの
2個取りで4倍率位がいいところ。

7、10、13エリアと、連続取得できても
14エリア頭でプラグザカートの洗礼を受け
1発で抜けるのは厳しいからだ。

さらに4個取りの16倍を目指すには
7エリアからノーミスで16エリアを越え
再び7エリアのラッキーフラッグを取らなければならない事となる。

通常のゼビウスでは2~3のミスはどうと言うことはないし、難しいステージも、エリアの70%を越えてミスすればそのエリアを飛び越す事もできる。

が、それが許されない緊張感は今までのゼビウス移植には無かったモノだろう!!

1000万点到達までのタイムが記録されるあたり開発者も狙っていたのだろうが…

残念ながらネットで調べても極々少数の人しかこの楽しさに気がついていないっぽい。

これはもっと盛り上がってもイイ気がするのだが。

まぁ、今さら「ゼビウス」っていうのもあるのかもしれないが。

ちなみに、自分は現在、中断機能で800万点ほど、今夜にでも、自身初の1000万点(カンスト)を味わえる!(予定!)

ふぁーヽ(*´▽)ノ♪

スポンサーサイト
  1. 2014/02/16(日) 10:52:05|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<パワードリフト筐体でアウトラン2を遊ぶその2。よんぷら動画 | ホーム | 「ニンテンドー3DSサウンド」その2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yonpura.blog.fc2.com/tb.php/549-86744dc5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)