ゲームコーナーよんぷら♪

元ゲーム戦士の戯言

ニンテンドー3DS SDカード交換&バックアップ


ニンテンドー3DS(及び3DSLL)附属の
SDカードは転送速度が遅く
容量も2G(や4G)と少ないものなので転送速度が速い物に交換してみた。

データのセーブに時間がかかるゲーム等では劇的な変化がある(場合もある)らしいが…

個人的には
「3D復刻プロジェクトのセガ体感シリーズ」
をメインで遊んでいるので転送速度や容量は
本体附属の「2GのSDカードのクラス4」でも全く問題ないんですけどね(^-^;

なんとなくSDカードを新品に代えたかったのと
バックアップ的な事も踏まえて。

で、SDカードの交換…移行自体はカード内のデータをまるっとコピーしてやるだけの簡単作業。

電源を切った3DSからSDカードを外しその中のデータをまるまるPCにコピー、そのデータを新しいSDHCカードにコピー。

後は新しいSDカードを3DSへ差し込んで本体を起動すれば、そのまま普通に遊ぶ事ができる。

ただ、SDカードのデータと3DS本体は紐付けされているので、コピー元で使用していた3DS本体でしか使用できない。

ゲームによっては一番最後にコピーしたデータでないと、不具合を起こす事もあるらしいが、とりあえず「セガ体感シリーズ」ではコピーしたSDカードと、元のSDカード…どちらを差し込んでも普通にゲームを遊ぶ事ができた。

これの利点はSDカードの劣化や内部データが破損した場合のバックアップとして使える点だろう。

まぁ先にも言ったがデータと本体が紐付けされているので、3DS本体自体が壊れた場合はバックアップデータも全て無意味なモノになってしまうが…

2GのSDカードなんて超安いので気休め程度でもバックアップをとっておいて損はしないかもしれない。


「スペースハリアー」
「スーパーハングオン」
「ギャラクシーフォース」
「アフターバーナー」
のデータは全ゲームでも400MB程度だし。

特にダウンロードソフトの場合は配信終了すると入手不可能になってしまう事を考えれば。

ちなみに今回入手し、入れ換えしたのは

「サンディスク8Gクラス10のSDHCカード」
980円

実際使ってみての変化としては、ゲーム終了後のリプレイデータの保存速度がちょっとだけ早くなった。

2秒が1秒になった感じ(笑)

とりあえず手持ちの3DSと3DSLL両方の
SDカードを交換(&バックアップ)しておいたのでとりあえず安心…かな?


スポンサーサイト
  1. 2014/02/10(月) 19:12:29|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「初音ミク Project mirai 2」ニンテンドー3DS | ホーム | 雪すげー(|| ゜Д゜)その3>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yonpura.blog.fc2.com/tb.php/543-0891d152
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)