ゲームコーナーよんぷら♪

元ゲーム戦士の戯言

「キングオブビデオゲーム」




そもそも何をもって「ビデオゲーム」と呼ぶのかの定義が曖昧ではあるが…

その辺は雰囲気で…
(アーケードゲームであり汎用筐体で
稼働していたゲーム…気持ち的には「Beep」基準?)

で、個人的にこのゲームこそ
「キングオブビデオゲームだ!!」

と、思えるものが3つある。それが

「ファンタジーゾーン」セガ1986
「沙羅曼蛇」コナミ1986
「源平討魔伝」ナムコ1986

だ。

左右任意スクロール
縦横交互スクロール
操作方法の異なる3モードの混在

等、どのゲームもとてもテンプレートになれるようなゲームシステムでは無いのに、
それらが上手く噛み合い絶妙な面白さを演出している。

BGMもわかりやすく、覚えやすく
耳に残り…かつ迫力も満点。

グラフィックも、正にビデオゲームの頂点と言わんばかり、色使いやデザインセンスも神がかっている。

もちろん、これらのゲームが現役稼働していた時代に青春を謳歌(?)していた自分自身の思い入れや補正も多分にあるのは間違いないと思うが。

今プレイしても一区切り(エンディングまで)楽しむのに長すぎず短すぎず、難易度も
程よく(無論攻略方を知っている前提)で
クリア後に充実感と満足感を十二分に味わう事ができるゲームはとても希少。

狙った訳では無いけれど
これらは全て1986年度の作品。

更に三作品とも別メーカーのゲーム。

それ以前のシンプル過ぎるゲームでは無く
それ以後の複雑難度過ぎるゲームでも無く

どのゲームもグラフィックの表示制限を
超えると処理落ちが発生し、当時のハードの
限界まで性能を使いきっているのも胸に染みる。

ハード的な余裕が無い中で技術と力業で
濃縮された各ゲームの濃厚さ!

たまらん!

現在でも家庭用ゲーム機で、移植度が高いモノが比較的安価に入手でき、今でも気軽(?)に楽しめるのも◎
(サターンやプレステ2、PSP、wii等…)

これらいろいろな要素が絡み合い
個人的「キングオブビデオゲーム!!」

はこれら3作品に決定!!



スポンサーサイト
  1. 2014/01/02(木) 02:46:04|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<まちゃみ氏来店! | ホーム | 「ドンキーコング」wiiバーチャルコンソール>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yonpura.blog.fc2.com/tb.php/509-a494c901
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)