ゲームコーナーよんぷら♪

元ゲーム戦士の戯言

震災後の状況10

震災…津波の被害で、失った物…

ゲーム関係の物はほぼ全滅と話してきたが、

もっと大事な(笑)生活必需品も大打撃を受けた。

冷蔵庫、洗濯機、ファンヒーター、ストーブ…要するにテレビ以外の電化製品も壊滅。

テレビは、たまたま、母親が逃げる時に、足元に倒れてきて邪魔だったので、テーブルの上に上げて逃げたので、水没せずに助かった。

後はタンス、衣装ケース、3段ボックス5段ボックス等もほぼ全滅。

あと、母屋は昔の古い平屋なのでやたら部屋数が多く(10部屋)そこにひいてあった畳…50枚も全滅。

ついでに床板も抜け落ち満足に歩く事も困難。

それでも、このままにはしておけないと思い、家の中の物を全て外に出す事に、水の染み込んだ畳があんなに思いとは…しかも、家の中は足場が悪いのと、泥で滑りまくるため全然はかどらない。

それでも、ほとんど一人で運びだしました。畳は運ぶと言うより転がして外に投げる感じでしたが。

あの頃はとても誰かに助けを求める事などできる状態ではなかったので(周りも皆同じ状況)

電話も携帯も一ヶ月以上通じなかったですし。

そんなこんなで、かなりの日数をかけて母屋の中の物を全て外に運びだす。

津波の水は床上40センチ程…とはいえ地震で、タンス等は倒れてその上に水が来たため皆水没。

で安い3段ボックス等は、水を含んだ為、ふやけて合板が剥がれボロボロに。

立派なタンス等はこちらも水を含んだ為、引き出しも開かなくなったのでバールで壊して中味を取り出し。

水没した洋服等は全て破棄してしまった。

今にして思えば、服等は洗えば使える物もあったはずなのだが、当時はそんな考えもなかった。

ヘドロ水に浸かって強烈に臭くなった、服など。

そもそも水道も出なかったので洗うという考えも無かったし、水まわりがいつ回復するか全くわからなかったのもある。

ちなみに震災直後に皆が寝泊まりすることになった、離れ…よんぷらも水浸し(汚水まみれ)になった部屋を何で洗ったかといえば、井戸水…と言っても、沸きだしているのは油まみれの海水だったが、それでも、ヘドロ臭い泥を洗い流すのには重宝した。
スポンサーサイト
  1. 2012/02/26(日) 22:50:14|
  2. 震災
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<備えあれば… | ホーム | 震災後の状況9>>

コメント

ども!

ども!
コメントありがとうございます(*^-^*)

お返事は…ちょっと長くなったので次の日記にて


  1. 2012/02/29(水) 09:03:40 |
  2. URL |
  3. ば~る☆ #-
  4. [ 編集 ]

うひょー

さすが実体験された方の言葉は重みが違いますね。
こちらも近々大地震が来るそうなので、明日は我が身と思わねば。
ところで災害に向けて「これだけは用意しとけ」ってものは何ですかね。
一応

・手動充電式ライト(ラジオ、スマホ充電器付き)
・カセットコンロ
・水2リットル×6
・パン缶×2
・サランラップ
・ローソク

辺りは用意してあります。

あとATMは使えないと思うので、現金とかは幾らぐらい用意しとけばいいですかねー。

それでは。
  1. 2012/02/28(火) 19:54:56 |
  2. URL |
  3. T #q1cvaNjE
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yonpura.blog.fc2.com/tb.php/49-939ead4b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)