ゲームコーナーよんぷら♪

元ゲーム戦士の戯言

震災時の状況7

東日本大震災からもうすぐ1年…

あの時の惨状を思い出すと、よくもここまで復興したものだと感心する。

この一年で変わった事がいくつかあるが、得に人生観が変わる程に変化した事がある。

それは「霊などいない(=死後の世界など無い)」と確信できた事。

昔から、そういう霊的なモノを信じていた訳ではないがやはり怖いものは怖く、もしかしたら…と言う思いもそれまではあった。

311の震災の時に自宅の隣の空地が死体安置所になり数百体の遺体が運ばれてきて、気味悪さと恐さで、胃が痛くなりそうだった。

隣…といっても、本当にすぐ隣、自分の部屋の壁一枚隔てたすぐ隣が安置所(-_-)

しかも震災後は一ヶ月近く電気がこない日々が続き、夜、外にトイレに行くのもめちゃくちゃ怖かった。

が!家の隣が安置所になってから1日過ぎ、2日過ぎ、1週間過ぎ、1ヶ月過ぎ…だが、何も起きない。

この世に未練を残して亡くなった人達がこれだけ大勢いるのに、いくら自分に霊感が無いといっても何も起きない(見えない…感じない)というのは有り得ない。

=霊はいない。

と、いう。結論に達した。

その瞬間から、夜、暗闇の中外でトイレをするのも嘘のように怖く無くなった。

これはあくまで自分の感覚であって、「霊はいる!」と、言う人の意見を直接否定するような事は勿論しないし、行事やしきたり的な事も(形式上は)行う。

ただ、その手の事象に関しては心の中では物凄く冷めた思いでいるようになってしまった。

スポンサーサイト
  1. 2012/02/21(火) 08:46:58|
  2. 震災
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<震災時の状況8 | ホーム | 赤い刀真「xbox360」その2>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yonpura.blog.fc2.com/tb.php/46-ee2ff121
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)