ゲームコーナーよんぷら♪

元ゲーム戦士の戯言

「怒首領蜂最大往生」xbox360


シューティングゲームメーカーの雄「ケイブ」の恐らくxbox360における最後の作品

「怒首領蜂最大往生」

起動したとたんにアニメが始まって
ビックリしたが…

真に驚いたのはxbox360モード。
もうね…萌えキャラが常に喋りまくる。
プレイ中ずっーーと!うるさい程(苦笑)

実際に自分がパイロットだったら交信出来ないように無線切っておくね!

と、いう事でゲームプレイ中はボイスボリュームを低くしてプレイする始末。

このxbox360モードは通常の残機制ではなく、ライフ制になっていてライフがボンバーゲージも兼ね備えている。

コツを覚えれば中々楽しい感じ。
ストーリーの押し付けはウザいが(^^;


次に普通のアーケードモード。

プレイした感覚は前作
「怒首領蜂大復活」よりも前々作
「怒首領蜂大往生」に近い感じ。

ただ、グラフィックが近未来風?な感じで色合いも蛍光グリーンや蛍光ブルーを多様していてなんか目に優しくない感じ。

ドット絵…なのだろうが、(悪い方に)洗練されすぎていてポリゴングラフィックのように見えてしまうのは、バタ臭いドットグラフィックが好きな自分にはちょっと残念。

そして全てのモードで感じるのが全体的な難易度の高さ。

簡単モードのノービスですらクリア出来ない程…

そこで救済措置。ゲーム中獲得できるゴールドでオプション設定を購入!

敵弾に被弾した時に発動する
「オートハイパー」と
「オートバリアー」

この二つがあると非常にゲームが楽になる!というか、これらがないと気持ち良くプレイできない感じ。

★総評

最初はいろんな意味で「何じゃこりゃ?」
と思ったが、慣れてくると段々楽しくなってきた。

「怒首領蜂」シリーズ最終作…というか、シューティングメーカー「ケイブ」の最終作?…的な雰囲気を感じながらプレイすると感慨深い。

アーケードモードのエンディングBGMはそういう気分を盛り上げてくれるので大好きだ。


スポンサーサイト
  1. 2013/08/13(火) 03:35:05|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「むちむちポー ク!&ピンクスゥイーツ」xbox360 | ホーム | 「シュタインズゲート線刑拘束のフェノグラム」xbox360>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yonpura.blog.fc2.com/tb.php/415-7453eecc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)