ゲームコーナーよんぷら♪

元ゲーム戦士の戯言

ドリキャスパッドを使い熟す!


ドリームキャストの純正パッドは、アナログスティック部分の感度が良すぎて微調整がし辛い…

と、いうのは以前から言っていた事で、それを改善するために、大量のドリキャスパッドを購入しスプリングを仕込んだり、輪ゴムステアを試したり、ストローク延長してみたり…パッド自体を改造する事で改善を試みてきた。

が!どれも100%な納得度には到らず…
しかも、純正パッドを改造してまで…
という行為にも少々疑問を持ちはじめ…

もう一度原点に帰って、純正パッドでなんとか出来ないか?と思案。

そして、100%とはいかないまでも、これまで自己改造したパッドと同等の感覚でまで操作する方法を編み出した!

その名も「こじり!」

感度の良すぎるドリキャスのアナログスティックを馬鹿正直に左右に倒すのでは無く上方向…又は下方向に入力したまま左右に入力する事で微調整を可能にする方法。

要するに斜め方向へ入力するという事。

微妙に右に切りたい時は「右斜め上」
微妙に左に切りたい時は「左斜め上」

と、いう感じ。

言うのは簡単だが慣れないととてもプレイし辛く慣れる前に諦めてしまう可能性が高い微妙な技だ(苦笑)

この方法は、ドリキャスやプレステ2のアナログスティックが敏感に反応し過ぎてどうしよう?と思った初期…相当昔に考えた事はあったものの、実際斜め方向に入力すると、誤入力してしまったりで上手く操作出来ず早々に諦めてしまったやり方なのだが…

人間慣れればなんとかなるもので、今では「ハングオン」なんかは純正パッドでも、改造パッドと同等のクリア率になった。

個人的にアナログスティックで微調整が必要なゲームは「ハングオン」と「デイトナUSA」しかプレイしないが、やはりゆる~いコーナーに沿って走れるのは気持ちイイ!

結局は人間側の努力(と言うか慣れ)で解決してしまった感のある「こじり」だが、純正パッドを改造したくない人にはオススメかも?(なの?)


スポンサーサイト
  1. 2013/06/10(月) 04:49:03|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「孤独の果て」ギター | ホーム | 「TO MAKE THE END OF BATTLE」イース2オープニング曲>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yonpura.blog.fc2.com/tb.php/378-c6f8cd7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)