ゲームコーナーよんぷら♪

元ゲーム戦士の戯言

東芝REGZA32S5レビューその3


あくまで個人的な感覚でのレビュー。

D端子接続による遅延でシューティングゲームや昔の2Dアクションゲームは軽快に遊ぶのは無理…

と、以前書いたが、ゲームによっては特に問題無く遊べたりする。

HDMI接続によるxbox360のシューティングゲームの遅延はブラウン管モニターでやり込んだゲームだとやはり違和感を感じる。

個人的には「赤い刀真」とか、もうREGZAでは(遅延が気になって)プレイ出来ない。

怒首領蜂や虫姫さまふたり、デススマイルズ等は普通にプレイできるが(単にやり込みが少ないので違和感を感じないだけだろう)

幸い、家の場合はそれぞれゲーム機に合ったプレイ環境を複数構築できる恵まれた状況にはあるのだが…気軽に遊びたい時はとても面倒である

やはり、一台のテレビで全てのゲーム機を満足のいく状態で遊ぶのは現代ではかなり難しいのだと悟った(-_-)

細かい事を気にしなければ問題ないのだろうが…


スポンサーサイト
  1. 2013/03/02(土) 22:16:50|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ドリームキャストコントローラー改造「鈴木裕ver」 | ホーム | プレイステーション2本体価格上昇?!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yonpura.blog.fc2.com/tb.php/301-d7641554
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)