ゲームコーナーよんぷら♪

元ゲーム戦士の戯言

「街」セガサターン


セガサターン版「街」をようやくクリアー!
(何年越しだよ(^^;)

舞台は渋谷。8人の主人公の5日間の出来事を追ったサウンドノベル。

前作、スーパーファミコンの
「かまいたちの夜」には超絶ハマったが
この「街」では登場キャラがシルエットではなく、実写だった為、尻込みし、当時はプレイしなかった。

が後にプレイしてみると、登場キャラクターが良くも悪くも個性的…ストーリーも気になり、楽しさを実感。

しかし、選択肢を間違えた時のバットエンド…ゲームオーバーが多々有り、更に8人のストーリーが絡み合うザッピングシステムなので、ストーリーを読み進めたくても、他のストーリーも上手に進めないと一向に話が進まない。

それでも1日目は、ゲームオーバーやザッピング時にヒントがでるのでまだイイが、2日目以降はそれも無くなるので攻略がたいへん。

文章のスキップ機能も無いので、読み返しや、やり直しも面倒で辛い。

後の移植PS版やPSP版ではチャート機能?などで改善されているらしいが…
(サターン版仕様はハードランク基準)

そんなこんなもあり、いつもプレイし始めても、ゲーム時間で2日目で面倒臭くなってやめてしまっていた。

…そのまま、バックアップ電池が切れて、セーブデータが消えて又最初から…

を繰り返してきた。

★最近は、冬になり気温もガクっと下がった為、趣味のギターを弾く事が激減。

ヒーターを点けて部屋が暖まるまでは布団から顔だけ出してセガサターンの「街」をプレイしていた。

今回は面倒臭い場所はネットの攻略も使ってゲームを進め、やっと全員5日目終了!

エンディングを見る事が出来た\(^▽^@)ノ

ゲーム内のキャラが実写…と言うのも、
なれてくるととても味があり、愛着が沸いて来る。

シナリオ的には、あまりにバカっぽい部分や、ハァ?と思えるヶ所も多々あるが…

役者は一切、喋らず、文章だけなので
キャラの声や演技など、プレイヤーである自分の脳内で都合のよい様に読み進めるので、それにだいぶ救われていると思う。

全体的に、ストーリーはジワジワと盛り上がるが最後はアッサリ気味?

でも、エンディングの歌と、バックで流れる収録時の様子(動画)でとても満足した気持ちになれたのでよかった
(*^-^*)

ストーリーは馬部と牛尾の話が面白かったが

やはり、ドキドキしたのは篠田正志の
「七曜会」が楽しかった!

「七曜会」シナリオだけでゲームを一本作ってほしい位だ。あの脅迫システム?は実に気持ちイイ!スッキリする!

★評価

全体的にゲームシステムが面倒だったがトータルでは満足…尖ったゲームだ(*^-^*)


スポンサーサイト
  1. 2012/12/02(日) 00:32:19|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<初音ミク「Project DIVA Arcade Original Song Col lection」CD | ホーム | 「バーチャファイター3 tb」ドリームキャスト>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yonpura.blog.fc2.com/tb.php/229-4945b94d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)