ゲームコーナーよんぷら♪

元ゲーム戦士の戯言

「DAYTONA USA 2001」ドリームキャスト


ドリームキャスト用ソフト
「DAYTONA USA 2001」

ゲームワークス版「ハングオン」を
快適にプレイする為にドリキャスパットを
「画鋲ステア」に改良。

操作性が良くなったパットのおかげで
やっと「デイトナUSA2001」がマトモに
遊べるようになりました(*^-^*)

(ソフトを購入してから10年以上たって
ようやくマトモに遊べたってどんだけ…(^-^;)

前は操作性が安定しなかったのもあるが、
グラフィックやBGMがアーケード版から
少しアレンジしてあるのがちょっと嫌だった。

が!今では、全く気にならなくなった。

アーケードモードも楽しいが、
マニュアル車のタイムアタックでコースを攻略していくのが超絶楽しい!

メインで遊んでいるコースは

「ダイナソーキャニオン(中級)」と
「シーサイドストリートギャラクシー(上級)」

車の設定はデフォルトのホーネットMT

シフトダウン、ブレーキ、アクセルワーク
を状況に応じて使い分け、ドリフトやグリップ走行を駆使してコースを駆け抜けていくのが楽し過ぎる!

ミスしてやり直す時のリトライも
読み込み無しなので快適!!

★個人的「デイトナUSA」履歴

アーケード版ではオートマでしかプレイしなかったが、よく行くゲーセンに8人同時プレイ可でグランプリモード仕様の「デイトナ」が長期間置いてあり、知人、友人、他人と、複数人で何度も遊んで楽しかった記憶がある。

サターン版デイトナも、グラフィックはガッカリだったが、夢中で遊んだ。ただ、こちらもオートマ限定でシビアな走り込みはしなかった。

ドリキャス版も発売後に購入するも、アーケード版との違いやパットでは気持ち良く遊べずほとんどプレイしなかった。

数年前、マニュアル操作のシフトダウンでのドリフトがオートマとは別次元の走りができる事を知り、ふたたびサターン版にハマる。が、ゲームは楽しくても、さすがに今時、サターンのヘッポコポリゴンは目に辛く止めてしまった。

で今回、ふたたびドリキャス版。

個人的にデイトナ史上最も熱中してプレイしているかもしれない!

タイムアタックのフリーランを夢中で走っていると、30分位経過してた…とかざらだし。

なんと言っても、プレイ後の満足感は他のレースゲームよりも高いので、終了後も清々しい気持ちになれるのは◎

シミュレーション系レースゲームとは、楽しさのベクトルが違うので比べるのはアレだが、やはり個人的にはアーケードライクな、サクっと始めて、ノリノリのBGMをくちづさみつつ、気持ち良く走って、スッキリ終了!と言うのが合っている気がする。

そして今回はプレイのしやすさ重視の為、
「ビジュアルメモリ」も「振動ぷるぷるパック」も
コントローラーに装着しないでプレイしている。

そうすると、コントローラーがかなり
軽量化され、プレイしやすくなる。

セーブ出来ないが、アーケードモードと
タイムアタックしかプレイしないので
問題無し。

ベストラップは紙に手書きで書いている(笑)

★ゲームは1日1時間

今週は1日30分~1時間程度と少ない(?)
ゲームプレイ時間だったが

「鈴木裕ゲームワークス」版のゲーム
「ハングオン」「スペースハリアー」
「アウトラン」「アフターバーナーII」
「パワードリフト」の5本と

この「デイトナUSA2001」を
適当にローテーションしているだけで

超満足できたゲームライフを送れた(*^-^*)

やはり、密度が大事だよな!

とか、思ったり思わなかったりしたのでした。


なにはともあれ、
デイト~ナ~最高(≧∇≦)


スポンサーサイト
  1. 2012/11/18(日) 22:47:08|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<「アンダーディフィートH D限定版」xbox360 | ホーム | スタッドレスタイヤ交換>>

コメント

私的には、最初にプレステのリッジレーサーを見て超感動し、本体ごと購入したくちなので、サターンのデイトナにも、リッジレベルのグラフィックを期待してたのですよ。

しかし、初めて店頭でデイトナのデモを見た時のガクガクの動きに「こりゃダメだ…」と凄いショックを受けたものです(苦笑)

後にデイトナを購入してプレイしてみたら、地に足が着いたしっかりとした感覚とグレードアップしたサウンドに酔いしれましたが(*^-^*)

リッジは「ホバークラフト」みたいな感覚でしたから(それはそれで超楽しかったですが)デイトナのグリップ感は心地好くて。
  1. 2012/11/23(金) 06:43:28 |
  2. URL |
  3. ば~る☆ #-
  4. [ 編集 ]

ハンドルコントローラーを足で挟んで、サターンのデイトナを延々プレイしてた当時を思い出します。
今見るとパリパリポリポリして悲しくなる貧弱なポリゴンも、当時は全然気にならず、「家でデイトナができる」ということに素直に興奮してましたね~。
家から自転車で30分程のボーリング場に、巨大スクリーンのデイトナと、可動式のアフターバーナーII、、ラッドモビールなどがあり、家とボーリング場を行ったり来たりする青春を過ごしました(笑)
個人的には一番ゲーセンが輝いていたと思う時期です。

あと、デイトナ2も大好きですね~。
ドリフト制御がシビアなデイトナと、簡単に気持ちよくテールがスライドするアウトラン2の、ちょうど中間といった感じの絶妙な操作感覚で、コースデザインもBGMも素晴らしいんです。が、なぜか未だに何にも移植されないんですよね。
スカッドレースと共に、ストアにDL版が並ぶことを期待します。
  1. 2012/11/19(月) 11:33:27 |
  2. URL |
  3. 天空のカエル #ZaMn9npE
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yonpura.blog.fc2.com/tb.php/218-db6ce389
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)