ゲームコーナーよんぷら♪

元ゲーム戦士の戯言

震災時の状況

まずは3月11日の状況から。
震災当日は自宅から30キロ程内陸の職場で働いていて震災にあいました。
職場の中のあらゆる物が倒れてきて、凄いことになりましたが怪我もなく何とか外へ避難。
しばらくして帰宅指示がでたので、迷わず家へ。
この時、ラジオでは引っ切りなしに、津波警報を流していましたが、この時はまさか、自宅まで津波が来るとは全く想像もしていませんでした。
家路を急ぐも、案の定大渋滞で、中々家に近づくかません。
雪は降ってくるは、ガス欠になりそうだわで、きがきではありませんでした。

それでもやっとの思いで自宅まで後1キロ程の距離まで来たとき、異変を感じます。道路が冠水していて多数の車が立ち往生していたのです。
それでも、激しい水の流れなどは感じられなかったので、それが津波だとは思わず「水道管が破裂したんだな…」等と非常に楽観的な考えをしていました。
どちらにせよ、先に進めなかったので水が引くまでどこかで待つしかないか…と思い、車をUターンさせ、元来た道を戻り、とりあえず路肩に車を止め、一息つく事にしました。
この時は、とにかく「地震の揺れでの自宅の倒壊」だけを心配していた記憶があります


つづく
スポンサーサイト
  1. 2011/10/13(木) 08:56:02|
  2. 震災
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<震災時の状況2 | ホーム | 復活>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yonpura.blog.fc2.com/tb.php/2-6b21aba2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)