ゲームコーナーよんぷら♪

元ゲーム戦士の戯言

(よんぷら村)「新聞紙を使った薪、ペーパーログを作る」




我が家の風呂は
灯油と薪のハイブリッド風呂がま。

311の東日本大震災の時、
風呂がまも海水に浸かったが
幸いかまは壊れなかったので、
水道が復旧した10日後には
薪を使って風呂を焚き風呂に入ることが出来た。

自宅周辺は水道の復旧が10日後、
電気の復旧が25日後だったので
周辺の水害に遇わなかった家でも
オール電化のところは風呂に入れない状況だったと聞く。

(震災後は1~2ヶ月風呂に入ってない人も多くいた)

周辺が瓦礫と化した震災後の絶望感の中で
自宅で風呂に入れたときの
ホッと一息つけてリラックス出来た
感慨深さは中々言葉では表せない。

普段不便な薪風呂が活躍した希な状況だった。


ただ、震災から復旧した現在、
平穏時はやっぱり薪風呂は不便だし、
なんと言っても薪の入手がかなり手間。

何か良い方法は無いかな?
と、色々調べているうちに
「新聞紙を使った薪、ペーパーログ」
の存在を知る。

新聞紙を水で溶かして圧縮し、
固めて乾燥させ薪にするペーパーログ。

それを作る専用の道具も
ホームセンター等で売っているが
ちょっと高価(4~5千円ほど?)だったので、

ネットの情報を元に自作してみた。

まず適度な太さの塩化ビニールパイプと
キャップ、そして塩ビパイプの内径に
すっぽり入る大きさのキャップを購入。
(トータル約千円の出費)

キャップと、塩ビパイプを組み合わせ
サンダーで水抜用の溝を開け、
小さいキャップは押し棒の先端にネジ止め(画面1枚目)

2日分の新聞紙を水に浸し数十分後(ちょっと長めの方が良いかも?)
丸めて塩ビパイプに詰め、
上から押し棒で体重をかけて押し
新聞紙の水分をとる(画像2枚目)

後はキャップを外し下から圧縮した新聞紙を抜き取り
天日で10日ほど乾燥させれば
ペーパーログの完成!

最初の内は慣れずに大きさや形にムラがあったけれど(画像3枚目)

何本も作る内に安定して
同じ大きさで揃えれる様になってきた。

圧縮具合で燃焼時間が変わるらしく、
完全に薪の代わりにするというより
薪のサポート的に使うのが良いらしい?

まだ実際に使っていない(乾燥待ちな)ので
どんなあんばいかは分からないが…

今まで捨てていた新聞紙が有効活用できれば、それに越したことはない。






スポンサーサイト
  1. 2016/12/03(土) 19:07:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<テーブル筐体でカップヤキソバ | ホーム | PS4版「ダライアスバーストクロニクルセイバーズ」1.06へバージョンアップ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yonpura.blog.fc2.com/tb.php/1493-7b71c6b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)