ゲームコーナーよんぷら♪

元ゲーム戦士の戯言

(PS3)休日の朝に「デイトナUSA」


日曜の朝、おもむろにPS3の電源を入れ
「デイトナUSA」を起動。

朝陽が射し込む淡い光のなかで
上級コースを無心で走る。

なんだか物凄く懐かしい感覚と充実感。


この「懐かしさ」は
おそらく中学生の頃、日曜の朝早くから起き出して
夢中でセガマークIIIを遊んでいた事を思い出して、

この「充実感」は移植度に超不満がありつつも
遊びまくった「セガ・サターン版デイトナUSA」
を今アーケード版以上のクオリティで遊べる満足感からか、


いろいろと思うことはあるが
なんだかんだ言って

「手軽に高クオリティのゲームが家庭で楽しめる」
点では今は物凄く恵まれていると思う。

最新ゲームでもレトロゲームの復刻でも。


慣れっこになって感覚が鈍っているが
冷静に考えてみたら
いつの間にか当時思い描いていた以上の
夢のようなテレビゲームを楽しめる時代になっていた。


なにか不平不満を言う前に
今がいかに潤沢で満たされているかを
再確認しておかなければ…


とか、思ったり、思わなかったりしたのでした。




スポンサーサイト
  1. 2016/10/16(日) 20:52:42|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<(映画)「ミッションインポッシブルローグネーション」 | ホーム | (PS4アーケードアーカイブス)「A-JAX」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yonpura.blog.fc2.com/tb.php/1470-3548eb50
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)