ゲームコーナーよんぷら♪

元ゲーム戦士の戯言

アーケードアーカイブス版ダライアス「ボディソニックへの道」その1




プレステ4のアーケードアーカイブス版
「ダライアス」は
ボディソニック用の個別音声信号も鳴らすことが出来る。

「ダライアス」といえば3画面モニターとボディソニック!

と言えるほど重要な要素なので
早速その再現を目指す。

まずボディソニック用信号を出すには
光デジタル入力を持つサラウンドシステムが必要。
(HDMIでも可かも?)


個人的にはアーケード版ダライアスの
ボディソニックを再現できるなら
三万円までの出費はOK!と考えていた。


しかし、満足できる程の再現が出来るか
全く未知数で、ネットでもあまり情報は無い。


満足できなかった場合は無駄になるので、
とりあえず、安い中古品でテストしてみる事に。

そう思いつつリサイクルショップを見ていたら
「アナログ入力に不具合、光デジタルはOK」のサラウンドシステムが
ジャンク品で千円で売っていたので即購入。

今回のテストにはもってこいだ!

それに別途「光デジタルケーブル」を二千円で購入(ケーブルの方が高い(^^;)


早速、プレステ4に繋ぎ、
プレステ4のシステム設定で
光デジタルの音声出力を設定。


ちなみにHDMIでテレビに繋いでいると
音声はテレビから出るが、

光デジタルでサラウンドシステムから音声を出してもテレビの音は消えない。

つまり、純粋にサラウンドシステムを楽しみたいなら
テレビの音は消さなくてはならない。


これを不便と感じる人も多いみたいだが、
個人的にはこの仕様は大いに助かる!


ダライアスを遊ぶ時、
通常のBGMはテレビから出力し、
ボディソニック音源だけサラウンドシステムから出す事が可能になるからだ。

なので、サラウンドシステムには
ウーファースピーカーだけを接続して運用する予定だった。


で、プレステ4とサラウンドシステムを接続したので
アーケードアーカイブスのダライアスを起動!


しかし、ダライアスのサウンド設定を見ても
「接続されていません」と、サラウンドシステムを認識してくれない。


いろいろ悩んだところ
プレステ4の音声出力設定で
「音声フォーマットをビットストリーム」にする事で認識するようになった!


で、ウーファーのボリュームを上げて
プレイしたのだが、
通常のBGMにも重低音が効いてしまうため、いまいちアーケードの再現は出来ず、又、悩む。


理想的にはアーケード版の様に
「通常BGMはあっさりと出力されていて、ボス戦になった時に強烈にボディソニックが響く」
様にしたいのだ。


いろいろイジっていたら、
ウーファースピーカーではなく、
サラウンド(リア)スピーカーから
筐体のシート用音源が出ている事が発覚!

ウーファースピーカーじゃないのかよ!
と、思いつつ
リアスピーカーを接続し、いざプレイ!

しかし、確かにボディソニック音源は出ているが、
音が小さい(-_-;)

通常スピーカーからボディソニック音源を出しても迫力は全く無く、ボリュームをフルテンにしてもあまり効果なし。

サラウンド出力に、アンプを噛ませて
出力を上げる事も考えたが、
アンプ二個繋ぎ…というのもちょっと考えものだし。


それをわかっていたのか、
通常スピーカーで聞き取りやすいように
ボディソニック用音源に高音をプラスした設定があったりする。

ただそうすると、やたらと高音がうるさくエコーがかかったような音質になるだけで、
アーケードのイメージとは遠くなってしまう。


いろいろ考えた末、その
「高音有りのボディソニック出力設定」にした
サラウンド用スピーカーを
「収納ボックス付きの椅子」の中に収納し、
サラウンドシステムのボリュームを上げる
(画像3枚目)

にしてプレイするのが
現時点では最もアーケード版に近いイメージでダライアスを遊ぶ事ができる!


今回はあくまでテスト的なので
改良の余地は有りまくりだが、

安価で雰囲気は格段に良くなったので良しとしよう(*^^*)


つーか普通にウーファーから
ボディソニック用音源だけ出してくれれば良かったのに…とか思ったり。


まぁボディソニック単音出力があるだけでも奇跡のような事なのでそれに文句を言ったらバチがあたるか…(苦笑)









スポンサーサイト
  1. 2016/09/04(日) 19:36:07|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<アーケードアーカイブス版ダライアス「ボディソニックへの道」その2 | ホーム | (スーファミ)「ストリートファイター2」&「ストリートファイター2ターボ」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yonpura.blog.fc2.com/tb.php/1425-3c91fe7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)