ゲームコーナーよんぷら♪

元ゲーム戦士の戯言

(ビデオゲームメモリアル)「パックマニア」ナムコ、1987年。


超名作「パックマン」のリメイク作品。

普通に遊ぶ分には、それほどつまらないゲームではないのだが、

やはり、偉大なオリジナル「パックマン」と比べると


「斜め視点(クォータービュー)なので違和感がある」

「画面全てが表示されていないので突然の激突死が頻発、そしてパターンが作り辛い」

「ジャンプという緊急避難はあるが、
イマイチ使い辛い」

と、味付けがされていて
洗練された「オリジナル」の良さが
失われてしまった感がある。

妙なポップさもちょっと鼻についたし(苦笑)

ゲーセンでは数度プレイしてすぐ投げてしまったが、

本気でプレイしたのは
社会人になって基板(ロムキット)を購入してから。

1990年当時、1万円で買った気がする。

あまり良い印象は無かったゲームだが、
買ったときは「有給休暇」を使って
会社を休んでまでプレイした(苦笑)

オリジナルと違って、エンディングがある為、
それを見たくてちょっとだけやり込んだ。

それでもパターンを作る程ではなく、
何度も勢いでプレイして、
偶然1度だけクリアしてからは
満足してその後ほとんどプレイしなかったが
(^^;)

何だかんだとそこそこ思い出のあるゲームではある。



スポンサーサイト
  1. 2016/06/23(木) 19:00:14|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「フォールアウト4」を末長く遊ぶ為に。その1 | ホーム | (ギター)上達への道?!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yonpura.blog.fc2.com/tb.php/1351-5c692c17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)