ゲームコーナーよんぷら♪

元ゲーム戦士の戯言

(ビデオゲームメモリアル)「沙羅曼蛇」コナミ1986年。





言わずと知れた名作シューティングゲーム
「グラディウス」の続編「沙羅曼蛇」

人生でいくつかの分岐点があるとするならば
この「沙羅曼蛇」は自分の人生に大きな
影響を与えたゲームと言える。

ゲーム自体…というかその存在が…なのだが。

中学生時代は物凄くアーケードゲームにのめり込み、
夢中で遊びまくった自分だったが、
高校に進学した直後は一旦ゲーセンから
遠ざかっていた。

と言うのも、高校は自宅からかなり遠方で
普通に部活動もやっていた為、
ゲーセンにいく暇もなかったし、

家庭用ゲーム機でそこそこ満足していた時期で
アーケードゲーム熱は自分的にかなり下火になっていたからだ。


しかし、たまたま別高校に通っていた
中学生時代のゲーム仲間「アドル氏」に
駅でばったりと出合う。

「久しぶり~」との挨拶もそこそこに
「沙羅曼蛇がタダで遊べるゲーセンがあるんだけど一緒に行かねぇ?」
とのアドル氏からの誘い!

この時、自分はあまり乗り気でなかったのは
ハッキリと覚えている。


でも、何となく付いていく事に。

ここが人生の分岐点!!

連れていかれたのは
後に自分のメインのゲーセンのひとつとなる
個人経営の「ディ○ニー」というゲーセンだった。

もともと喫茶店だったらしく、
カレーやチャーハンといった軽食が
300円という格安で食べられる店だった。

で、目当ての「沙羅曼蛇」だが
純正のアップライト筐体で置いてあり

アドル氏がチョイチョイといじると
なんとフリープレイ状態に。

これは純正筐体自体に欠陥?があるようで
このような裏技が可能になるのだった。

で、数回プレイしたのだが
もともとあまりシューティングゲームが
得意ではなかったのでやられまくり、

しかもフリープレイとなると
気合いも入らず「こんなもんか…」と
いうのが「沙羅曼蛇」の印象だった。

この時は特に他のゲームをする訳でもなく
すぐにゲーセンを後にしたのだが…


その数日後、ゲーム魂が疼いたのか、
猛烈に「デ○ズニー」に
行きたくなって、一人で向かう。

そうしたら、そこに
「グラディウスII」が入荷してして
試しにプレイしてみたら、これが
「超絶に面白く、しかもBGMが滅茶苦茶格好良くて」

爆発的にのめり込むのだった!

そして「グラII」目当てで通ってやり込んでいる内に
ゲームサークル「PGP」のメンバーに
目をつけられ勧誘を受け入会。

全員、他高校の生徒だったが
今でも友人として付き合いのあるほとんどは
このゲームサークル「PGP」のメンバーであることを考えるとどれほど人生に影響があったか言わずもがな。

あの時
「駅前でアドル氏に出会い」
「フリープレイの沙羅曼蛇が存在し」
「絶妙なタイミングでグラディウスIIが入荷しのめり込んだ」

というのは完全に
「ゲーマー人生のフラグが立った!」
瞬間と言っても過言ではないだろう。

その後、サークルのお陰で
アーケードゲームがますます楽しくなり
夢中になったおかげで高校3年間はほぼ
アーケードゲーム漬け…(苦笑)

成人してから「ゲーセン店員」や
「ゲーム雑誌編集」といったゲーム関係の職業経験。

そしてその後のホームページやblogの
ゲーム話等…

改めて考えてみても
中学高校時代の影響が半端ないのがわかる。

そう考えるとに若い頃何にのめり込むかで
その後の人生は大きく左右される…というのが体感的に凄く感じられる。

もう少し真っ当な事(苦笑)にのめり込んでいれば
もっとマシな人生になったのかも?

と考える事もあるが、
逆にアレだけのめり込めたお陰で
当時の思い出だけで満たされる自分もいる。

まぁポジティブに考えればだが(^_^;)


肝心の「沙羅曼蛇」は、
当時は全く先に進めなかったが
セガサターンやプレステの移植版でやり込み、
一周クリアなら余裕でできるほどにまでなった。

ゲーム自体はゲーセンではほとんど遊んでいないけれど
思い出としてはこれ以上無いくらい強烈なインパクトがあるのだった。

そんなゲームが
プレステ4のアーケードアーカイブスで
気軽に遊べるのも感慨深いものがあるな(*´ω`*)


※この記事はもっと後にアップする予定だったが、
数日後の4月22日に
プレステ4のアーケードアーカイブスで
ついに「グラディウスII」が配信される!

ということで
それに伴って前倒しでアップ。

グラII♪グラII♪ヽ(´▽`)/








スポンサーサイト
  1. 2016/04/18(月) 21:05:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<(バグ解決?)「ダライアスバーストクロニクルセイバーズ」フリーズ問題 | ホーム | (ビデオゲームメモリアル)「功里金団」タイトー、1988年。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yonpura.blog.fc2.com/tb.php/1294-67612549
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)