ゲームコーナーよんぷら♪

元ゲーム戦士の戯言

シリーズ「俺とダライアス」その1「初代ダライアス」




「ビデオゲームメモリアル」と被ってしまうが、

最後の横スクロールシューティングゲーム
とも呼ばれている(俺調べ)
「ダライアスバーストクロニクルセイバーズ」

にハマっている今現在、
シリーズをもう一度思い返してみるコーナー。


初めは「初代ダライアス」

3画面の専用筐体と
尻に響くボディソニックで
当時多感な中学生だった自分は
一目で虜になった。

攻略的にはピラニアで苦戦するも
「ショットレベルを上げずに進む攻略法」
を知ってからは順調に進めるようになり、

初めてクリアした時は
全身に鳥肌が立ったのを今でも思い出す。


ラスボスの曲は、未だ聞くたび
全身が総毛立ち、血沸き肉踊るほど
テンションが上がるし。

(その激熱曲でラスボスバトルができる
「ダラバーCS」に夢中になるのも必然?だった)



中学生時代に出会ったアーケードゲーム
(1984~1986年頃)は名作ゲームが沢山在り過ぎて、
どれも思い入れが深く強いが

その中でも「初代ダライアス」は
別格だった。

そんな感傷に浸りつつも
当時のBGMにのせて新作が遊べるのは
ある意味奇跡と言っても良いのかもしれない。


ちなみに初代のステージ1「キングフォッスル」のBGMは
オリジナル筐体でプレイするとボディソニックは凄かったが
曲自体は地味であまり好きではなかった。

しかし
「ダライアスバーストクロニクルセイバーズ」
でボス戦を初代BGMでプレイしてからは
凄く好きになった!








スポンサーサイト
  1. 2016/03/21(月) 10:36:15|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<シリーズ「俺とダライアス」その2「ダライアスII」 | ホーム | 「カオスチャイルド」プレステ4版>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yonpura.blog.fc2.com/tb.php/1265-8222a6b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)