ゲームコーナーよんぷら♪

元ゲーム戦士の戯言

「龍が如く極」プレステ4ソフト



初代「龍が如く」のリメイク

ストーリー的には
「龍が如く0」の10数年後の話。

「龍が如く0」はシリーズ初プレイながら
滅茶苦茶面白くて楽しくて超ハマりクリアまで楽しめたので
間髪いれず「龍が如く極」も購入!

リメイクという事もあってか
新品5,000円で購入できたのも嬉しい!

早速プレイしてみたが
0の時代より10年以上過ぎた世界…と言うことで

単純に人物や街並みの変化を感じられ
散策のしがいがあって面白い!

町にあったゲームセンターは
「ハイテクセガ」から
「クラブセガ」に変わっているし、

置いてあったゲームも
「アウトラン」や「スペースハリアー」から

「バーチャファイター4」や「ムシキング」
に変わっていて

「あ~なんかゲーセンもつまんなくなってしまったな~」

と、当時リアルに感じた思いを
再びゲーム内で味わえたのも感慨い(*´ω`*)

(でも、実は「ムシキング」は遊んでみたら
「メスキング」という虫にコスプレした美女が
カードで格闘バトルするゲームになっていて
ふた昔前ならフルプライスで発売されても
おかしくないクオリティで楽しめるゲームだった(^_^;))


そして「龍が如く0」はバブルな世界観で
ちょっとバトルしただけでも
敵が現金を撒き散らすエフェクトが超気持ち良く!
金もバンバン貯まったが!

「龍が如く極」ではバブルが弾けた後の
世界なのでバトル時に金が撒き散らされる
エフェクトは無くなり、貰える金額も
雀の涙程に…

世界観を再現する為にゼロの続編なのに、
続編のほうがバトルが地味になってしまっているというなんとも悲しい事に…


そして「初代龍が如く」は古いゲームだからか
序盤に面白くもないお使いイベントが
多々発生するのはちょっと興が削がれた。

お使いイベントもストーリー的に納得がいくものなら苦にならないが、
本筋に関係ないのにあちこち走り回らされるのはけっこう苦痛。

初代「龍が如く」発売当初ならこういうのも
新鮮だったのだろうが…

まだ序盤なので今後こういう雑なイベントが無いことを祈る。

何はともあれ、街並みの作り込みは
相変わらず凄いし、メインストーリーも
今のところ興味をひかれる流れなので
最後まで楽しめればいいなぁ…

と、いったところで
ファーストインプレッション終り。




スポンサーサイト
  1. 2016/02/20(土) 02:53:09|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「PlayStation(R)Vita」(2000番台)レビュー | ホーム | ルパン三世 (2015年TVシリーズ)アニメ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yonpura.blog.fc2.com/tb.php/1237-300bf56b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)