ゲームコーナーよんぷら♪

元ゲーム戦士の戯言

「シュタインズゲートゼロ」プレステ4ソフト


自分が今までプレイした
ノベル系ゲームの中でも
5本の指に入るほど夢中になった
キンクオブフェイバリットゲーム
「シュタインズゲート」

中盤からの展開のドキドキワクワク感と
トゥルーエンディング時のカタルシスは
他の追随を許さない。

そのシナリオゆえ、その気になれば
いくらでも続編…外伝の展開が可能で

初代「シュタインズゲート」の他にも
「比翼恋理のだーりん」
「線形拘束のフェノグラム」
等の続編もある。


「比翼恋理のだーりん」
は本編のシリアス要素を全て廃し
全編通して能天気ギャルゲー寄りなテイストで
かなり好きだった。

しかし、
「線形拘束のフェノグラム」
はショートシナリオの詰め合わせで
シナリオ的にも本編とちょっと矛盾する
場面もあり、展開のネタ切れ感を感じた。


そして、本編のバッドエンディングからの
直系の続編、今回プレイした
「シュタインズゲートゼロ」

「線形拘束のフェノグラム」が
イマイチな感じだったので
全く期待していなかった。

しかもまだ発売されたばかりで
店頭でも8,000円近くの価格だったので
購入する予定は無かった。

だが、突然近所のGEOで
新品で約5,000円に値下げ、

思わず反射的に購入(^_^;)

全く期待せずにプレイし始めたのだが
「まさか!そう来るか!」という
テンションが上がる超展開に夢中でプレイしてしまった。


そして、約30時間で全シナリオクリア!


あくまで本編を補完するストーリーで
トゥルーエンドにたどり着いても
「続きは本編で」と、言う感じで
尻切れ気味に終わってしまうのでかなり消化不良ではあったが…。

それを加味してか、初回特典?には
HD画質化された「初代シュタインズゲート」
の無料ダウンロードコードが付属している。

実質「初代とゼロ」の二本が遊べるのは
お得感があるが、個人的には
初代は遊び尽くした感があるので
初代はダウンロードはしていない
(ちなみにダウンロードサイズは4.6ギガ程らしい)

ゼロだけプレイした感覚でも
ボリュームはけっこうあったし
懐かしい面々とのやり取りは楽しめて
久々に「シュタインズゲート」の
世界観に浸れたのはとても良かった。


本編の
初代「シュタインズゲート」が
シナリオ的にあまりに完成され過ぎている為
それを越える完成度の作品を創るのは不可能に近いと思うが…

それでも定期的に
「シュタインズゲート」の続編…
又は外伝的シナリオのゲームは発売して欲しい。

何だかんだと
この「シュタインズゲート」の空気感と
雰囲気は大好きなので。


………………………

と!全シナリオクリアしてそこそこ満足して
「再びシュタインズゲートゼロをプレイすることはないだろう…」と
中古ショップに売ったらなんと
「4,000円」で売れた!

5,000円で買って、4,000円で売れ
実質1,000円でプレイできたと思えば
超満足感!!

ちなみな「買ったゲームを売ったのは」
5~6年ぶりかも…

基本プレステ4の新作ソフトは
高値買取りしてる事が多いので
サクッとクリアして速攻で売りさばくのも
手かもしれない…とか思ったり。





スポンサーサイト
  1. 2016/02/11(木) 06:52:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「ダライアスバーストクロニクルセイバーズ」PSvita用ソフト | ホーム | ビデオゲームメモリアル「コスモポリスギャリバン」日本物産、1985年。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yonpura.blog.fc2.com/tb.php/1228-bd74f40e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)