ゲームコーナーよんぷら♪

元ゲーム戦士の戯言

龍が如く0版「スーパーハングオン」レビュー



龍が如く0版「スーパーハングオン」レビュー

「スペースハリアー」や「アウトラン」は
フリーで移動できるようになってゲーセン(ハイテクセガ)に行けば遊べるが

「スーパーハングオン」と
「ファンタジーゾーン」は何処にも置いていない。

しかたがないので、くまなく町中を散策!
バッティングセンターや駄菓子屋等
ビデオゲームが置いてありそうな所は全て。

故障中のゲーム筐体や駄菓子屋のオレンジ筐体は見つけられたものの
(↑これらの筐体もリアルに再現されているので必見?!)

「スーパーハングオン」と
「ファンタジーゾーン」は発見できない。


う~ん…しかし、この
「ビデオゲームが置いてありそうな場所を散策する」
という行為がリアルな…
現実の当時を思い出して懐かしい気持ちになった…(*´ω`*)


そういう感慨に浸れるだけでも
「龍が如く0」は超貴重な存在だ!

こういった散策する楽しさを味わいたいなら
これ以降のネタバレは読まずに今すぐ
「龍が如く0(プレステ4版)」を買いに走ろう!


…………………………………………………


そんな訳で「龍が如く0」のゲーム内で
「スーパーハングオン」を探したのだが見つけられず

「ストーリーが進めばいずれ出てくるのだろう…」
と開き直り、普通にメインのシナリオを進めていたのだが、

一向に「スパハン」が出てくる気配はない。

痺れを切らしネットで調べてみたら
「龍が如く0」で無数に存在する
サブイベントの1つをクリアすると
登場するというのだ。

う~ん…これは予想外!
好きな人にとっては普通に「売り」になるようなゲームが
隠し扱いとは…なんと贅沢な(^_^;)


出し方は
桐生編のゲーセンで女性店員と知り合ったら
何度も「アウトラン」を遊び女性店員の好感度を上げる。

「アウトラン」を遊び続けるだけで
好感度が上がる女性店員…とか
どこのオタクの妄想だよ…(苦笑)
と、思わなくもないが…まぁそこはそれ。

で、好感度が上がってくると
「女性店員からアウトランで得点バトル」
の挑戦をうける!

ゲーセンの女店員と「アウトラン」と
スコアバトルとか「どこのゲームセンターあらしだよ!!」とか思わなくもないが…以下略(^_^;)


それを繰り返して勝ち続けると
女性店員が店長に直談判して
「スーパーハングオン」を入荷してくれるのだった。

バトル自体がスコアバトルなので
3面もクリア出来れば楽勝なので
普通にプレイすれば負ける事はないはず
(アウトランナーズならば!!)

ちょっと温すぎる気もするが…かといって
「タイムアタックで4分30秒台をだせ!」
とか言われても無理っぽいのでこれぐらいでちょうどいいのかも。
(それはそれで燃えると思うが)



で、そんな手間をかけて出した
「スーパーハングオン」

プレステ4の純正パットではアウトラン同様
アナログスティックがピーキー過ぎてちょっと操作がし辛いのが難点。

「プレステ3の単品ダウンロード版スーパーハングオン」は
とても快適に遊べただけにこれはとても残念だった。

ただ筐体のモデリングは最高で
アウトラン筐体と並んでいるのを
眺めているだけでも相当悦に入れる(*´ω`*)
(画像2枚目)

ゲームをプレイ中に画面を一番小さく表示すれば
独特のモニター周りのフレームと左右のスピーカーもリアルに表示されるのは嬉しい。

アナログスティックがピーキー…とは言え
「スパハン」は急カーブが多く
フルバンクさせる事が多いので
「アウトラン」よりは操作感がまだマシに感じられるのが救い。


近年「スーパーハングオン」は
ダウンロード専用で様々な機種で発売されているが
(wii、xbox360、PS3、3DS等)

パッケージ版は今世紀では「龍が如く0」だけ!

それだけで買い!

かも?!




スポンサーサイト
  1. 2016/02/06(土) 05:13:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ビデオゲームメモリアル「究極タイガー」タイトー、1987年。 | ホーム | 「PlayStation(R)Vita」が欲しくなる!(物欲)>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yonpura.blog.fc2.com/tb.php/1224-359cbc86
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)