ゲームコーナーよんぷら♪

元ゲーム戦士の戯言

ビデオゲームメモリアル「黄金の城」タイトー、1986年。

デカキャラが印象的な中世の世界観な
格闘アクションゲーム。

当時、地元のショッピングセンター
「エンドーチェーン」内のゲームコーナーで
遭遇。

盾によるガードや上中下段の攻撃を
駆使して相手の鎧を剥がしていくのは
ちょっと面白そうだったが、
いかんせん動きがガクガクで
キャラもカッコ悪くプレイする気が起きなかった。

同世代のデカキャラが活躍するアクションゲームとして
「源平倒魔伝」があるが

それよりも数段ダサい印象。

結局ゲーセンでは1度もプレイしなかったが
プレステ2の「タイトーメモリーズ」に
初の移植収録された…らしい…

つーか!そのソフトは持ってるが
「黄金の城」なんて入ってた記憶がないので、
あまりにアウトオブ眼中で視界に入らず
1度も起動した事が無いのだろう(苦笑)

いつか気が向いたら遊んでみよう(;´д`)


スポンサーサイト
  1. 2016/01/28(木) 09:55:03|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<龍が如く0版「アウトラン」レビュー | ホーム | 「ダライアスバーストクロニクルセイバーズ」アーケードモード。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yonpura.blog.fc2.com/tb.php/1220-092d2722
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)