ゲームコーナーよんぷら♪

元ゲーム戦士の戯言

ビデオゲームメモリアル「餓狼伝説ー宿命の闘い」SNK、1991年。


人気対戦格闘ゲーム「餓狼伝説」シリーズの一作目。

1991年、ビデオゲーム界は「ストリートファイター2」が大人気で超盛り上がっていた。

自分も「スト2」には多いにハマっていた時期だったが
たまたま、東京渋谷の「ビデオゲーム」が
大量に置いてあるゲーセン「渋谷会館」で

この「餓狼伝説」が60インチ筐体に入って
稼働しているのを見、そのデモ画面で
主人公のテリーボガードがバーンナックルを
放っているのを見て一目惚れ(*´ω`*)

だが、そこでゲームをプレイすることは無く
その足で秋葉原に直行し、
家庭用ネオジオ版の「餓狼伝説」を
新品で購入したのだった!(その勢い足るや…今こそ見習いたいものだ)

しかもその時、自分は家庭用ネオジオ本体を持っていなかったにも関わらずだ(苦笑)

ただ、その頃、総合ゲーム雑誌
「月刊ゲームボーイ」で働いていて
編集部にネオジオ本体があったのは
知っていたので、そこに持っていって
空いている時間に「餓狼伝説」で遊ばせてもらっていたのだった(^_^;)

仕事でもゲーム…そして休憩時間もゲーム…
家に帰ってもゲーム…

と、当時は正にゲーム三昧!
そして、それが最高潮に楽しく、
しかも充実していて、そしてお金にもなる…

公私共に絶好調で…

逆に若くしてこういう体験をしてしまった為に
その後の、いわゆる普通の仕事では満足できず…

全てが馬鹿臭く思えて人生に脱落していくのだが…それは又後の話。


脱線したが、そうしてプレイした「餓狼伝説」
対戦ゲームとしてはかなりバランスが悪く
大味な感じだったが、
アクションゲームとして見れば、

熱いストーリー展開や、
スト2よりも格好良いBGMなどで
とても楽しんで遊ぶ事ができた。

その後は自分でも「ネオジオ」本体を購入し
自宅でも思いっきり「餓狼伝説」を楽しめたのだった。


ゲーセンでは暇潰しに数回プレイしただけだが…

アンディの必殺技「残影拳」さえ出せれば
簡単にクリアできるゲームだったので
本当に暇潰しにも最適なゲームだった(*´ω`*)


んんんんー許るさーん!(笑)



スポンサーサイト
  1. 2016/01/08(金) 05:10:05|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<あっー!「プレイステーション4」購入! | ホーム | ビデオゲームメモリアル「オペレーションウルフ」タイトー、1987年。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yonpura.blog.fc2.com/tb.php/1204-c6275b13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)