ゲームコーナーよんぷら♪

元ゲーム戦士の戯言

ビデオゲームメモリアル「飛鳥&飛鳥」タイトー、1988年。

オーソドックスな縦スクロールシューティングゲーム。

なのだが、1988年当時の目から見ても
グラフィックやゲーム性がとてもチープで
「粗製乱造するタイトーっぽいゲームだな…」と思ったものだ。

実際にプレイしてみたが
縦スクロールなのに多少左右にもスクロールするため
その感覚が物凄く気持ち悪かった記憶が残っている。

「飛鳥&飛鳥」=「クソゲー」という
認識は仲間内でも共通だったので

誰かがゲーセンで「暇だなぁ~」等と呟いたら
「飛鳥&飛鳥でもやっとけ」みたいな
ネタ的な使い方はしていた気がする。

まぁネタ的であっても
タイトルのインパクトも合間って
今でも記憶に強く残っているゲームではあるが…




スポンサーサイト
  1. 2015/11/26(木) 01:08:03|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ビデオゲームメモリアル「バンクパニック」セガ、1984年。 | ホーム | ビデオゲームメモリアル「いっき」サン電子、1985年。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yonpura.blog.fc2.com/tb.php/1167-e7b89c40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)