ゲームコーナーよんぷら♪

元ゲーム戦士の戯言

ビデオゲームメモリアル「サイコソルジャー」SNK、1987年。


業界初?の歌うビデオゲームとして登場した
「サイコソルジャー」

強制横スクロールのアクションゲームで
内容的には「ソンソン」をグレードアップさせたようなゲーム。

「アテナ」の続編で主人公もセーラー服を着た可愛い女子高生と言うことで
当時のキャラクター人気は絶大だった。

このゲームを初めて見たのは
地元のタイトー系列のゲーセン「ゆめまる」

デモ画面で歌っているのをみて(聞いて)
感動した記憶がある。

しかし、この「サイコソルジャー」が置いてあったのは
空調も窓も無い「ゆめまる」の2階で、
夏場は余裕で30度を越えているような過酷な場所だったので
とてもゲームを遊ぶ気にはなれず、
結局、ゲーセンでは1度もプレイする事は無かった。

が、数年後、友人が購入した
「サイコソルジャー」の基板を貸してもらい
家で遊ぶ事が出来たのでした!

これで、ファミコン版「アテナ」に付属していた「サイコソルジャー」のミュージックテープに収録されている
エンディングBGM「傷だらけのBlue Moon」
が聞ける!

と、意気込んでプレイ!

しかし、いざ遊んでみると、ゲーム自体が物凄く単調で
しかも道中が凄く長い!更に難易度も高い!

と言うことでエンディングをみるのはかなりの苦痛を伴ったのでした。

幸い、その場コンティニューが可能だったのですが
それ故にプレイが雑になりちゃんと攻略もしませんでした…

そして、なんとか(力押しで)ラスボスを倒し
念願のエンディング!!

しかし、エンディングで流れた
「傷だらけのBlue Moon」はイントロだけで
歌うことなくすぐにフェードアウト…

期待していただけに凄く脱力したものです。


あれから数十年…
今では携帯ゲーム機「PSP」の
「SNKアーケードクラシックス0」に
「サイコソルジャー」も収録され、
その場、セーブロードも可能になった為
たま~に思い出したようにプレイしたりしています。

当時はその単調さが苦痛でしたが
今はそういう良い意味で単調なゲームが無いので
逆にけっこう楽しめたりします。
(すぐ飽きるけど(苦笑))


スポンサーサイト
  1. 2015/08/18(火) 07:36:04|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ビデオゲームメモリアル「ターミネーター2」ミッドウェイ、1991年。 | ホーム | ビデオゲームメモリアル「火激」タイトー、1988年。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yonpura.blog.fc2.com/tb.php/1073-af165747
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)