ゲームコーナーよんぷら♪

元ゲーム戦士の戯言

ビデオゲームメモリアル「マリオブラザーズ」任天堂、1983年。

古くからのゲーマーには言わずと知れた
初代「マリオブラザーズ」

ファミコン初期に移植され、協力、対戦プレイも出来たので小学生時代に超盛り上がってプレイしたものだ。

そんな、マリオブラザーズのアーケード版を初めて見たのは
1986年頃「ジューキ」と呼ばれる
1プレイ50円だが、全てハードランク設定の
「 かなり怪しい会社」の事務所内のゲームコーナーだった。

自宅から多少遠かった為、めったに行かなかったのだが、たまたま通りかかって
入ってみたら、純正テーブル筐体に入った
「マリオブラザーズ」を発見!

プレイはしなかったが、
デモプレイを見ていると、
倒された亀が甲羅から飛び出すファミコン版には無い演出があり驚いたものだ。


ちなみに、数年後に入ったゲームサークル「PGP」には
このハードランク設定のゲームコーナー「ジューキ」をホームにしていたゲームプレイヤーも多く
ことごとくゲームが上手かった!

やはり英才教育?を受けたゲーマーは
ひと味違う!と妙に納得したものだった。


スポンサーサイト
  1. 2015/08/04(火) 02:39:03|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<自宅の庭から~「空」 | ホーム | 「ダライアスバーストACEX」家庭用移植決定!?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yonpura.blog.fc2.com/tb.php/1056-f07a1ad7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)