ゲームコーナーよんぷら♪

元ゲーム戦士の戯言

ビデオゲームメモリアル「ハットリス」ビデオシステム、1990年。

誰もが知っているアクションパズルゲーム
「テトリス」の作者が開発したゲーム。

降ってくる帽子を5つ重ねれば消えるゲーム
見た目は「ぷよぷよ」っぽいが爽快感も無ければ面白さもない地味なゲーム。

もちろん人気は全くなかった(と思う(-_-;))

自分も数回プレイしたがすぐ投げてしまった。

ただ、ゲームサークル後輩の
「PGP-KGB」…通称「かげべぇ」が
このゲームがやたら上手かった!

その「かげべぇ」は見た目が、
長身で眼鏡にアフロっぽいチリチリヘアー
と、かなり「いいキャラ」だったので
そんな彼が「ハットリス」をプレイしている
だけで「かなり面白い絵面」なのに
さらに上手いものだから爆笑を誘ったものだ。

いや、いま考えれば失礼な話だよな!

いや、当人も嫌がっていなかった(と信じたい)
ので雰囲気的には和やかなものだったが(^^;


スポンサーサイト
  1. 2015/07/28(火) 21:40:04|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「週間ハングオン筐体を作る」その5 | ホーム | 出光バッテリー ZAXIA ザクシア>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yonpura.blog.fc2.com/tb.php/1048-441f64a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)