ゲームコーナーよんぷら♪

元ゲーム戦士の戯言

ビデオゲームメモリアル「悪魔城ドラキュラ」コナミ、1988年。

ファミコン、ディスクシステムの名作アクションゲームがアーケードに逆移植!

と、当時では珍しいパターンで発売されたゲーム。

グラフィックやBGM等は格段に進化したが
操作性やゲーム性は残念な感じでドラキュラ好きのマニアックな人だけがプレイしていた気がする。

当時、1度だけプレイしたが1面ボスでアッサリゲームオーバーになった。

とにかく簡単にダメージを受けすぎるので
爽快感は皆無だった記憶がある。

ゲーム自体があまり馴染めなかったのもあるが
なんといっても主人公「シモンベルモント」が
「へっぴり腰で超絶に格好悪い」のが個人的にマイナスポイント(苦笑)

元々、ファミコン版の「ドラキュラ」があまり好きでなかったのもありヤリ込む事はなかった。

ただ、効果音のリアルさやBGMの素晴らしさは群を抜いていて感動的ですらある。

ゲーム自体は微妙だがBGMだけは素晴らしい
「BGMだけ凄いギャップ大賞(←今考えた(^^;)」
に間違いなくエントリーされる。


ちなみにアーケード版「悪魔城ドラキュラ」の
攻略ビデオも存在し、当時観る機会があったのだが
タイムストップアイテムが強力すぎて
見ていてガッカリした記憶がある。






スポンサーサイト
  1. 2015/07/21(火) 06:34:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<金属磨き「ピカール」 | ホーム | 「バックトゥザフューチャー三部作」洋画>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yonpura.blog.fc2.com/tb.php/1038-d0095ef9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)