ゲームコーナーよんぷら♪

元ゲーム戦士の戯言

ビデオゲームメモリアル「サンダークロス」コナミ、1988年。

名作「グラディウスII」に続くコナミの横スクロールシューティングゲーム
と、言うことで多いに期待したが
実際遊んでみると、とても大雑把で期待はずれだった。

具体的に、自機がフルパワーアップの状態が強過ぎて、
よほど気を抜かない限りミスしないし、
ほとんどのボスを瞬殺できるほど強力。

逆にパワーアップアイテムが少ない場所で
ミスしてしまうとあっという間にゲームオーバーになることもあり、復活の楽しさは皆無という大味さ。

横スクロールシューティングゲームが得意な人なら
「最終面でツインレーザーにする」事さえ知っていれば
初プレイ、初クリアも可能なほど。

「グラディウスII」を夢中でプレイしていた自分には物足りないゲームだった。

ただ、BGMは素晴らしく、ノリが良かったり、
格好良かったり、情緒があったりと、
バラエティに翔んでいて、サントラは擦りきれるほど聞いた。

あと、思い出…といえば
「ラスボスが超絶に格好悪い」事(苦笑)

見た目も動きも、まるでオモチャのロボットのようで、物凄くやるせない気持ちになったのを覚えている。


スポンサーサイト
  1. 2015/07/04(土) 03:15:20|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<「週間ハングオン筐体を作る」その3 | ホーム | よんぷらギター動画「ファミコン、スペランカー(テイク2)♪」 >>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yonpura.blog.fc2.com/tb.php/1013-5a4f043b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)