ゲームコーナーよんぷら♪

元ゲーム戦士の戯言

ビデオゲームメモリアル「最後の忍道」アイレム、1988年。


アイレムが発売した渋くて硬派な忍者アクションゲーム。

振り回せる「鎖鎌」が印象的だった。

しかし、この当時のアイレムらしく
難易度が高かった為、ゲーセンでは1、2度プレイしただけでやめてしまった。

まともにプレイしたのは
友人の「まちゃみ氏(PGP-LUM)」に
基板を貸してもらって家で遊べるようになってから。

こういう難易度の高いゲームは家で遊ぶには最適なゲームだった。


そしてこのゲームの思い出はもうひとつある。

当時所属していたゲームサークル「PGP」
の会誌で先輩の「PGP-MAX氏」が書いた
「最後の忍道」の攻略…その扉絵(画像参照)

棒立ちの主人公…「月影」とその傍らに書かれる「我が名は月影…」の口上に
メンバー皆で大爆笑したものだ(*^^*)

いや、人が真剣に描いたものを笑うのは良くないが、
箸が転がっても面白い年頃だったし、

逆にネタにしないと失礼なレベルの味のある絵は今の同人誌等では絶対に存在しない几帳な存在であるといえよう。

画像をupしたので存分に堪能してほしいd(^-^)





スポンサーサイト
  1. 2015/06/24(水) 19:37:04|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ビデオゲームメモリアル「マジックソード」カプコン、1990年。 | ホーム | ビデオゲームメモリアル「U.S.クラシック」セタ、1989年>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://yonpura.blog.fc2.com/tb.php/1003-cc557755
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)