ゲームコーナーよんぷら♪

元ゲーム戦士の戯言

「フォールアウト4」プレステ4用ソフト



「フォールアウト」…

と、言えば個人的に
「何か面白そうなゲームないかな…」
と、ゲームショップで物色していて、

パッケージ裏の
「核戦争後の荒廃した街を愛犬と共に歩いている画像」をみて
大好きな映画「マッドマックス2」っぽい!

と、興味をひかれ、衝動買いした
xbox360用の「フォールアウト3」が初

実際に大ハマりし、続編の
「フォールアウトニューベガス」
にも同じように夢中になった。

同じメーカーの
「オブリビオン」や「スカイリム」
も購入して遊んでみたのだが、
どうも中世風ファンタジーは性に合わないらしく
それほど熱中は出来なかった。


やはり、銃が使え、
「北斗の拳」のモヒカン雑魚っぽいのを
なぎ倒していくのが爽快な「フォールアウト」

そんな大好きなフォールアウトの新作
「フォールアウト4」のプレステ4版!

まだ発売されたばかりだし
他のソフトも楽しんでる最中なので
購入するのはまだまだ先でいいかな?

と、思っていたのですが、
やはり、興味があるものは
すぐ遊んでみたい!

何かあって明日死んでしまうかもしれないし!

とか、訳のわからない言い訳をしつつ
唐突に新品で購入。

そしてプレイ!

いやもう、プレステ4を購入してから
何度同じことを呟いたかわからないが、
やはりこの手のゲームはグラフィックが凄くなると
感情移入度が全然違う!!

フォールアウトは核戦争後の世界が舞台だが
今作は導入部が核戦争の前から始まるのが凄く新鮮!

平和な日々とその後の全て失われた世界の対比がより感傷に浸らせてくれる。

しかし、この荒廃した世界で再び新たな
冒険ができるかと思うと、

「ドッグミート!帰ってきたぞ!」

と思わず「スターウォーズエピソード7」の
ハン・ソロ的につぶやいてしまった(*´ω`*)

まだ数時間しか遊んでいないが
これも又、長~く楽しめる予感!

買ってよかった「フォールアウト4」♪ヽ(´▽`)/


ちなみにプレステ4のゲームソフトはパッケージ版でも
基本初回プレイ時に本体にデータがインストールされるのだが

データが多いゲームはかなりの時間がかかることが多い

この「フォールアウト4」もインストールに
20分程かかってしまうが…

ただ、そのインストール中に
ゲームの内容…システムを
オールディーズのアメリカのアニメ風に
ブラックジョーク満載で紹介してくれるので
ロード時間からゲームの世界に引き込んでくれる演出は目から鱗だった(*^^*)


スポンサーサイト
  1. 2016/01/30(土) 08:37:11|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

龍が如く0版「アウトラン」レビュー


スペースハリアー同様、
「龍が如く0」のゲームセンター内で遊ぶことができる。

移植度的には「ニンテンドー3DS」版の
「3Dアウトラン」の
「ニューバージョンのアーケードモード」…
つまり30フレームの海外版のみが収録、
プレイ可能になっている。

もちろん3D機能は削除されているし
追加曲も選択は出来ない。

「ニンテンドー3DS」版からの移植なので
「自車」「一般車」共にグラフィックも
変更されてしまっているのが残念。

ゲーム設定や操作設定も固定で変更は出来ない。

純正パットのアナログスティックだと
けっこうピーキーで操作がシビアだし
十字キーは反応が鈍いので快適なプレイはし辛い。

ギアチェンジも□ボタンを押す毎に
ローとハイが切り替わる仕様なので
ギアガチャもとてもやり辛い。

それに加え難易度変更出来ず
デフォルト設定のアウトランはけっこう難しいので
(後半は4~5台の一般車が道を塞いでいるのもざら)

快適に遊びたい…又は
「アウトランをプレイする目的だけ」で
「龍が如く0」を購入するのはあまりお勧め出来ない。

ただやはり1988年ごろのゲーセンと
デラックス筐体毎再現されているのは嬉しい。

サウンドや効果音はまんまアーケード版だし、
一番小さく表示される画面モードにすれば
モニター周りのベゼルも表示されるので
アーケードの雰囲気を感じる為に遊ぶのは
全然ありだ。

ダークでヘビーな展開も多い
「龍が如く」の世界でやたらと明るく
ファンタジーな
「スペースハリアー」や「アウトラン」を
遊ぶと

当時リアルに学校や私生活で嫌な事があっても
ゲーセンのゲームだけはきらびやかで
底抜けに明るく楽しく感じた事を思い出す。

そこまで含めた「リアリティ」だと考えれば
「龍が如く0」はとんでもねぇゲームだ!!


  1. 2016/01/29(金) 02:45:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「黄金の城」タイトー、1986年。

デカキャラが印象的な中世の世界観な
格闘アクションゲーム。

当時、地元のショッピングセンター
「エンドーチェーン」内のゲームコーナーで
遭遇。

盾によるガードや上中下段の攻撃を
駆使して相手の鎧を剥がしていくのは
ちょっと面白そうだったが、
いかんせん動きがガクガクで
キャラもカッコ悪くプレイする気が起きなかった。

同世代のデカキャラが活躍するアクションゲームとして
「源平倒魔伝」があるが

それよりも数段ダサい印象。

結局ゲーセンでは1度もプレイしなかったが
プレステ2の「タイトーメモリーズ」に
初の移植収録された…らしい…

つーか!そのソフトは持ってるが
「黄金の城」なんて入ってた記憶がないので、
あまりにアウトオブ眼中で視界に入らず
1度も起動した事が無いのだろう(苦笑)

いつか気が向いたら遊んでみよう(;´д`)


  1. 2016/01/28(木) 09:55:03|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ダライアスバーストクロニクルセイバーズ」アーケードモード。


相変わらず楽しんでいる
プレイステーション4用ダウンロード専用ソフト
「ダライアスバーストクロニクルセイバーズ」

今まではオリジナルの「CSモード」を
メインに遊んでいたのですが、

最近はアーケードモードがお気に入り♪

やはりワイドスクリーン×2相当の横長画面は
「ダライアスらしさ」を感じられてgood!!

巨大ボス戦艦とのバトルも狭苦しさを
感じる事無くのびのびと戦える。

家で使用している32インチテレビでは
アーケードモードで少々迫力不足にも思えるが
それでもゲームは十分楽しめる。


パソコン版のデュアルディスプレイや
40インチ以上の大型テレビにちょっと憧れるが、
そうすると今度は「CSモード」の快適さが失われてしまうし…
(個人的にはCSモードは32インチがベストな大きさ)

ひと昔前ならネタ的にも
デュアルモニターにしたかもしれないが
汎用性やシンプル環境が好みになった
現在では当面今の32インチで運用するだろう。


そしてもうひとつ…32インチでダライアスバーストのアーケードモードを遊ぶ利点

これは32インチモニターでしか遊べない事の
苦しい言い訳になってしまう気もするが、

ダライアスバーストは最新作とは言え
(おそらく)製作予算の都合上だと思うが、
背景や敵などのグラフィックがノッペリしている。

だが、それを縮小表示する事で
ギュッと身が詰まったいい感じになるのだ。

事実CSモードだとキャラクターが大きく迫力満点だが
ノッペリさが際立ってしまう。


まぁ本音を言えばデカイモニター環境で
大迫力のボス戦を堪能してみたいが(^_^;)

それはいずれタイミングをみて…






  1. 2016/01/27(水) 06:15:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「奇々怪界」タイトー、1986年。

可愛いキャラクターとコミカルな
妖怪が多数登場するアクションゲーム。

耳に残るBGMが印象的だった。

当時、友人達が皆楽しそうにプレイしていたので
自分も遊んでみたが
「一瞬でゲームオーバー」になってしまい
その後、ゲーセンでプレイすることはなかった。

数十年経ってからプレステ2に移植されて
リベンジ!とばかりに再びプレイしてみるも
同じく一瞬でゲームオーバー(苦笑)

簡単なことですぐにミスになってしまう
シビアのゲーム性に馴染めなかった。






  1. 2016/01/26(火) 07:20:04|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

プレステ4版「龍が如く0」クリア!!


いや~久々にゲームにどっぷりとハマらさせていただきました!

「龍が如く0」
ついにクリアしました♪ヽ(´▽`)/

総プレイ時間は36時間とそれほど長くはありませんが
その密度と満足感は相当のものでした。

まずプレイステーション4を購入し最初にこのゲームで遊んで
グラフィックの進化に驚愕!

プレステ3やxbox360から更に進化を遂げていて
「別にグラフィックが凄くなっても、
ゲームの面白さにはそれほど直結しないんだよなぁ~」
なんて、ちょっとゲームに冷めていた自分に一石を投じられました。


ゲーム内では1988年の新宿歌舞伎町を模した町を舞台に話が進むのですが、
個人的に1991年頃に東京で暮らしていて
職場が新宿だった事もあり、
よく夜に歌舞伎町のゲーセンに
「ストリートファイターII」をプレイしに通ったものです。

そういう体験があるので
あの空気をリアルなグラフィックで再び感じられた事がなにより嬉しく
より一層このゲームにハマれたのだと思います。

それだけに、もしグラフィックで劣る
プレステ3でプレイしていたら
これほどまでにめり込めたかはちょっと疑問

ゲーム内で
「アウトラン」
「スペースハリアー」
「スーパーハングオン」
「ファンタジーゾーン」等

当時のアーケードゲームが遊べる!!
という目的だけで、たまたまプレステ4と同時購入したこのゲームですが、

そのたまたま故にプレステ4で遊べたのは
超ラッキーだったと思えます。

青春のヒトコマがリアルにゲーム内で再現されているのは正に感涙ものでした。


ゲームとしてみると
今まで自分が遊んだアクションアドベンチャーゲームは
どうしても散策シーンやアクションシーン、
ムービーシーンでぶつ切れな印象があったのですが

この「龍が如く0」はそれら全てに
統一感があって、さらにゲームとしてのお遊びも有り、
敵味方それぞれキャラクターも強烈に魅力があり、
ストーリーも面白くグイグイ引き込まれて
最後まで飽きる事なく遊べました。

自分はストーリーが気になって後半は一気にクリアしちゃいましたが

ミニゲームや、やり込み要素も大量にあるので
ジックリ遊んだら50時間以上は余裕で楽しめると思います。

難易度もイージースタートして
薬局で体力回復剤を大量に買って持っておけば
サクサク爽快に進めますし。

まだやり残したサブイベントもたくさんあるので2周目も楽しめそうです(*´ω`*)


購入した目的とは裏腹に
まさかこんなに本編にハマるとは予想外で
嬉しい誤算でした!


  1. 2016/01/25(月) 04:29:05|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

龍が如く0版「スペースハリアー」レビュー



龍が如く0版「スペースハリアー」のレビュー

結論から言うと、据え置きのゲーム機では
最もアーケード版の雰囲気で遊べる
良移植のスペースハリアーだといえる。

今までは
「RGBブラウン管モニター」と「ミッションスティック」を使用した
「セガ・サターン版スペースハリアー」が
ナンバーワン!!

と、思っていたが、
その環境を維持する…又は構築するのは
現在では相当面倒で安定しない。

その点「龍が如く版スペースハリアー」は
現行機種で手軽に最高のスペースハリアーを
体感できる貴重な存在だ。

移植的にはほぼ完璧アーケード基準で
一部の効果音が鳴りっぱなしになる
アーケード版と同じバグも再現されている。

ただ、同じアーケード基準のwiiバーチャルコンソール版よりも
音がマイルドになっているので効果音バグがあまり気にならなくなっているのは好印象。

ゲーム設定や操作オプションはないが、
□ボタンで随時上下のリバースと
ボタンは連射機能標準装備、
操作もアナログとデジタルどちらも操作可能と
快適に遊ぶには全く問題ない。

むしろゲーム機の純正パットでは
今までで最も快適に遊べるのでは無いだろうか?

画面サイズやスキャンライン有り無しは
Lボタンで合計6種類をリアルタイムで選べる。

個人的に最も気に入ったのは
画面が最も小さく標準されるタイプ。

これだと32インチ液晶テレビで
ちょうどアーケードに近い雰囲気になるし、
この設定だと、モニター周りのベゼルや
インストパネル…それらがモニターからの
光に反射している様まで再現されるので
部屋を暗くしてプレイしていると
本当にゲーセンの筐体でプレイしているかのような
錯覚さえ覚える(画像2枚目)

そしてなんといっても
「龍が如く0」では1988年の都会の街並みと
ゲーセンごと再現され、
スペハリ筐体も(シッドダウンタイプながら)
バッチリ再現されるののは
当時を知る人間なら涙ものだ。

極道モノ…ということで、
嫌悪感を示す人もいると思うが
(自分も今までそうだった)
当時の街並みとゲーセンの雰囲気を
味わうだけでも一見の価値はあるかも!

もちろんこの手のゲームは
描写が細かいほど感情移入度が高まるので
買うならプレステ3ではなく、
プレステ4版が絶体お勧めだ!

この「龍が如く0」のお陰で
久々に何度も通してスペハリをクリアした

コンティニューは出来ない?ので
真剣に遊べるのも◎

「シェンムー版スペースハリアー」と違い
ゲームのデモ画面を延々と流しておくことも可能なので
そういう意味でも味わい深い。

今時のテレビモニターでクッキリハッキリ画像で
パットで全く不満なく遊べる「スペハリ」が
オマケとは言えパッケージ販売されている事を考えると
満足度は100点満点だ!


ちなみに「龍が如く0」も
今まで遊んだアクションアドベンチャーゲームの中でトップクラスに面白く滅茶苦茶楽しめている(*´∀`)♪


今年の「よんぷらゲーム大賞」の最有力候補だ!(早いよ…(^_^;))

  1. 2016/01/24(日) 03:00:09|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「MADMAX」プレステ4ソフト


やっと週末だーーー!

平日は殆どゲームができなかったんで
やりまくるぞー!!

と、いうことで、先ずは
「ダライアスバーストクロニクルセイバーズ」をサクっとプレイ!!

んんーーー満足(*´ω`*)

そして、次にプレステ4と同時購入していた
「MADMAX」を遊んでみる事に。

新作映画「マッドマックス 怒りのデスロード」
はまだ観ていないが、
基本的な世界観は旧作「マッドマックス2」
とほぼ同じっぽいので期待して購入したのだった。

「マッドマックス2」は超大好きな映画。
「フォールアウト3」も「マッドマックス2」っぽい雰囲気を感じて購入してやり込んだ口だし。

で!期待しつつも、いざプレイ!

最初はあっさりし過ぎていて、
ちょっとイマイチかな…と思ったのだけれど
馴染んできたら凄く楽しくなってきた!

オープンワールドなのにやれる事が
少なく感じてたのだけれど
普通にシナリオを追っていくのが
楽しくなってきたからだ!

「フォールアウト3」はやれることが多すぎて
散漫なプレイになってしまったし、
良くも悪くも面倒臭いと思える事も多々あった。

だがこの「マッドマックス」はけっこうシンプル。

基本主人公の行動原理が
「格好いい車を手にしたい」?
的な感じなので、人によっては感情移入できないかもしれないが…

食料(水)とガソリンを入手しながら
敵(暴走集団?)と戦い、愛車をグレードアップさせてゆく。

生身の格闘バトルもあるし、
カーバトルも頻繁に起こる(移動は基本車なので)

難易度も低く爽快感もそれなりに在り
書き込まれたグラフィックのお陰で
「マッドマックス2」感を存分に堪能出来る!

好き嫌いは別れそうなので
皆に手放しでお勧めは出来ないが
個人的には満足

ただ、まだ序盤しか遊んでいないので
今後評価は変わるかもしれないが…

ひとつだけ言わせてもらえば
「主人公をメル・ギブソン」に似せてほしかった…(^_^;)

まぁこれは「デスロード」基準にしたのかもしれないが。
  1. 2016/01/23(土) 19:21:08|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「フルスロットル」タイトー、1987年。


公道レース?というか
観客もいなければライバルもいないので
ただの主人公が暴走する?ドライブゲームか(苦笑)

ニトロを使用して最高500キロのスピードで走ることができる(やり過ぎ(^_^;))

セガの「アウトラン」をタイトーが料理すると
こんな感じになります!的なゲーム。

まぁ「アウトラン」と比べるのは酷だが…

まず全てにおいてデザインがダサい。
そして優雅さはまるで無く、
せっかくニトロで高速走行出来るのに
車線が狭く(二車線の事もある)それを
存分に生かす事は難しい。

ただ、BGMはロック調で格好良く、
無駄にテンションは上がる!

実際のドライブ中に「フルスロットルのBGM」をかけるのは危険だ(体験済み)

と、冗談はさておいて、

初めてこのゲームを見たのは
仙台のアーケード街のゲーセン
たしか「金ちゃん」だったかな?

そこにデラックス筐体があっのだが…
まず衝撃だったのがそのダサい筐体!

セガの体感ゲームのような洗練された感は無く
丸っこく赤い車の形状をしており
まるで幼児が乗って楽しむ乗り物のような感じで…
他人がプレイしているのを見てはいたが
とても恥ずかしくて自分でプレイする気にはならなかった(苦笑)

筐体の可動自体は左右だけでなく
ニトロをかけたとき等、前後にも
大きく動き、アウトランよりも派手に動いていた記憶がある。

フルスロットルを見たのは
それが最初で最後になったので
今にして思えば恥を忍んででもプレイしておくべきだった…とも思うが…。

ただ、ゲーム自体はプレステ2の
「タイトーメモリーズII下巻」に
移植収録されているのでプレイは可能。

凄く難しいゲームだと思っていたが、
イージーランクにした上でニトロを封印し
クラッシュしないようにプレイすれば
普通に楽しめるゲームだと最近知った。
(ハンドルコントローラーGTフォースにも対応)

ニトロを使うからクラッシュしまくって難しくなるんだよな(苦笑)


  1. 2016/01/21(木) 17:41:18|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「ギャラガ88」ナムコ、1987年。


名作ギャラガのリメイク

ゲーム的には「ギャラガ」とほぼ同じだが
全体的にコミカル要素が強くなり、個人的にはあまり好きではなく、
ゲーセンでやり込む事はなかった。

しかし、PCエンジンの移植版を
遊んでいる内に凄く好きなゲームになった。

トリプルファイター時の爽快感!

ボーナスステージでBGMに合わせて
敵キャラが華麗に飛び回る
「ギャラクティックダンシング」

細かい微調整が加えられた裏ギャラガ88

等々、ある意味アーケード版より遊べる
様に改良されていて

PCエンジンのソフトでは
個人的にトップ5に入る。

その数年後、アーケード版の基板も購入し
その「重厚なBGM」に感動したものだ。

しかし、難易度も高く、PCエンジン版のように
気軽には遊べなかったが…

やはり、思い入れ的には学生の時に夢中で
遊んだけに「PCエンジン版」が最も強い!


  1. 2016/01/20(水) 19:36:12|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「恋のホットロック」コナミ、1986年。

今では懐かしささえ感じる
トップビュータイプのアクションゲーム。

最初に知ったのは総合ゲーム雑誌
「Beep」に付属していたソノシートで聴いた
BGMが凄く印象的で、その心地好く気持ちいい音色に聞き入ったものだ。

その後、地元のゲーセン
「ゆめまるステーション」で
このゲームと遭遇!

早速プレイしてみると、
BGMは素晴らしかったものの、
ゲーム自体は思ったよりも単調で
2~3度プレイしただけで止めてしまった。

それがこのゲームを見た最後になった…

二人同時プレイで遊べばもっと楽しめた気もするが…





  1. 2016/01/19(火) 13:19:08|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪!「エターナルフォースブリザード!!」


今季初めての本格的な雪!

「ダライアスバーストクロニクルセイバーズ」で
集中してプレイしなければならないのに

通勤なんぞで精神力ごっそり持っていかれるのは
イラっとするな(#`皿´)←(子供かよ…)

まぁそれはさておき…

こういう雪で慎重な運転をしなければならないときは
車内のBGMには「レイストーム」が良く合う…気がする
  1. 2016/01/18(月) 16:38:16|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ダライアスバーストクロニクルセイバーズ」CSモード


「ダライアスバーストクロニクルセイバーズ」のメイン?ともいえる
「CSモード」

PSPの初代ダライアスバーストにも
「ミッションモード」というやり込みモードがあり、
クロニクルセイバーズの「CSモード」も
それと同じ感じだろう…とあまり期待していなかった。

が!予想よりもスケールがかなり大きく嬉しい誤算!

色々調べてみたら
ステージは200以上!

ステージによって様々なルールや
ストーリー展開があってPSP版のように
淡々とした印象はうけないのでやる気もアップ


まぁ…それでも200ステージまあれば
ある程度使い回しも多いだろうと予想はつくが…

問題はBGM

「どうせPSPの様に厳選された過去作品のBGMが数曲流れる程度だろう…」

と!思ったら、なんと!!

過去アーケード版ダライアスシリーズの
BGMがほぼ全て収録!!!

その数なんと100曲以上!!!

もうね…アーケードダライアスシリーズを
遊んできた身から言えばこれだけで大満足!!

「初代ダライアス」
「ダライアスII」
「ダライアス外伝」
「Gダライアス」

…どれも名曲揃い!
これらの曲にのせてダラバーをプレイしているだけでも
胸が熱くなるな♪(*´ω`*)

特に「Gダライアス」は
元もポリゴンシューティングなだけに
凄く違和感なく楽しめる!

ただやはりこうなってくると
ステージやボス戦にもっともっとバリエーションが欲しくなるなー

欲を言えば過去作品のボス達とも戦いたくなる!

フルプライスのアップデートでもいいから
過去作品のボスも追加して欲しいよなー!

まぁそれは贅沢な願いか?

でも「ナイトストライカー」や
「レイフォース」「メタルブラック」の
ダウンロードコンテンツは決定しているので
まだまだ楽しめそう!

それに他社製品とのコラボで
「スペースハリアー」や
「ファンタジーゾーン」のキャラが使えるようになるかもしれないし?!
(限定サントラにそれらのBGMが入っているという情報が)


何はともあれ「CSモード」
根詰めてやり込むより
マターリと楽しんでいけば
末永く遊べるハズ!

短いステージも多いので
サクっと短時間で爽快感を得られるのもだ◎
(滅茶苦茶長いステージもあるが)

たまんねー♪ヽ(´▽`)/

  1. 2016/01/17(日) 16:04:05|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ダライアスバースト クロニクルセイバーズ」プレステ4用ソフト


いや、ちょっと泣いていいかな?

ゲームソフトを購入してこれほど迄に満足度を
感じたことが今だかつてあっただろうか?

無かったのである(アルト)!!!


と、言うのは少々大袈裟だが
予想以上、想像以上に血沸き肉踊ったのが
プレイステーション4ダウンロード専用ソフト
「ダライアスバースト クロニクルセイバーズ」だ!!


何故か当初の配信予定日より1日遅れたが、
本日無事配信された。

実はかなり危惧していたのだが、
自宅のネット接続環境がスマホのテザリングしか無かったと言うこと。

あまりにデータが大きすぎると、
ダウンロードできない可能性があったからだ。

しかし、
「ダライアスバーストクロニクルセイバーズ」の容量は1.9ギガということで
最新ゲームとしてはかなり少なめ。

恐る恐る購入したのだが、なんとか30分ほどでダウンロード完了!


早速アーケードモードで遊んでみたのだが、
PSP版よりも遥かに完成度が増していて超感動!

ワイドモニター化されたことで
「ダライアス」らしさが大幅にアップ!

新ボスも追加され新鮮に遊ぶことが出来た!
これだけでも相当楽しめそうなのに、
更に200ステージを越える?家庭用オリジナルモードも搭載。

これは家庭用モニターに最適化された画面サイズに調整されていて見た目にも迫力あって◎!

10ステージ程遊んでみたのだがその中に

「初代ダライアス」
「ダライアスII」
「ダライアス外伝」

のBGMが流れるステージがあり
鳥肌が立つほど感動!

この辺は当時からリアルタイムで
ダライアスシリーズをゲーセンで遊んできた人にはたまらないハズ!

ボス戦やクリアBGMもそれぞれのオリジナル版になるのがたまんねー!!


フルプライス(7,400円ほど)での購入だったが
全く不満は無い!!


まだまだ熱中している「龍が如く0」があるのに、
更に熱い「ダラバークロニクルセイバーズ」で楽しめるなんて…年始早々さい先が良いな♪


年末のテレビゲームに冷めていた頃からは
想像も出来ない…まさに奇跡だ!(言い過ぎ(^_^;))



買って良かった!プレステ4!!

と、「ダライアスバーストクロニクルセイバーズ」!!

ぅおおぉおおおお!!
ゲーム戦士の血が騒ぐ!!
月面宙返(ムーンサルト)り~~!♪ヽ(´▽`)/
  1. 2016/01/16(土) 09:24:08|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「子育てクイズマイエンジェル」ナムコ、1996年。

ナムコが発売したクイズゲーム。

このゲームにはちょっとした思い出がある。

遠方(7~8時間かかる)の親戚宅に行く用事があり、
妹と二人で車でそこに向かう途中、
休憩で立ち寄ったゲーセンで
この「子育てクイズマイエンジェル」を
妹と二人同時プレイしたのだった。

気分転換のつもりだったのだが
二人とも夢中になってしまい
コンティニューしつつ夢中でプレイ
そしてクリア!

ゲーセンで妹と二人で遊んだのなんて
後にも先にもこの時だけだったので
強く印象に残っている。

妹が嫁に行き、
ゲーセンもほぼ壊滅した現在、
もうあの時の様に兄弟でゲームを遊ぶ事など無いだろう。

それだけにあの時の記憶は
とてもいとおしく思えるのだった。


  1. 2016/01/15(金) 08:54:03|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ダライアスバースト クロニクルセイバーズ」発売前夜!


つい4~5日前まで、プレステ4を買う予定など
全く無かったので、あまり意識していなかったのだが、

いざ本体を入手してみたら
「ダライアスバースト クロニクルセイバーズ」を遊べる喜びでテンション上がって来た!

と、言うことで
10000円分のプレイステーションストアカードを購入してきて本体にチャージ

後は配信開始を待つだけ!
正に全裸待機!

久々にワクテカッスなぁ~(*´ω`*)
  1. 2016/01/13(水) 14:20:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「龍が如く0」プレステ4ソフト




いやーヤバイッス!

昨日、プレステ4を購入して、
3本ソフトを買ってきたので
少しづつ全部遊んでみようと思い
先ずは「龍が如く0」を起動してみた。

「龍が如く」シリーズは一切プレイした事がなく
実写映画を観たことがある位。

ただ、イメージ的には
「シェンムー」の極道版ゲーム…位の知識しか無かった。


で、いざプレイしてみたが正に想像通り!
「シェンムー」の続編と言っても全く差し支えない感じ…雰囲気を持ったゲームだった。

しかし!しかしだ!
その面白さ!テンポの良さ!バトルシーンの爽快感等は
全て「シェンムー」を遥かに越えていた!

実際、「シェンムー」は当時としては
凄い作り込みで感動したが、
逆に言えば作り込みが凄いだけで、
あまり面白いゲーム…とは言えなかった。

ストレスがたまる部分も多かったし。

しかし「龍が如く0」は
「シェンムー」の良い部分は残し、
不満な部分を全て改良したかのような完成度!


その証拠に、昨日、プレステ4を起動してから
現在まで約24時間…一回も電源を落としていない(爆)

初日からプレステ4をぶっ壊す勢いで酷使!!
途中何度か寝落ちしたが…ほぼ「龍が如く0」を
やりっ放し!!


ゲーム内の世界観はバブルまっただ中の1988年の東京新宿…で「シェンムー」のように
ゲーム内で「当時のゲーセン」が再現されていて
「スペースハリアー」や「アウトラン」が
実際に遊ぶことが出来る…

と、言うのは事前に知っていたので
たぶん、その仮想ゲーセンでゲームを遊んで
それで満足して終わりかな~

位な軽い気持ちしかなかったので
ここまでドップリはまり込むとは嬉しい誤算!

ストーリーも面白く、テンポも良いので
止め時を無くしてしまったのだった。

そして前世代ゲーム機からより進化したグラフィック!
もうね、町中に貼られているチラシやポスターを眺めているだけでも楽しめるレベル!

もちろん、筐体まできっちり作り込まれた
ゲーセン内のその雰囲気もたまらなく懐かしい!

いや~ここまで熱中したのは
xbox360の「デッドライジング」以来か…


いや~買って良かった!
「プレイステーション4」と「龍が如く0」!

もう既に元取った気分!
満足度プライスレス!


(興奮と寝不足で文章が変なのは御勘弁ください)


  1. 2016/01/11(月) 18:58:08|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

あっー!「プレイステーション4」購入!


「ダライアスバーストAC」が移植されるので
プレステ4を買わざるを得ない!!

と、以前blogで言った気がするが、
ダウンロード販売しかないと知り
テンション駄々下がり。

そのうちギター熱が上昇し
別にそんなにゲームしなくなったし
無理に買う必要はないな…

と思うように。

年末にnewニンテンドー3DSは
購入したが、
「セガアーケードアーカイブス」で
セガ体感ゲームをさくっと遊ぶ位で
丁度良く感じていたし、
ドップリはまり込んで遊ぶゲームは
もう面倒臭いかな~

なんて、ちょっと達観したつもりになっていた。

だが、
「そう言えばそろそろダライアスバーストの
販売が始まる頃かな~」

とか、軽い気持ちで色々検索していたら
いつの間にか「プレステ4本体」が
5000円ほど値下がりしてたんだな。

それに、某電器店のポイントカードを利用すれば
かなり安くプレステ4を買えるんじゃね?

とか、思ったとたん
瞬間的にプレステ4購入熱が炸裂!

色々冷静になれば購入を見送る事は容易いのだが、
それはあえて考えない事に!

自分の盛り上がった気持ちを
無理に鎮静化する必要はないと考えたのだ。

要するに「乗るしかない!このびっぐうえーぶに!!」
と、いった感じ!


奇しくも丁度昨日のblog記事で
当時ゲーセンで一目惚れして本体も持ってないのに
「ネオジオの餓狼伝説」を新品で買った話をして、


「あの頃の(無駄な)勢いが欲しい…」

とも、思っていたので丁度良いタイミングだったかもしれない。


何はともあれ
「プレステ4」ユーザーになったので
斜な考えは削除して思いっきり楽しまないとな!

同時に買ってきたソフトは
「グランドセフトオートV」
「龍が如く0」
「マッドマックス」


さぁ…見せてもらおうか!
プレステ4の性能とやらを!!




  1. 2016/01/10(日) 18:10:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

ビデオゲームメモリアル「餓狼伝説ー宿命の闘い」SNK、1991年。


人気対戦格闘ゲーム「餓狼伝説」シリーズの一作目。

1991年、ビデオゲーム界は「ストリートファイター2」が大人気で超盛り上がっていた。

自分も「スト2」には多いにハマっていた時期だったが
たまたま、東京渋谷の「ビデオゲーム」が
大量に置いてあるゲーセン「渋谷会館」で

この「餓狼伝説」が60インチ筐体に入って
稼働しているのを見、そのデモ画面で
主人公のテリーボガードがバーンナックルを
放っているのを見て一目惚れ(*´ω`*)

だが、そこでゲームをプレイすることは無く
その足で秋葉原に直行し、
家庭用ネオジオ版の「餓狼伝説」を
新品で購入したのだった!(その勢い足るや…今こそ見習いたいものだ)

しかもその時、自分は家庭用ネオジオ本体を持っていなかったにも関わらずだ(苦笑)

ただ、その頃、総合ゲーム雑誌
「月刊ゲームボーイ」で働いていて
編集部にネオジオ本体があったのは
知っていたので、そこに持っていって
空いている時間に「餓狼伝説」で遊ばせてもらっていたのだった(^_^;)

仕事でもゲーム…そして休憩時間もゲーム…
家に帰ってもゲーム…

と、当時は正にゲーム三昧!
そして、それが最高潮に楽しく、
しかも充実していて、そしてお金にもなる…

公私共に絶好調で…

逆に若くしてこういう体験をしてしまった為に
その後の、いわゆる普通の仕事では満足できず…

全てが馬鹿臭く思えて人生に脱落していくのだが…それは又後の話。


脱線したが、そうしてプレイした「餓狼伝説」
対戦ゲームとしてはかなりバランスが悪く
大味な感じだったが、
アクションゲームとして見れば、

熱いストーリー展開や、
スト2よりも格好良いBGMなどで
とても楽しんで遊ぶ事ができた。

その後は自分でも「ネオジオ」本体を購入し
自宅でも思いっきり「餓狼伝説」を楽しめたのだった。


ゲーセンでは暇潰しに数回プレイしただけだが…

アンディの必殺技「残影拳」さえ出せれば
簡単にクリアできるゲームだったので
本当に暇潰しにも最適なゲームだった(*´ω`*)


んんんんー許るさーん!(笑)



  1. 2016/01/08(金) 05:10:05|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「オペレーションウルフ」タイトー、1987年。

名作ガンシューティングゲーム!

最前線に乗り込み
敵を倒して人質を救う…映画さながらの
演出と、マシンガンを射ちまくる爽快感で
とても人気があった記憶がある。

事実ゲーセンだけでなく色々な場所…
ショッピングセンターの階段の踊り場等にも
置いてあったし。

自分も好きなゲームではあったが
1プレイ100円であまり永く遊べるゲームでは
なかったので、クリアするまでは
やり込めなかった。

その鬱憤はプレステ2の移植版で晴らしたが、
やはり、あの振動する銃でないと雰囲気は出ないよな~

  1. 2016/01/07(木) 02:31:05|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「JUDY AND MARY ALL CLIPS -JAM COMPLETE VIDEO COLLECTION-」


JUDY AND MARYのビデオクリップ…
プロモーションビデオ。

オールクリップス!と、唱われているが、
フルバージョンで収録されているのは2/3程で、
残りはテレビCM用のショートバージョンなのが残念。

しかし、
JUDY AND MARYは好きなバンドだったが
当時、映像媒体のアイテムは一切購入しなかったので
とても新鮮に観ることができた!

懐かしさと新鮮さで
酒を飲みつつ凄く楽しめた!

中古で値段も安く買えたのも◎!
  1. 2016/01/06(水) 16:29:07|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「クライムシティ」タイトー、1989年。

「ローリングサンダー」っぽい
横スクロールのアクションゲーム。

アクが強く微妙にダサい感じが
良くも悪くも当時のタイトーっぽい。

レバー下とジャンプボタンで
前転することが出来るのだが、
その前転に攻撃判定があるため、
前転をし続け、現れる雑魚敵を次々なぎ倒していく様は非常にシュール。

シリアスな設定なのに、
色々とチープに見える部分も多く
思わず失笑してしまう。

当時、行き付けのゲームコーナー
「サンプラ」に入荷し、何度かプレイしたが
いまいち面白さを感じられずやり込む事はなかった。

が、友人の「PGP-WAT氏」が
このゲームをやり込んでおり、
とても楽しそうに遊んでいたのを思い出す。

おかげで、エンディングは何度も見せてもらったが。








  1. 2016/01/05(火) 04:21:05|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「コンチネンタルサーカス」タイトー、1988年。


液晶シャッターを利用した3D映像が特徴的なレースゲーム

当時、行き付けのゲーセンにアップライト筐体版が置いてあり、
コツさえ掴めば結構長く遊べるゲームなので重宝したゲームだった。

ゲーム的にはステージクリア型で
各コースで設定された順位をキープしていかないと
ゲームオーバーになってしまう。

クラッシュして炎上したり、
雨が降ってきた場合に、
ピットインする事で、消火及びタイヤ交換が
行えるのが特徴だった。

しかし、炎上したマシーンを消火器で
火を消しただけで、レース続行させる
クルーは今見るととてもシュール(笑)(画像参照)


当時、一応クリアはしたが、
最高記録は3位で、トップクリアはできずじまいだった。

ぬるいゲームだった記憶があるが、
今プレイしてみるとその緊張感が凄い!

コツを掴めば長く遊べる…とは言ったが
要するにクラッシュせず、
ピットインも極力減らす…だけ。

ただ簡単にクラッシュしてしまうので
ライバルカーのパッシングに凄く気を使う。

今時のレースゲームと違いほんのちょっとでも
接触しようものなら即炎上→爆発になってしまうからだ。

ただ、変なところがリアルで
炎上状態でも雨が降っている場合は
爆発する事なく走行可能なのでそのままクリア可能。

また炎上しても爆発までかなりのタイムラグがあるので、
行けそうな場合はピットインせずにゴールを目指すのもあり。

その時の、爆発するか?ゴールできるか?
の緊張感もたまらない(*^^*)

このいかにもゲームっぽい…
「モナコGP」的な、レースゲームなんだけど
昔のアクションゲームに近い感覚が凄く好きなゲームだった


※アーケード版は3D映像でゲームを楽しめたが
液晶シャッターメガネで見るかたちだったので
ニンテンドー3DSのように見易い3D映像ではなく
コツが必要で上手く3Dに見えない事もあった。
画面も凄く暗かったし目も疲れたものだ。


※裏技、ロケットスタート
スタート時にギアをローでアクセル全開、
スタートしホイルスピンしたら一瞬ギアをハイに入れ
すぐローに入れる。

これでホイルスピンを無くせるのでロケットスタート出来る。


※ちなみに3D映像はオミットされているが
プレステ2の「タイトーメモリーズII上巻」に移植されていて、
ハンドルコントローラーGTフォースにも対応している。

なのでプレステ2+GTフォースに対応したゲームが遊べる
家のパワドリ筐体でも遊べるのが楽しい(*´∀`)♪
  1. 2016/01/04(月) 07:51:11|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「ギャラガ」ナムコ、1981年。



ナムコの古典的名作シューティングゲーム。

当時人気でロングセラー作品…なのだが
個人的には「ギャラクシアン」共々
凄く苦手なゲームで、ゲーセンでは
数回しかプレイしていない
(一瞬でゲームオーバーになった為(苦笑))

本格的にハマったのはファミコン版がきっかけ。

デュアルファイターになってから
敵を瞬殺するのが爽快過ぎて夢中でプレイした。

アーケード版より難易度が下がっていたのも楽しめた要因だった。

その数十年後、自宅ゲーセン化計画の時に
「ナムコクラシックコレクションvol.1」を購入(画像)。

この時に、アーケード基準の「ギャラガ」を
マトモにやり込み、
31ステージをクリアし、エンディングも見れた!(クラシックコレクション版はエンディングがあるのだ)

そして「ギャラガ」といえば
1984年に発売されたレコード
「ビデオゲームミュージック」に収録されていた(画像2枚目右下)
アレンジバージョンがとても印象深い。

まるで南国風な穏やかなアレンジに
夜中、部屋を暗くして聞いていて
トリップしそうになったのを思い出す。

懐かしいな~(*´ω`*)

  1. 2016/01/03(日) 05:18:08|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ものもらい…


やっと正月の長期休みに入った…
と、思ったら、なにやらまぶたに違和感が…

日に日に症状は悪化し、痛みと痒みとで
目を開いているのも辛い感じに…

こんなときに限って元日で眼科はやってないし…

なんてこった…と、思っていたら
帰省していた妹から
「ものもらい用の目薬」があって結構効く!

との情報が。

早速、薬局の初売りに行って
「ものもらい用目薬」を買ってきて使用してみた。

通常の目薬の2倍程の値段だったが、
やはり、ものもらい専用だけあって
通常の目薬よりも目の違和感が和らぐ感じ。

と、言っても速効で治る訳ではないので
多少気休め程度になる感じだが…

なんとか仕事始めまでは自然治癒してほしいところ。
医者に行かずに済むといいな…
  1. 2016/01/02(土) 09:37:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あけましておめでとうございます♪+「ダライアスバースト」ギター動画♪



新年!
あけましておめでとうございます♪


と、言うことで、
年始め1発目のよんぷらギター動画♪

「ダライアスバースト」発売直前記念!

と、言うことで
「ダライアスバースト」AゾーンのBGMをギターで弾いてみました。

いかにも「ダライアス」っぽく
メロディアスな感じがたまりませんね~(*^^*)

しかし、ゲームの方は今のところ購入する予定はないのですが…

う~ん…どうしようかな~
とりあえずパッケージ販売される
「PSvita」版でも買ってみるかな…


何はともあれ
2016年度も「よんぷらblog」をよろしくお願いいたします(*^^*)

  1. 2016/01/01(金) 00:35:49|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0