ゲームコーナーよんぷら♪

元ゲーム戦士の戯言

ビデオゲームメモリアル「ナムコクラシックコレクションvol.1」ナムコ、1995年。


ナムコ往年の名作
「ギャラガ」「ゼビウス」「マッピー」
の、オリジナル版とアレンジ版計6本
(スーパーゼビウスも遊べるので実質7本か?)
が収録されたオムニバス。

当時、ゲーセンで発見し
懐かしかったので「ゼビウスオリジナル」を
遊んでみたところ、難易度が最高に設定されており
(クラシック版ではそれがデフォルト?)
あまりの難しさに苦笑いしてしまったものだ。

ゲーセンでは「ゼビウス」と「ギャラガ」の
オリジナル版を数回遊んだだけで
本格的にプレイしたのは「自宅ゲーセン化計画」
が発動してその時基板を購入してから
(画像参照…手作りのスペハリ筐体モドキが今見ると失笑もの(^^;)


この手のゲームでオリジナル移植はともかく
アレンジ移植は大概気に入らないモノが多く、
「マッピーアレンジ」と「ギャラガアレンジ」も好きではなかったが
「ゼビウスアレンジメント」だけは違った。

雰囲気やグラフィックはオリジナルのイメージを崩さず
サウンドは大幅に進化しテクノ系で纏められ
ステージ毎に違うサウンドをノンストップMIXの様に繋げて流れるのは感動したものだ。

難易度はかなり高かったが
難易度を最低にし、残機5機設定でなんとか1コインクリアできるまではやり込めたし
(シークレット面は無し)


「ゼビウスオリジナル」は
1983年当時と同じ設定にして
1000万点を目指してチャレンジしたが
700万点で睡魔に負けてゲームオーバーに
なったのも苦い思だ。














スポンサーサイト
  1. 2015/09/30(水) 00:06:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「ラッシュ&クラッシュ」カプコン、1986年。

SDキャラが活躍するアクションシューティングゲーム。

SDキャラ…と言っても世界観は
「マッドマックス2」のようで
それっぽい改造車も多数登場する。

ストーリーやBGMも超渋く
のめり込んでプレイしたものだ。

しかし、このゲームをゲーセンで見たことは1度もなく

「ゲーセンで遊べなかったゲームの基板を購入して家で遊ぶブーム」の時に購入して
家で遊んだのだが。

じっくりと腰を据えてプレイ出来た、という点では良かったのかもしれない。

  1. 2015/09/29(火) 00:07:07|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ナムコ キャラクター キーチェーン



一時期、ダイドーのコーヒーに
オールドナムコのキャラクターキーチェーンが付属していた。

ちょっとだけ心惹かれたが、
この手のアイテムは入手しても
大概ゴミになってしまうので見送っていたのだが…

先日、夜中にコンビニに行ったとき
深夜のハイテンションからか思わず購入してしまったのだった。

で、いざ開封してみたのだが、
物自体はプラスチック製で凄く安っぽい。
キーホルダーとしては使いたくないレベル(-_-;)

とりあえず、部屋のコルクボードに
吊り下げてみたが、
キーチェーンの形状がまちまちで
左右のバランスが悪いため、平行バランスがとれないのも気持ち悪い。

絵柄もちょっとセンスが悪いし(特にドルアーガ)
個人的にはタイトルイラストの方がまだ良かったかも…(一般受けは悪いだろうが)

とか、思ったり思わなかったりしたのでした。

まぁあくまでコーヒーのオマケで
割高になってるわけでもなかったし
損した訳では無いのだが…

個人的にコーヒーはブラックしか飲まないのに久々に
微糖のコーヒー飲んだら
甘ったるくて悶えてしまった。

そんな雑記。



  1. 2015/09/28(月) 01:42:08|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ゴーストバスターズ」映画Blu-ray


店頭でBlu-rayを物色していると
「ゴーストバスターズ」の1&2セットが
新品格安で売っていたので購入!

「ゴーストバスターズ」と言えば
中学生の頃、唯一映画館で観た映画なので思い入れも深い!

同級生と観に行ったのだが
超状現象を題材としたSFコメディで
合成を駆使した(当時としては)迫力の映像で大興奮したものだ。

耳に残る、レイパーカーJrが歌う
「ゴーストバスターズ」のテーマソングも
大好きで、レコードも購入したほど!

高校生の頃、レンタルビデオを借りて観て以来の視聴だったのだが、今観ても予想以上に楽しめた♪ヽ(´▽`)/

Blu-rayで観た感想はやはりビデオより格段に映像が綺麗になった印象。

特に映像の合成部分は鮮明になったことで
ヘボくなるのでは?と危惧したが
そこまでは酷くなくひと安心。

ただ、化け物類は作り物感バリバリで
苦笑してしまったが…

コメディ映画なのでそれも有り!?


あと、Blu-rayには
レイパーカーJrの歌う「ゴーストバスターズ」の当時のプロモーションビデオが収録されているのは◎

演出など今見ると相当しょっぱいが(苦笑)








  1. 2015/09/26(土) 21:56:07|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ギター本体へのピックケース取り付け




ギターを弾くために使用するピック

その辺に置いておくと直ぐに紛失してしまうので
個人的にはピックケースをギター本体に張り付けている。

見栄えや使いやすさに応じて
自分が使用しているzo-3ギターは
全て違う場所に取り付けているので紹介。

★画像1枚目
見栄えはボロいけど弾きやすさでは一番の
ピンクのzo-3。

ボディ前面のネックのジョイント上部に貼り付けてある。

ピックの取り出し、収納は一番やり易いが
ボディ前面にピックケースを貼り付けている
為、ギター自体の見映えが悪くなるのが難点。


★画像2枚目

グラフィックフレームのサンバーストで
見栄えが良いzo-3は
ヘッド裏にピックケースを取り付けている。

ピックの出し入れしやすいように
下向きにピックケースを取り付けてあるので
弾いてるときに激しいアクションをすると
ピックが落下してしまう可能性が有り


★画像3枚目

1枚目と2枚目の反省を生かし
ファイヤーパターンのzo-3には
ボディ側面、ストラップ脇にピックケースを取り付け。

使いやすく見栄えも良くなった♪ヽ(´▽`)/

満足!
  1. 2015/09/26(土) 00:07:07|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「テトリス」セガ、1988年。

最早、説明の必要もないほど有名な
アクションパズルゲーム「テトリス」

当時、中毒性有るゲーム性に瞬間的に夢中になるも
反射神経が悪いのか?地頭が悪いのか?
あまり上手くは無く、カンスト達成は出来なかった。

たいがいレベル20位でゲームオーバーになってた感じ。

しかし洗脳性は高く、
ブロック状のモノを見ると、全てテトリスに見える…
と言うのは誰しも経験したのでは?

個人的には東京で暮らしていた時、夜電車で移動中
ビル郡の窓の明かりを見て、隙間があると
ブロックで埋めたくなる衝動に何度も駈られたものだ。

テトリスは様々なメーカー、家庭用機種でも発売されたが
やはり、アーケード版の「セガテトリス」が
一番しっくりくる。

今でも「プレステ2」に移植された
「セガエイジス版」を思い出したようにプレイしているが、相変わらずカンスト前に集中力が途切れてしまう…



  1. 2015/09/25(金) 00:05:08|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ランボー 怒りの脱出」映画Blu-ray


猛烈に「ランボー」が観たくなりBlu-rayを購入!

全体的に地味なイメージがある1作目でなく
バリバリアクション無双2作目の
「ランボー 怒りの脱出」だ。

ランボーシリーズは昔テレビでよく放送されていたので何度も観た記憶があるが…

そうは言っても、最後に観たのは20年以上前。

今観て楽しめるかかなり疑問だったのだが…

観終わった今!
そんな心配は全く無用で物凄く楽しむことができた♪ヽ(´▽`)/

つーかね…改めてランボー…というか
スタローンに震えた!

若さ溢れる肉体美もそうだが、
鬼気迫る表情に痺れまくった!

映像の美しさは今時の映画に比べれば荒いが、
当時の映画ということを考えればかなり鮮明になっているし、

多少荒いが故に、今時のまるで全編CGであるかのような綺麗さが無いので
逆に物凄くリアリティを感じるのだ。

日本語吹き替え音声も欠損ヶ所はなく完璧!
観終わって凄い爽快感を得た!

これは新品で買って正解だった!


あと昔観たときは全く意識していなかったが
ヒロインが「桐谷美玲」に似ていて超美人なのな!これはビックリ!


う~む…これは初代「ランボー」や「ロッキー」も観たくなってきたぞ!
  1. 2015/09/24(木) 00:06:08|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「ディグダグ」ナムコ、1982年。


銛や岩を使って画面内の敵を一掃すればステージクリアとなる固定画面のアクションゲーム。

グラフィック、BGM、ゲーム性全てが
センス良くまとめられている古典的名作!

当時のナムコらしさ爆発のゲームだ。

ゲーセンで遊んだ時は高得点の岩潰しを狙いすぎてミスを連発し全然先に進めなかった苦い記憶しかない。

ファミコンで銛をメインにステージクリア優先で遊ぶことにより、かなり先のステージまで進めるようにはなったが、それだと楽しさが半減する事も知った。


個人的に「ゲーム」と言う単語からはこの辺りの…1980年前後の
独創性溢れる「ビデオゲーム」が真っ先に思い浮かぶ。


ふと目を閉じれば、誰もいないゲーセンで
「ディグダグ」のデモの岩が潰れる音が響いていたのが思いだされる。

今では、夢の彼方より遠い…
朧気な記憶であるが


  1. 2015/09/23(水) 04:34:07|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ターミネーター2特別編」映画Blu-ray


定期的に観たくなる映画の筆頭!
「ターミネーター2」

最初から最後まで寸分の隙もなく楽しめる映画だ!

個人的にDVDは所持しているが、
日本語吹き替えが気に入らなくて…

というのも「ジョンコナー」の吹き替えが「田中 真弓」なので、
もう「ルフィ」や「クリリン」にしか聞こえなくて
全然映画に集中できず、渋々字幕で視聴していたのだ。

しかし、今回新品購入したBlu-ray版は
DVDと異なる日本語吹き替え音声が2種類も収録されていて
吹き替えフリークの自分としては嬉しい限り!

フジテレビ放映版音声は個人的に
「最も違和感の無い吹き替え」で感激!


そしてこのBlu-rayは劇場公開版に
16分もの映像を追加されている特別編。

この手の特別編は大概カットされたシーンを
ただ復活させただけでテンポが悪くなったりすることが多いが
「ターミネーター2特別編」は、見所が多くなり
より深く楽しめるのも◎!!

もう何回見たかわからない映画だが、
改めて見ても、今だドキドキワクワクして観れるのは凄い!!

地獄で会おうぜbaby!(σ*´∀`)
  1. 2015/09/22(火) 04:56:05|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

よんぷらギター動画♪ファンタジーゾーン♪ほぼ全曲メドレー♪




さぁいくぜ!有り金叩いて買った
「ファイヤーパターンzo-3ギター」の性能テストよ!

と、いうことで!

セガの超名作シューティングゲーム!
「ファンタジーゾーン」より!

ほぼ全曲メドレーギターカバー♪

まぁギターを新調しても腕が上がる訳では無いのですが(苦笑)

相変わらずあちこちミスをしています


ただこのファンタジーゾーンメドレーを弾いていると
エンディング曲部分で感極まって涙が出そうになります(^_^;)

う~ん…

ファンタジーゾーン最高♪ヽ(´▽`)/

  1. 2015/09/20(日) 02:48:18|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「闘いの挽歌」カプコン、1986年。

レバーでジャンプ、ボタンで剣と盾を操作する超渋くて格好良い世界観のアクションゲーム。

ゲーセンでは1度も見たことがなかったが
初期のゲームサントラ「カプコンミュージック」で曲だけは何度も聞いたものだ。

実際のゲームプレイは友人からゲーム基板を貸してもらってから。

始めはその独特の操作感にかなり戸惑うも
何度もプレイしているうちに慣れてきて
1周目はノーコンティニューでクリアできる程に。

ただ、2周目ラスボスの「剣王アキレス」は
アクションゲーム史上最強!と言われ
正に鬼のような強さを誇っていた。

確実ではないがある程度の攻略法は確立されていて、それを知っていてすらクリアでなきなかった

たしか99回コンティニューしてもクリアできず攻略を断念した苦々しい記憶だけが残っている。

  1. 2015/09/19(土) 12:54:08|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「アイテムレジェンド」映画Blu-ray


ウイルスにより人類がいなくなったニューヨーク、マンハッタンで愛犬と共にワクチンを開発する科学者の生きざまを描く。

個人的に2014年に視聴した映画で最も印象に残っている作品。

前半の無人の大都会で自由奔放に生きる様は少年の頃の妄想を具現化していると言っても過言ではない。

緻密に描かれた荒廃した街並みは
Blu-rayで観てこそ、その空気感を味わえると言うものだ。

中盤からはホラー風になってしまうが、
久々に見てもかなり緊張する事が出来た。

ただ、一部設定…というか展開がお粗末なのは相変わらずで残念な気持ちになってしまうが…

エンディングには賛否両論あったようで
その為、エンディングが2種類存在するが
個人的には劇場公開版の方がスッキリしていて好き。

ただ、劇場版エンディングだと中盤の出来事との整合性が取れなくなり、伏線を回収できなくなるし、

オリジナル版のエンディングたと
整合性はとれるが、物凄くご都合主義な
展開になってしまうのがなんともかんとも…。

まぁあまり深く考えずに雰囲気を楽しむ映画だと割り切ればかなり楽しめるが。


この映画に心引かれる理由として
高校生の頃、夢中で読んでいた漫画と
似たドキドキ感を味わえるというのもある。

その漫画とは「アニメージュ」で連載されていた
「D」という作品。

ちょっと調べてみたら1話だけ無料で公開されていた↓
http://renta.papy.co.jp/renta/sc/frm/item/8882/

おぉ!懐かしい!
舞台や主人公は違えど設定が似ている部分も多々ある。

久々に全部読んでみたくなった!










  1. 2015/09/18(金) 04:27:04|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「エンデューロレーサー」セガ、1986年。

「ハングオン」「スペースハリアー」に続く
セガ体感ゲーム第三段。

オフロードレースを題材としたバイクゲーム。

ハングオンと違い、ウイリーするために
筐体を後ろへ引き上げる動作をする事となる。

力任せにウイリーを繰り返していると
筐体自体が徐々に後ろへ下がっていき
行き付けのゲーセン「サンプラ」では
数メートル後方へ筐体が移動している事もあった(笑)

ゲーム自体は、ただ漠然とプレイすると
とても難しく、全然先に進めなかった為、
早々に挫折してしまった。

後に、カウンターステアやカウンタージャンプなる細かい業が充実している事を知るが
最早ゲーセンで「エンデューロレーサー」が
置いてある所はなかった。


家庭用には
「セガマーク3」に移植されているが
ゲーム性が全く異なっていて
「エキサイトバイク」のようになってしまっている。

これはこれで楽しく、クリアするまでやり込んだが
やはりアーケード版を遊びたおしたかった!

地味すぎるゲームなだけに完全移植は存在しないし、
これからの移植も絶望的。

サントラでBGMを聴くのだけが拠り所だ(苦笑)

  1. 2015/09/17(木) 00:07:08|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「古畑任三郎」テレビドラマDVD


テレビドラマ「デスノート」が終ってしまい
一抹の寂しさを感じている今日この頃。

ふと、近所のホームセンターで
昔好きだった刑事ドラマ
「古畑任三郎」のDVDセットが売っていたので購入!

最近はこの手の「レンタル落ちDVDのリサイクル品」が
格安で売っていたりするので
ホームセンターも侮れない。

(この「古畑任三郎」3rdシーズン全巻セットも
1500円だった)

刑事…推理ドラマ…なのだが
最初に犯人の犯行の一部始終を見せて、
その後、どんな推理で刑事「古畑任三郎」が
犯人を追い詰めていくのか?
を楽しむスタイル。

どんどん犯人を追い詰めて、
最後に自供させる時のカタルシスは
今見ても最高に気持ち良い!!

毎回、犯人役に大物俳優を起用しているのも
ゴージャス感があって◎!

昔、好きで見ていた…
と言っても、見逃していた回も結構あるので
新鮮に楽しめるのもイイね(*´∀`)♪

仕事を終えて帰ってきて
ツマミを食べながら酒を飲みつつ見るのにうってつけだ。





  1. 2015/09/16(水) 00:05:09|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「アルカノイド」タイトー、1986年。

大ヒットしたブロック崩しゲーム。

当時はどこのゲーセンにも置いてあって
独特の金属音を響かせていたものだ。

自分も大好きだったのだが、
とにかく下手くそで一瞬でゲームオーバーになってしまうので
好きだけれど(金銭的に)出来ないもどかしいゲームでもあった。

しょうがないので
セガマーク3のブロック崩しゲーム
「ウッディポップ」を黙々と遊んでいた記憶がある。

今にして思えば、5000円も出して
家庭用ゲームを買うなら、
そのお金でゲーセンで思いっきり楽しめた気もするが…

どちらかというと
ゲームは家でお金を気にしないで
思う存分遊びたい派だったのを今思い出した(^^;

でもクオリティが高いゲームを遊ぶには
ゲーセンに行かなければならないというジレンマ…

そんな思いも今は昔。





  1. 2015/09/15(火) 00:07:07|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「シャーロックホームズ」「シャーロックホームズ シャドウゲーム」映画Blu-ray


シャーロックホームズ…と、言えば
推理探偵ストーリーのイメージがあり、
個人的にはあまり好きではないジャンルだった。

が、主演の「ロバートダウニーJr」が好きで
「シャーロックホームズ」2作品ダブルパックが安く売っていたので購入。

観てみたら、推理探偵…をベースとしつつも
アクションシーンが満載で超楽しめた♪ヽ(´▽`)/

作り込まれた
1890年のロンドンの街並み…空気感も素晴らしく
Blu-rayで視聴する価値のあった作品だった!

そして「ロバートダウニーJr」…
「アイアンマン」でもそうだったが
「天才だが変人」を演じさせたらピカイチ!

ますます好きになった。

時間を置いてまた観たい作品だ!
  1. 2015/09/14(月) 09:46:08|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「マッピー」ナムコ、1983年。





ナムコ初期の名作アクションゲーム。

トランポリンを使った独特のゲーム性、
可愛いキャラクター、ノリノリのBGM等、
ファンも多い。

しかし、自分はこのゲームがすこぶる苦手で
ファミコン版でも全然先に進めなかった。

アーケード版はナムコの直営店のオールドゲームコーナーで2回ほど遊んだだけだが
グラフィックもBGMも演出も全てファミコン版より格上で感動したのを覚えている。

そんな「マッピー」の思い出といえば
ゲームミュージック最初期の名盤
「ビデオゲームミュージック」に収録されていたBGMにつきる。

当時は、小遣いも少なく、
思う存分にビデオゲームを遊べなかったので
とにかく、この「ビデオゲームミュージック」を聴きまくった!

そして中学生の時行っていた床屋は散髪中に
自分の好きなカセットテープをかけてくれたので、
レコードからダビングした「ビデオゲームミュージック」を
持っていって店で流してもらいつつ散髪した思い出(苦笑)

勿論、店員には物凄く怪訝な顔をされたが…

今にして思えば、どんだけゲーム好きやねん…って感じだ(^^;


あれから30数年が過ぎたが、
未だにBGMは大好きで、
よくギターで弾いている。

  1. 2015/09/12(土) 17:20:23|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

宮城県に大雨特別警報



近隣地区に次々に避難指示が発令中!

緊急速報メールがひっきりなしに鳴り続ける…

「よんぷら」…又水没してしまうのん?

うわ~~( ノД`)…


そうか…これはきっと気のせいだ
電気消して寝よう…

 _____
 | (^p^)ノ | < おやすみー
 |\⌒⌒⌒ \
  \|⌒⌒⌒⌒|

  1. 2015/09/11(金) 07:02:08|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「魔界村」カプコン、1985年。


高い難易度を誇るアクションゲーム。

おどろおどろしい世界観とキャラクター達なのに
センス良くコミカル化されたグラフィックが
素敵過ぎる。

そして独特のキラキラしたBGMも雰囲気を盛り上げてくれる。

ゲーセンで数度プレイしたが難しく苦戦。

そうこうしているうちにファミコンに移植される…ということで、ゲーセンでのプレイを止め、
初期のゲームサントラ「カプコンミュージック」を聴いてテンションを上げていた。

そして、ファミコン版「魔界村」発売!
いち早く入手した友人がいて、プレイさせてもらったら
あまりのへっぽこ移植具合に愕然( ノД`)…

グラフィック、BGM、ゲーム性、全てが劣化していて、
「焦ってファミコン版を買わなくて良かった!!」
と、心から思ったものだ。

しばらくして、雑誌(何の雑誌だったか忘れた)を見ていたら、
「14インチテーブル筐体に組み込まれた魔界村」が
「25,000円」で売っているのを発見!

物凄く心引かれる。

ゲームセンターで稼働してあるゲーム機を入手すれば
自室に置いて、フリープレイで死ぬほどプレイできる…

しかも、高難易度でやり応えある「魔界村」…
絶対元は取れるはず…と。


しかし、当時まだ中学生。
25,000円は大金。小遣い半年分以上。

それでも物欲が勝って
交遊費、洋服代、お年玉、諸々無理矢理集めて節制したあげく、
ついに「テーブル筐体ごとアーケード版魔界村」
を購入したのでした!

(親には「テーブルを買ったんだ!」と、言い張ったが
どう考えても苦しい言い訳だよな(^^;)

テーブル筐体が届いた時は物凄く興奮しましたが
いざ届いてみると思ったほど熱中出来ずアレ?と、思ったものです。

買うまでに情熱を使いすぎて燃え尽きてしまったからか…真意は定かではありませんが…

ただ、夜中に「魔界村」を遊んでいて、
ゲームオーバーになり、2位以下のBGMが流れたときは、その穏やかな音色に聞き入ってトリップしそうになったのは
今でも記憶に残っています。


その後、たいしてやり込む事なく「魔界村」の基板は処分してしまいましたが…

プレステの「カプコンジェネレーション2」に
移植された際にやっと本格的にやり込んで、
2周クリア出来るようになったのでした。

高難易度…と言われますが、コツを掴めば
安定する場面も多く、とてもバランスがとれた良ゲームである事を確認しました。

ただ難しいだけではない所が「魔界村」が名作と呼ばれる由縁だと思います。


もうひとつ、当時カプコンでは
ポスターやカタログ等、アーケードゲームグッズを通信販売していて
仲間内でまとめて購入することに。

自分も「魔界村」のポスターを(500円で)購入したのですが、
何を思ったか「海外版魔界村」の
ポスターを注文してしまったのでした。

今にして思えば
どう考えても日本版のポスターの方がお洒落で格好良いのに…(画像は海外版)

たぶんちょっと変わり種が欲しい年頃だったのでしょう。





  1. 2015/09/11(金) 00:13:05|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「アルゴスの戦士」テクモ、1986年。

でんででんででで♪でんででんででで♪
というBGMが印象的なアクションゲーム。

2~3度プレイしたが肌に合わなかったので
やり込む事は無かった。

ヨーヨー振り回している主人公が格好良く見えなかったし
敵キャラもなんか気持ち悪いのが多かったし(苦笑)

ただゲームサークル内では人気で
常に誰かしらプレイしているほどだった。

その都度流れる
「でんででんででで♪でんででんででで♪」

軽く洗脳されそうだった(^^;)
  1. 2015/09/10(木) 00:06:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「エリア88」カプコン、1989年。


「新谷かおる」の原作漫画「エリア88」のゲーム化。

非常にバランスの良い横スクロールシューティングゲームで
難易度もそれほど高くなく人気を泊した。

ゲームを初めてプレイした時は原作を知らなくて
ゲームサークルの友人宅でアニメOVA版「エリア88」を見てその格好良さに痺れまくる!

その後、原作漫画版を古本屋で全巻購入し更に熱中。

原作を知ってからゲームをプレイすると感情移入度も桁違いに上がって、より楽しむことが出来た。

原作では悲劇的なエンディングを迎えるが、
ゲーム版ではハッピーエンドで終わるのも
最高に良かった!


「何か見えるかい?」
「あぁ…蜃気楼だけさ…」
等、良くアニメの名台詞?を友人と呟きながらゲームをプレイしていた事を懐かしく思い出す。

又、自販機でジュースを買う時、アニメ版「ミッキー」の(人差し指で弾くようにコインを入れる)真似をしてみたり…

端から見ればキモいだけだったろうが…(^^;
まぁ良い思い出だよな(苦笑)


その後、成人し「某ゲーム雑誌社」で働いていたときに、スーパーファミコンに「エリア88」が移植される…との報が入ってきた。

我先に記事の担当にさせてもらった(画像)
のは良かったが、見た目こそアーケード版と似た感じだったが
プレイ感覚はかなり異なり、
連射による力押しの攻略が出来ないように
改変されていた。

これにより爽快感がガタ落ち…

変わりに搭乗できる戦闘機の種類が増え
ステージセレクト等、家庭用向けの
アレンジがなされた。

爽快感は失われたが
戦略性が増えたので、アーケード版とは
また違った楽しみかたはできたが…

本音を言えばアーケードの完全移植が良かった
(現在まで家庭用への完全移植版は存在しない)


そして、思い入れがあるのは
アーケード版のBGM「サウンドトラック」

音色的にFM音源独特のゲームっぽいサウンドだが
曲調がアメリカンロックでどこか切ない
「エリア88」の世界を良く再現していてこれも最高に好きだった。

雑誌社で締切間近の深夜にこの「エリア88」のサントラを聞いて地味にテンションを上げていた事を思い出す。

都会で孤独に働く自分を
同じく孤独に戦い続ける「エリア88」の主人公
「風間真」に投影しながら(遠い目…(-.-)y- ̄)


  1. 2015/09/09(水) 00:06:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「イシターの復活」ナムコ、1986年。

名作「ドルアーガの塔」の続編で
よりRPG要素が強くなったアクションゲーム。

主人公は前作のヒロイン「カイ」だが
今回はレバーを2本使って「カイ」と前作主人公「ギル」の双方を操作する場面も。

初めて見たのは近所の釣り堀内のゲームコーナー。

ドルアーガよりも複雑になったゲーム性に
「これはゲーセンでプレイするタイプのゲームではない!」
と、悟り、ゲーセンでは1度もプレイした事は無かった。

ただ友人がよくプレイしていたので
「ギル」だけを操作させてもらったりはしていたが。


マトモにプレイしたのは
プレステのナムコミュージアム4に移植されてから。

元々、1コインクリアは不可能なゲームなだけに、コンティニューを使いまくって、地味にクリアした。

それでも相当苦労したが…
やはりゲーセンでプレイしなくて良かった…
と改めて思ったものだった。


そして、イシターの復活…と言えば
そのアーケード版ポスターがとても魅力的で
ベッドの上に永らく貼っていた。

ドルアーガの塔のポスターも凄くお洒落だったが
可愛く…そして格好良く描かれた「ギルとカイ」そして美しいイシターに惚れ惚れしたものだ。

  1. 2015/09/08(火) 00:06:03|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

zo-3ギター(4本目)「ファイヤーパターン」購入!



4本目の「zo-3ギター」を購入!

オークションに出る度、
「格好良いなぁ~」と思っていた
「ファイヤーパターン柄のzo-3」

しかし、既に3本のzo-3を持っているのに
4本目を買うのはなぁ~

と、今までは躊躇していた。

が、現在一番練習で手にする事が多い
「ピンクのzo-3」がちょっとボロボロで
見た目が気に入らなくなってきた(という理由をつけて(^^;)
買い換える事に。

問題は今まで数台のzo-3を手にしてきたが
同じ形状をしていても、音色や弾きやすさが
全然違う事。

オークションで買う場合は実際手に取れないので状態が全くわからない不安がある。

ただいつまで悩んでいてもらちがあかないので
意を決して入札した。

諸費用全て込みで「15,000円」なり。

しかし実際に商品が届いてみたら
予想以上に綺麗でほとんど「新品」と言っても
過言ではないほど状態が良い個体だった。

問題の音色と弾きやすさも抜群に良く
弦高を限界まで下げてもビビらない!

更にデッドポイントも無く
オクターブチューニングもバッチリ合っていて素晴らしい!

出品者が楽器専門店だったのが功を奏したのか…

状態がとても良いのが確認できたので
早速弦を「エリクサー」に換え
ピンクzo-3に取り付けていた
「ディストーションユニット」を
「ファイヤーパターンzo-3」に移植した。

結果…最も弾きやすく、
内蔵アンプの音色も素晴らしい「zo-3」が爆誕した♪ヽ(´▽`)/

これで又、練習にも熱が入るというものだ!

う~む…
ちょっと中二っぽいかな?
とも思ったファイヤーパターンも
マジマジと見ると超格好良い!!

音色も大事だけどやっばり見た目も重要よね(*´∀`)♪

良い買い物をした♪


  1. 2015/09/07(月) 02:44:08|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Google検索結果その1


たまにGoogleで検索していると
自分の撮った画像がトップ付近にきていて
驚く事があります。

そんな画像を紹介するコーナー

第一回は
「ゲーム プレイ環境」

で画像検索した結果…
昔の我が家のXbox360のプレイ環境がトップでヒット(^^;

画像をみると
かなりスッキリしていて良い感じですね~
ちょっとお洒落?っぽいですし。

実際に物凄くプレイしやすかったです。

一時期「自宅ゲーセン化」と唱って
本物のアーケード筐体を自室に入れて遊んでたりもしましたが…

遊び易さだけ考えたら画像の環境の方が
良かったりするのは公然の秘密です(苦笑)

妙なプライド(こだわり)さえ棄てれば…


しかし、「ゲーム プレイ環境」で
画像検索すると、様々な人の
様々な拘りのゲーム環境を見ることができて
とても新鮮!

いや~Googleって素晴らしいですね(今更(^^;)
  1. 2015/09/06(日) 12:04:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「アサルト」ナムコ、1988年。

ツインレバーを使用したアクションシューティングゲーム。

それまでの戦車ゲームと違うのは
移動方向に自機が方向転換するのではなく、
自機は固定で画面の方が移動方向に合わせて回転する事。

又、特定の地点でジャンプ攻撃が可能で
ジャンプ中、遠景まで見渡せ空中から爆撃できるのは爽快だった。

それ以外ゲーム自体は特に華も無く、地味な展開で進むが、ステージも広く先へ先へ進む感じが好きだった。

ゲーセンでも幾度かプレイしたが、
本格的にやり込んだのは、就職して上京し
アーケード基板(と、いうかロムキット)を購入してから。

1991年頃だったか、まだまだナムコのシステム2基板は高額だったが
ロムキットだけなら安く、
この「アサルト」も純正のツインレバーと
ロムキット、インスト全純正て15000円で購入出来た。

アサルトを入手出来た時は嬉しくて
有給休暇をとって仕事を休み、夢中で遊んだものだ(←どんだけ)

その後、アサルトは売却してしまったが
1996年、プレイステーションのナムコミュージアム4にまさかのアサルト収録!

ほとんどアーケード版と変わらない完全移植に加え
バージョンアップ版の「アサルトプラス」も収録されている豪華っぷり!

操作系をアーケード版に近付けるように
「セガサターンのバーチャロンスティック」を
プレステで使えるように改造。

こちらも思いっきり楽しませてもらった。

ゲームは地味…と先に書いたが
エンディングは超盛り上がるBGMのおかげで
達成感が半端ない!

無印「アサルト」はクリアまで長いだけに
より達成感を感じられたものだ。


  1. 2015/09/06(日) 05:37:03|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

よんぷらギター動画♪MSXグラディウス2より1面BGM♪




大好きなMSX版「グラディウス2」より1面BGMの
ギターカバー。

高校生の頃、友人から数千円で譲ってもらった1スロットのMSXパソコン

更に別の友人から借り受けた
「MSX版グラディウス2」

週末にこの「グラ2」を遊べるのが
嬉しくて嬉しくて…

そして、実際プレイして
楽しくて楽しくて…

ファミコンやアーケード版のグラディウスシリーズには無い
ストーリー性が溢れているのも
「MSX版グラディウス2」の魅力でした。

今まで、多くの家庭用ゲーム、ビデオゲームをクリアしてきましたが

この「グラディウス2」は
エンディングで感動したゲームの
ベスト3に入るほど!

思い入れ深いゲームです(*^^*)

  1. 2015/09/05(土) 03:43:19|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ロボコップ コンプリート コレクション」映画Blu-ray


「ロボコップ」も大好きな映画なので
Blu-ray版が欲しいな~と思っていたところ

旧映画版3作品と、リメイク版ロボコップ
計4作品が収録されたBlu-rayボックス
「ロボコップ コンプリート コレクション」
を店頭で発見!

しかも、特価で新品4000円とお買い得だったので
迷わず即買い♪ヽ(´▽`)/

とりあえず、旧1作目「初代ロボコップ」を視聴!

う~ん…やっぱり何度見ても楽しいな!
しかし、Blu-rayで画質が良くなっただけに
場面によっては相当グロい( ノД`)…

こんなに生々しかったっけ?


そして次に全く期待していなかった
2014年度「リメイク版ロボコップ」を視聴!

「ロボコップ」…として観ると微妙だが
アクション映画としてみると普通に面白かった♪ヽ(´▽`)/

まぁちょっと理不尽な部分が多かったりするけれど…(細かい部分の設定が雑だったり)


そこそこ満足したその流れで
旧作「ロボコップ2」も連続視聴。

「リメイクロボコップ」を見た後だと
世界観の古臭さと、映像の汚さに一瞬戸惑うが
見始めて数分…バイオレンスな世界観と
重厚感溢れる旧ロボコップに痺れまくる!

そして、哀愁漂う、その出で立ちに震える(>_<)

これだよ!これ!
やっぱ旧作は別格だな!!

と、何だかんだで超楽しめた
「ロボコップ コンプリート コレクション」!

正に永久保存版だ(*^ー^)ノ♪


  1. 2015/09/04(金) 06:12:03|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「忍者くん 阿修羅の章」UPL、1987年。

2頭身キャラの忍者くんが活躍するアクションゲーム。

「忍者くん魔城の冒険」の続編。

前作がシンプルでステージ数も少なく単調なゲームだったが
今回はステージ数や使用武器が大幅に増え、ステージも桁違いに広くなった。

また、ダルマや骸、魚等、デカキャラも増え
インパクトもあった。

ステージクリアの条件が敵を全滅させる…だけから
出口を目指すステージが増えたのも新鮮だった。


そんなこんなで
物凄い奥深さを感じて心引かれたのだが、
行き付けのゲーセンにはほとんど無かったのでマトモにプレイする事は出来なかった。

高校近くの駄菓子屋で数度プレイしたが
高校生が駄菓子屋の30円オレンジ筐体で
遊ぶのはかなり居心地が悪く、
たまたま子供たちが居ないときだけコッソリ遊んだ感じなので
ジックリプレイ出来なかったのだ。

その後「忍者くん 阿修羅の章」を見ることはなくなり今に至るわけだが
こうして考えると、やはりビデオゲームは環境…というか
タイミングなんだなぁ…と改めて思う。

誰でも買える家庭用ゲームと違い、
アーケードゲームは正に運頼み。

行き付けのゲーセンに好みのゲームが
入るかどうか…
やり込める環境か?
値段や難易度は適正か…

等々

まぁそんな感傷も今は昔だが。



  1. 2015/09/03(木) 05:17:04|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「マッドマックス2」映画Blu-ray


もはや説明の必要も無い?
世紀末的アクション映画!

個人的にも大好きな映画だ。

ひとえに子供の頃、父親にヘビーローテーションで見せられた影響なのだが、
今にして思えば「どんな親だよ!!(苦笑)」

お陰でこんな偏屈な人間に育ちましたよえぇ!

文句のひとつも言ってやりたいところだが
すでに冥土へ行ってしまっているので
文句も言えない。

「せっかくマッドマックスの新作が出たのに一緒に観れないじゃないか( ノД`)」


まぁそれはともかく
「マッドマックス2」
DVDは所持していて、それは日本語吹き替えが未収録なのだが
元々台詞が少ない映画なので特に問題視はしていなかった。

が、やはり吹き替えがあると映像に集中できて良いな。

映像も古いなりに現在観れる最高レベルの
「マッドマックス2」を堪能できるのでそこそこ満足。

広大な景色と派手なアクションは一級品だし!
CGを一切使用していない当時の作品だけに
ちょっとした危険な場面でも本当にハラハラして手に汗握って観てしまう。

今時のアクション映画は
どんなに危険な場面でも
「どうせCG使って出演者は安全に撮ってるんでしょ(-.-)y- ̄」

と、達観して見てしまうからなぁ…
良くも悪くも。

なにはともあれ
このBlu-ray版「マッドマックス」も永久保存決定♪ヽ(´▽`)/







  1. 2015/09/02(水) 09:13:03|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

ビデオゲームメモリアル「達人」タイトー、1988年。

SF風味の縦スクロールシューティングゲーム。

「ふざけた名前のゲームだな…」と言うのがゲーセンで見たときの第一印象。

見た目も派手で難しそうにも見えた。

試しに1プレイしてみるも瞬殺(-_-;)
手に負えないゲームとしてそれ以降コインを投入する事は無かった。

しかし、仲間のシューターには受けが良く、
楽しそうに盛り上がってプレイしているのを羨ましく見守るだけだった。

マトモにプレイしたのは2008年頃、
自宅にゲーセンのゲーム機等を設置し
「自宅ゲーセン計画」を実行していた時。

ホームページで公開していた「ゲーセン化計画」を見た方から
「達人」の基板をプレゼントして頂いたのが
きっかけでした。

当時は難しいだけだと思っていましたが
連射装置を使用することで安定したプレイが可能になり、
1000万点プレイヤーの友人の指導もあって
その時初めて「達人」の面白さに目覚めたのでした。

派手な攻撃やノリノリのBGM…
そして武器チェンジの攻略性が
凄く楽しくて大好きなゲームのひとつになりました。

そんなゲームも東日本大震災で
水没し破棄してしまいましたが…

又「達人」遊びてぇなぁ~(-.-)y-゜゜゜


そういえば当時、仲間内では親しみを込めて?「達人」を「たつひと」等と呼んでいたが、

今ちょっと調べたらパイロットの名前は「達夫(たつお)」らしい。

これホント?

まぁ、昔のゲームの設定なんて
ふざけ半分で適当なのが多いんだけど(*^^*)
  1. 2015/09/01(火) 03:43:05|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0