ゲームコーナーよんぷら♪

元ゲーム戦士の戯言

ビデオゲームメモリアル「TANK」 SNK、1985年。

ループレバーという特殊な操作系を用いた
自機が戦車のアクションシューティングゲーム。

ループレバー使用する事で、進行方向とは逆方向に攻撃できるのがウリだが
慣れが必要なためそれほど直感的には操作できなかった記憶がある。

このループレバーを使ったシステムは後の「怒」で開花する事になるのだが。


それよりも、スタート時のBGMが勇ましく
低音が効いていて迫力があり、
しかも、デモンストレーション画面でも
永遠と流れていたので洗脳されそうだった思い出が強い(苦笑)


  1. 2015/07/09(木) 02:37:03|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

よんぷらギター動画「ファンタジーゾーンよりラスボスYA・DA・YO(ボーカル有)」♪



「ファンタジーゾーン」より「ラスボスYA・DA・YO」のギターカバー。

しかも、まさかのボーカル有りバージョン(苦笑)

いつものように1ループ目でバッキングパートを、
2ループ目でメロディを弾き、3ループ目で歌ってみました。

が!この手のネタで恥ずかしさを捨てきれないのは
下手くそなのよりカッコ悪いのですが…正にそんな感じになってしまっています(苦笑)

まぁ、深夜だったのであまり絶叫できない…と、いうのもありますが
言い訳臭いですね(-_-;)



  1. 2015/07/08(水) 03:41:39|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

テレビドラマ版「デスノート」



テレビドラマ版「デスノート」を見た。

特になんの気無しに見たのだが
想像していたよりは遥かに楽しめた。
(原作との違い含め)

2~3気になる点はあるが…
まず「弥海砂」可愛くない(苦笑)
と、いうか、あまりにイメージが合わない
(ヤンデレな雰囲気が感じられない)

後は…あれ?特にないかも(^^;

キャラ設定が原作と異なる為、
この後の展開が読めないのでちょっと楽しみ!

次回もタイミングが合ったら見てみよう!
(録画してまでは見る気無し)


そして画像は家にある「デスノートのレプリカ」
震災で色々失われたが、こんなものばかり残りやがって(苦笑)

折角なので
「家計簿」
「ギターでコピーが完了したコード表」
「ゲームのハイスコア等の記録記入」

等にフル活用しているが

流石にレプリカといっても
人の名前を記入する「住所録」に使うのは
いい気分がしないので自重しているが。











  1. 2015/07/07(火) 04:06:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「スーパーセビウス」アルバム



中学生の頃、最も多く聞いたアルバムは

アウトラン…スペースハリアーが収録された
「セガ ゲームミュージックvol1」

次に多く聞いたのがナムコ初期の名作を集めた
「ビデオゲームミュージック」

そして次に聞いたのが、今回CDで再購入した
「スーパーセビウス」だ。

これは3曲しか収録されておらず、
シングルCD的なものでアルバムではないが…

この「スーパーセビウス」
よく聞いた…と、言っても
音源的には自分の好みではなく
原曲好きの自分にとって、特にメインのゼビウスの
ディスコ風のアレンジ?は好きになれなかった。

主に聴いたのはB面のギャプラスで
こちらもアレンジされているが
後半の切ない感じがそこそこ好きだった。

まぁギャプラス大好きだったし。

最後のはドルアーガの塔のエンディング曲の
オーケストラ風アレンジ。

曲としては短いがいかにも締!な感じ。


トータルであまり気に入っていない…とはいえ
時間が経つと懐かしさが込み上げてきて再び聞いてみたくなった。

しかし、以前レコードは処分してしまっていたのでCD版を購入。

当時はレコードしかなく
かさばったものだが、CDだとコンパクトで良いな。

ただ、この「スーパーセビウス」のジャケットの格好良さはLPレコード大の大きさでこそ
真価を発揮するような気もするが…

あと、背表紙のゼビウスの敵キャラの連続写真が超お洒落!!

たまんねー!

曲の方も久しぶりに聴いたが
良い悪いは別にして懐かしくて死ねる(苦笑)

昔持ってたレコードでは
特定の場所で必ず音跳びしてしまい、それがデフォルトだったので
音跳びしない完全バージョンを初めて聴いたが逆に違和感(^^;

そして新鮮。


懐かしさついでに
「ビデオゲームミュージック」も
聴きたくなったのだが、
こちらのCD版は高騰していて気軽に買える値段ではない。

LPレコード版は安いが
今更レコードプレイヤーごと買うのもな~

う~ん。



  1. 2015/07/06(月) 03:02:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「ローリングサンダー」ナムコ、1986年

ナムコ、1986年。

007をモチーフとした横スクロールのアクションゲーム。

近所の釣り堀内のゲームコーナーに2プレイ100円で置いてあり、
その渋い世界観に惚れ込み、中学生時代に熱中して遊んだ思い入れ深いゲームだ。

主人公アルバトロスは、ステージ中「弾丸アイテム」を補充しつつ進んでいくわけだが、
通常1度しか補充できない「弾丸アイテム」を画面を進めてから又戻る事で再度補充できる裏技が存在した為、
時間一杯まで弾を補充してから進むのが定石だった。

しかし、その裏技を使っても最高記録は2周目の2面止まりで、ゲーセンでエンディングを見ることは叶わなかった。

その二十数年後、ステージセレクトを搭載した
PSPのナムコミュージアム版をヤリ込み念願のエンディングを見ることが出来たのだった(感無量)!


※相変わらずメールを使用したblog更新が出来ない状態。
うーむ…問い合わせるのメンドクセー(>_<)

いや、どうせ自分の場合は基本
休日にまとめてblog記事を書いておいて
日々分けて送信しているだけなので
週末にまとめて1週間分更新すればいいのだが
それだと何となく味気無いというか…

ほんの些細な事でも日々ちょっとした楽しみがあった方が
良いような気がしたりするのでした。

日々更新する楽しみとか。
見る方にしても。

それがほんの数分の暇潰しであったとしても。



  1. 2015/07/05(日) 17:21:13|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

よんぷらギター動画「イエローマジックオーケストラよりRYDEEN」♪



「イエローマジックオーケストラ」より「ライディーン」のギターカバー。

「YMO」…と言えば中学生の頃、流行った
テクノミュージック系のバンド。

夏休みの午後、「YMO」の曲を永遠と流しながら
ファミコン「チャンピオンシップロードランナー」を
黙々とプレイしていたのを思い出す。

懐かしいな~あの頃は(遠い目)

そんな超思い入れあるYMOの中で最も好きなのが
「ライディーン」

メロディの独特の弾きまわしをコピーするのが難しい(>_<)
まだまだ改善の余地がある。

そして、今回初のパーカッションにも挑戦(3ループ目)

ギターを叩いてノイズをピックアップに拾わせ
原曲の「馬が走ってるようなリズム」を真似てみたが…

後、ルーパーのボリュームをもっと上げてもいいかも?
全体のバランスが…

難しいけれど弾いていてとても楽しい曲♪ヽ(´▽`)/
前半のメロディラインと後半のベースラインの緩急も素敵!


※話は変わるが、やはりメールを使用したblog更新が出来ない
なので↓前回、前々回のblog記事は手打ちで更新してみました。
メンドクセー(>_<)

なんかアップした画像の大きさも変だし…
う~む…どうしたものか…


  1. 2015/07/04(土) 14:24:14|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「週間ハングオン筐体を作る」その3



カウル部分を仮組みハンドル部分とステップを取り付け。

この状態で「艶出しクリア」を塗装した後、
再びバラしてカウル部分を本組みする。

が、最近は梅雨に突入したらしく
天気の悪い日が続いていて塗装出来ない…

湿気が多い時にクリア塗装をすると白化してしまうからだ。

なので天気が良くなるまで気長に待つ(苦笑)



  1. 2015/07/04(土) 03:23:11|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「サンダークロス」コナミ、1988年。

名作「グラディウスII」に続くコナミの横スクロールシューティングゲーム
と、言うことで多いに期待したが
実際遊んでみると、とても大雑把で期待はずれだった。

具体的に、自機がフルパワーアップの状態が強過ぎて、
よほど気を抜かない限りミスしないし、
ほとんどのボスを瞬殺できるほど強力。

逆にパワーアップアイテムが少ない場所で
ミスしてしまうとあっという間にゲームオーバーになることもあり、復活の楽しさは皆無という大味さ。

横スクロールシューティングゲームが得意な人なら
「最終面でツインレーザーにする」事さえ知っていれば
初プレイ、初クリアも可能なほど。

「グラディウスII」を夢中でプレイしていた自分には物足りないゲームだった。

ただ、BGMは素晴らしく、ノリが良かったり、
格好良かったり、情緒があったりと、
バラエティに翔んでいて、サントラは擦りきれるほど聞いた。

あと、思い出…といえば
「ラスボスが超絶に格好悪い」事(苦笑)

見た目も動きも、まるでオモチャのロボットのようで、物凄くやるせない気持ちになったのを覚えている。


  1. 2015/07/04(土) 03:15:20|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

よんぷらギター動画「ファミコン、スペランカー(テイク2)♪」



うぉ!何故か通常のblog記事をアップしても反映されない…

とりあえずギター動画でお茶を濁す!
(動画を貼り付ける時だけアップロードの方法が異なるので、この記事はアップされる…はず)

先日、TC Electronic Ditto Looperを購入してから
自分の中でのギター熱が約8倍にUP↑↑

今までは既存の曲に合わせてメロディラインを弾くだけだったが
TC Electronic Ditto Looperのお陰でリズム…バッキングパートも自分で弾き
それに合わせてメロディも弾く…ひとり疑似セッションが
大ブーム!

つーか、リアルにバンドと組んだら凄く楽しいんだろうなー…
とは思いつつも、実際バンド組むとか、よっぽど余裕がないと無理なわけで
そこに持っていく熱量が無い…というかメンドクセー(苦笑)

そんなわけで、気楽にセッション気分を味わえるこの感覚は
自分の中で新たなギターとの付き合いかたを開拓したといえる。

で再び「スペランカー」

曲が短く簡単ということで
ルーパーを買っ直後にテストで弾いて動画をUPしたのだが

今回はちょっとパワーアップ、
バッキングパート、メロディライン、
それに勝手なソロをミックスした三重奏!

おぉ!セッションっぽい!

アドリブの基本…と言われる「ペンタトニックスケール」
をそれっぽくなぞっただけで、特に早弾きしなくてもこの心地好さ!

ヤバい!楽し過ぎる!

(深夜にノリノリでスペランカーを弾いてるオッサンというのも客観的にみたら怪しいが
それはそれ)











  1. 2015/07/03(金) 09:45:08|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

よんぷらギター動画♪「ファンタジーゾーン3面SAARI」Looper使用。



ファンタジーゾーンより、3面SAARIのBGMをLooper使用で弾きました。

この曲は個人的に最も思い入れのある曲。

2010年頃、色々な趣味をやり尽くした感があり、
日々虚しさを感じていた自分。

ただ、物を集めたり…映画やゲームをしたり…
そういう受動的な…消費し尽くすだけの趣味ではなく
もっと能動的な何かを求めていた時に

Youtubeで「スペースハリアー」「アフターバーナー」
「ファンタジーゾーン」「グラディウス」等の
ゲームミュージックを超格好良くギターで弾く
「yuta1785」さんの動画を見て痺れるほど感動し、コレだ!!

と開眼し、本格的にエレキギターを練習し始めたのでした。

この「ファンタジーゾーン3面」の曲もモロ「yuta」さんの影響。
元々ゲームの方の曲も好きでしたが、彼のギター演奏を聴き、
その曲の良さに改めて気付いたのでした。

今回アップした動画を改めて自己評価すると
やはり初期から練習しているだけあって前回までの動画と案程度が違う気がします。
(それでもちょっとミスしてますが(>_<))

そしてやはりファンタジーゾーンの曲は
歪ませていないギターサウンドと相性がイイ感じ!

本当はもっと歪ませたサウンドでLooperを使用して
ギター動画を撮りたいのだけれど、
スマホの動画撮影機能との相性が悪くて
ソロはともかく歪ませた音色でバッキングを撮ると
音が潰れて満足に録画出来ないため、
Looperを使用した動画はなるだけ歪ませない
クランチサウンドで録画しているのです(真相)

しかし最近は歪ませないサウンドの方が
音の粒がよく聞き取れて逆に気持ちよく…好きになってきましたが。
(しかし、それ故にミスが誤魔化せないので下手さが際立つ)









  1. 2015/07/01(水) 07:11:53|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アニメ「けいおん!!」第2期


アニメ「けいおん!」の第1期を楽しく見れたので
「けいおん!!」第2期のDVDも購入(レンタル落ち全話で4000円だった)

しかし、1期ほど楽しく観れなかったのは何故だろう?

単純に自分自身、1期を見た時と2期を見た時の精神状態が違う…と言うのもあるけれど(1期の時は仕事のストレスが凄かった)

どうも2期はイマイチテンポが悪いというか…
キャラクターの行動も変人っぷりに拍車がかかり容認できるレベルを越えていたり…

オリジナル要素?の亀とか…
ストーリー的に卒業のシーズンなので
感動の押し売りが目についたり…

なのでストーリーを一気に観るほどのテンションもなく、年始めに購入したのに見終わったのが6月と…半年もかかってしまった;

それでも、たま~に見たくなる不思議な魅力もあったし、
逆に長く楽しめた?のはお徳だったと言えなくもない。

でも個人的にオープニングとエンディングの曲は1期の方が好きだった。

…………………………………

とか、上の記事を書いてから、又、二期をボチボチ見直してみたりしているが…

う~ん。やっぱり面白いかもしれない(どっちや)

ギー太(主人公が使っているギター)が欲しくなってきた(苦笑)
  1. 2015/07/01(水) 00:06:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ