ゲームコーナーよんぷら♪

元ゲーム戦士の戯言

ビデオゲームメモリアル「WGP(ワールドグランプリ)」タイトー、1989年。

タイトー、1989年。

タイトーが発売したバイクレースの体感ゲーム。

バイクの体感ゲーム…といえば
セガの「ハングオン」がメジャーだが
「ハングオン」が人力で筐体を傾けるのに対し
この「WGP」はハンドル部分を傾けると
バイク本体がモーターで可動するようになっていた(と、言っても本物のバイクに乗っている感覚とは別物だったが…)。

また、足下にシフトスイッチがあり
実車のようなギアチェンジが可能となっていた。

ゲームの視点がライダー視点なのでバイクが傾くと
画面も傾きかなりの迫力があったものだ。

そして、リアル感…スピード感を出すためか
筐体前にプレイヤーの顔めがけて風が当たるように
ファンが取り付けられていて、夏の暑い日にプレイすると
その風がとても心地好かった記憶がある。


攻略的にはコーナーでアクセルオンオフを繰り返すとグリップが良くなり
ほとんどのコーナーをノーブレーキで走れた為
この攻略を知っていれば、簡単なゲームだった。

故にアクセルのグリップが傷んでヨレヨレになっている事が多かったが…


レバーとボタンで操作する普通のテーブル筐体版もあり
タイトー系列のゲーセンにはほとんど設置してあったので、金の無い時の暇潰しには最適なゲームでもあった。


BGMも格好良くて好きだったので
ゲーセンから姿を消した後も、基板を購入し
家でも楽しんだものだ。

中古価格も最安値は5000円程と安かったし
同時期の家庭用ゲーム機ではこれ程の
迫力あるゲームはできなかったし

そう言う意味でも満足できたゲームだった。








スポンサーサイト
  1. 2015/04/30(木) 12:57:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

Zo-3ギター、ステッカー貼り付け。



我が家のZo-3ギター弐号機、以前はボディに
マルチエフェクターを取り付けていたのだが
それを外した際のボディのキズが気になっていた(画像1枚目)ので

ステッカーを貼ってみた(画像2枚目)

「ほぼSSTバンド」の「Blind Spot」のDVDに付属していたステッカーだ。

Zo-3ギターのサイズに合わせて適当にカット
それを無駄無く貼り付けて完成!

おぉ!予想より良い感じになった!かも?!

スピーカーの下辺りがちょっと寂しいが
また何か気に入ったステッカーがあったら貼り付けよう!


  1. 2015/04/29(水) 14:53:10|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「キャプテンシルバー」データイースト、1987年。

データイースト、1987年。

横スクロールのアクションゲーム…なのだが
グラフィックもBGMもゲーム性すら珍妙で
誉め所が見つけられないゲーム(苦笑)

更に主人公は貧弱で簡単に死んでしまう。

当時、仲間内では「カニ踏んで死ぬゲーム」
と、ネタ的に失笑されていたものだ。

長らく、行きつけのゲーセンで可動していたが
最後まで自分でプレイする事はなかった。

後悔はしていない(笑)

  1. 2015/04/28(火) 13:02:04|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ビデオゲームメモリアル「超絶倫人ベラボーマン」ナムコ、1988年。

ナムコ、1988年。

「源平倒魔伝」のスタッフが手掛けた
アクションゲーム「超絶倫人ベラボーマン」

雑誌の新作紹介を見てキャラクターも魅力的だったし、
超期待していたのだが、地元のゲーセンには入荷せずモヤモヤしたものだ。


初めてプレイしたのは、遠征して遊びにいった
仙台駅に隣接したナムコの直営店
今は無き「プレイシティキャロット仙台店」

ここで「ベラボーマン」を見かけ
プレイするも、その独特な操作性…
ボタンを強く叩くと操作が変化する…に
抵抗感があり、遠慮してあまり気持ち良く遊ぶ事はできなかった。

なんか、ボタンをバシバシ叩くのが
ちょっと恥ずかしくて…。

結局、初回はその1プレイで終了。
でも「ベラボーマン」のポスターはしっかりと買って帰ったのでした。


2度目の出会いは、就職して上京した
東京、赤羽駅近くのゲーセン「ゲーム平安」

この「ゲーム平安」は凄まじくゲームのラインナップが充実していて、オールドゲームから最新ゲームまで大量に置いてあり、
地元では見たことも無いゲームも沢山あった。

そんな中に「ベラボーマン」を発見!
再びプレイしてみたが、
どうやらボタンが交換され
強攻撃しか出ないようになっていた。

結局そこでもやり込む事はなかった。


が、その数ヵ月後、五反田にあった
ゲーム基板ショップ「キョーワインターナショナル」
にて、「ベラボーマン」のロムキットを発見!

インスト、取説、全純正、サブ基板、ベラボースイッチ2個付きで
「15.000円」だったので即買い!(1991年頃の話)

家に帰って「ドラゴンスピリット」の
基板をロム交換し「ベラボーマン」に換装!

自宅で思いっきり「ベラボーマン」を楽しんだのでした(*^^*)

しかし、ゲーム自体が凄く長丁場で
難易度も高かったので1コインクリアは
できませんでしたが…

最高5コインクリアだったかな?
それでもエンディングを見たときは超感動したものです。

夕陽の町並みをバックに「ベラボーマン」が
全力疾走し、ゴージャスながらもどこかせつないBGMが流れる…

思い出しただけで、あの時住んでいた東京の
ボロアパートの匂いが蘇ります(遠い目)




  1. 2015/04/27(月) 13:01:03|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

愛車「ダイハツ エッセ」超洗車!



やっと暖かくなってきたので久々に
愛車「エッセ」を超洗車!

新車購入後、4年経つので、あちこち小傷ができてきたのでリペイント。

全体洗車…内装掃除、
下回り、タイヤハウスの塗装
ボディ、タイヤ、をワックスかけて完成!

いや~黒いですな!黒々!艶黒!
たまらない!!

可能な限り乗り続けるつもりなので
メンテナンスもしっかりしないとな。

オイル交換は5ヵ月毎に実施。

そろそろバッテリー交換の時期なので
超寿命タイプに変えてみるかな。





  1. 2015/04/26(日) 11:22:07|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

懐かしいお菓子「ルマンド」「ホワイトロリータ」「ルーベラ」「チョコリエール」


何となく懐かしい感じのお菓子を買った。

「ルマンド」「ホワイトロリータ」「ルーベラ」「チョコリエール」…

子供の頃、客人用に置いてあったこれ等の菓子をコッソリつまみ食いしたものだ。

実際今食べてみると…

「ルーベラ」が強烈に美味いな!!

あと、「ルマンド」も美味いが
相変わらず砕けてボロボロになるのも
食い辛いが懐かしい( ノД`)…

しかし、店頭で「ルマンド」を見かけると
無意識にカプコンのゲーム「キャプテンコマンドー」の物真似で

「キャプテンルマンドゥ~」と言いたくなるのは
俺だけではないはずだ!

俺だけか?(苦笑)
  1. 2015/04/25(土) 17:18:05|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「ボスコニアン」ナムコ、1981年。

ナムコ、1981年。

宇宙を舞台とした全方向スクロールタイプの
シューティングゲーム。

音声合成や無限にスクロールする宇宙に
神秘的な雰囲気を凄く感じたゲームだった。

ショッピングセンター地下のナムコ直営店の
オールドゲームコーナー(1プレイ50円)で
プレイした記憶がある。

好きなゲームではあったが家庭用移植が長らくなかった為、やり込む事はできなかったが
プレステのナムコミュージアムに移植されてから
猿のようにプレイしまくった(*^^*)

今プレイしてみても
「これぞビデオゲーム!」と
ひとり頷いてしまうビデオゲームらしいビデオゲームだ。







  1. 2015/04/24(金) 13:07:09|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「ベルリン・クラッシュ」洋画

ヨーロッパ発、超ド迫力、カーアクション、エンターテイメント!

と、いうことで、
パッケージだけ見ると
「キャノンボール」的で
凄く面白そう!

だったのだが…

ビックリするほどツマらなかった(苦笑)
と、いうか、全部見終わる前に視聴中止(-_-;)

コメディ?の面白さが全く理解できないし
カーアクションも全く迫力無し
役者も全員魅力無しで、もうダメぽ。

個人的評価2点

  1. 2015/04/23(木) 13:01:07|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「スーパーマン」タイトー1988年

タイトー1988年

いかにも当時のタイトーらしい
C級のアクションゲーム「スーパーマン」

当時行きつけのゲーセン
「サンプラ」に入荷したので、地雷臭を感じつつ1プレイしてみたのだが…

予想に違わぬ、これ以上無いくらいに「クソゲー」だった(苦笑)

爽快感や気持ち良さが全く感じられない
アクションゲームは当時、多々あったが…
これは特に酷かった。

映画では無敵の強さを誇る「スーパーマン」
その追体験をする事は全く不可能。

さらにグラフィックデザインもバタ臭くてカッコ悪いのも×

個人的に映画の「スーパーマン」は
凄く好きなだけに余計にガッカリだった。



  1. 2015/04/23(木) 11:30:35|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「涼宮ハルヒの消失」アニメ映画


テレビアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」の
直結的続編作品。

全体的にクオリティが凄く高く感動。
そして、良い意味での陰鬱な雰囲気に
胸が締め付けられるような…

高校生時代の放課後の学校の空気感を思い出してたまらない気持ちになった( ノД`)

たまたま、このDVDを観たのが
日曜日の午後3時頃だった事もあり、
憂鬱な雰囲気を存分に味わう事ができた。


しかし、内容的には漫画版を読んでストーリーを知っていたので
ドキドキやワクワクが全く無かったのは失敗だった。

これはストーリーを知らずに観たら
物凄く楽しめただろう…と、思うと本当に残念でならない。

ただ、久々にアニメのキャラクターで
強烈に可愛い!!と思えて悶えたのは◎(*^^*)
(長門有希ね…)


個人的評価57点
※ストーリーを知らなければ88点
  1. 2015/04/22(水) 13:04:11|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「キャリバー50」セタ、1989年。

セタ、1989年。

操作系にループレバーを使用した
「怒」タイプの戦争アクションゲーム。

キャラクターの細かい仕草や
当時としてはリアルなグラフィックで
初見で「これは凄い!!」と思ったものだ。

しかし、難易度がかなり高く、
何度プレイしても攻略の糸口をつかめなかった為、
あきらめてプレイを止めてしまった。

クリア出来ないまでも、もう少し長く遊べるゲームだったならば、もっとプレイしたのだろうが…

けっこうあっという間(数分もたない?)でゲームオーバーになってしまっていたので…

世界観が渋くて格好いいのにそれを十分に
堪能できなかったのは残念でならない。

家庭用ゲーム機に移植もされていないし。






  1. 2015/04/21(火) 13:11:21|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「侍日本一」タイトー、1985年。

タイトー、1985年。

横スクロールのアクションゲーム。
「源平倒魔伝」のビッグモードが
続く感じ。

和風な所も雰囲気は似ている?

この時期としてはかなりキャラクターが大きく
操作性も悪くないゲームだったが、
いかんせん難易度が高く、1面クリアも
できなかった。

左右から出現する侍はまだしも
空中から飛来するカラス天狗?が
強敵で分かっていてもミスしてしまう嫌らしさがあった。

ただ、ミスした時に白目を剥いてギャグっぽく倒れるグラフィックがおかしくて、
学校で友人とよくそのマネをして爆笑したものだ。

まぁ今にして思えば全然面白くも無いのだけれど(苦笑)

箸が転がっても楽しい時期だったんだな。

そんな中学生の頃の思い出。
  1. 2015/04/20(月) 13:03:02|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「FZERO GX」ゲームキューブ用ソフト



2015年に入ってから家庭用ゲーム…というか
ゲーム自体をほとんど遊ばなくなっていた。

DVD観賞用のプレステ3と固定設置されている
スペハリ用セガサターン以外
掃除のために一端ゲーム機を全て撤去してそのまま…と、いうこともあって

去年あんなに遊んだ任天堂3DSも今は深い眠りの中に(苦笑)


そんなおり、突然、猛烈にあるゲームが
遊びたくなった。

それはゲームキューブ用ソフト
レースゲームの「FZERO GX」だった。

早速、倉庫からゲームキューブ本体を出してきて
テレビに繋いで起動…

しかし、ビデオケーブルではあまりに映像が汚すぎてげんなり…

ゲームキューブ用のD端子ケーブルは
プレミアが付いて1万円台とかアホみたいな
高値なので、めんどうくさかったが
一端ゲームキューブを外し
互換性があるwiiを引っ張りだしてきた。

設置するのにリモコン用のセンサーバーとか
起動するのにwiiリモコン必須だったりと
いちいちひと手間かかるのが嫌らしいが
wii用のD端子ケーブルは安いので
安く高画質でゲームキューブ用ソフトを楽しむには
wiiの世話にならざるを得ない。


そして、何だかんだと再び「FZERO GX」を起動!

この
近未来的世界観と溢れ出るスタイリッシュさがたまらないなー♪ヽ(´▽`)/

重力を無視した視覚的効果が抜群なコースを
走っている(というか飛んでいる?)と
最高に痺れまくる!!


マトモにタイムアタックしようと思うと
特殊な走法?にゲンナリするし
グランプリモードも制覇しようと思うと
難易度が高過ぎてイライラするが(苦笑)

グランプリモードの低難度レベルで
チャンピオンを目指す遊び方がストレス無くて良いかも!

こう、短時間で瞬間的にスカッと出来るのが
ゲームらしくて好き!!

ただ、ゲームのスピードが異常に速い…時速1000キロオーバーの世界なので
気力が無い(疲れている)時はマトモに遊べないのが難点か?



  1. 2015/04/19(日) 10:32:08|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「メタルホーク」ナムコ、1988年。



ナムコ、1988年。

セガの体感ゲームに続け!とばかりに
ナムコが発売した体感ゲーム「メタルホーク」

セガの体感ゲームの多くがバックビューで
画面の奥に進んでいくタイプなのに対し
「メタルホーク」は見下ろし型の視点で
良くも悪くも当時の「ナムコ」っぽい雰囲気を醸し出していた。

見た目が同社の「アサルト」に似ているので
「空飛ぶアサルト」と比喩されていた気もする。

当時、某ボーリング場のゲームコーナーでずいぶんプレイしたが
やはり、比率的にはセガの体感ゲームを遊ぶ方が多かった。

瞬間的な爽快感とド派手な見せ方はセガの方が上だったし。

あと、筐体が微妙にダサいのがなんとも(苦笑)

それでもノリの良いBGMはかなりテンションが上がる!
ドライブのお供には最適だ!!

メタルホーク!発進!(←ボイスはZガンダムのエマさんw)




  1. 2015/04/17(金) 19:19:10|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「空牙」データイースト、1989年。

データイースト、1989年。

オーソドックスな縦スクロールシューティングゲーム。

イロモノゲームを乱発していた
データイーストの中では珍しく
硬派で格好良いシューティングだったので
驚いたものだ。

ゲーム自体はシンプルだけれど
とにかくBGMが超絶に格好よくて
サンプリングギターの音色に痺れた。


個人的にはゲーセンで「グラディウス3」の
熱が冷め、「スト2」が発売される間の期間に、
東京の足立区北千住駅近くのゲーセンでよくプレイしたものだ。

しかし「スト2」が発売されてからは「空牙」には
目もくれなくなり、その後アーケード版をプレイする事はなくなったが。

後に「テレビゲーム雑誌の編集部」で
働いていたときに、
メガドライブの新作で「空牙」が発表され、
速攻記事の担当にさせてもらった。

メガドライブ版「空牙」の移植はかなり高く
「サンプリングギター」の音色が無い以外は
上出来な移植だった。

しかし、BGM以外は地味なゲームだったので
あまりお薦めはできない感じだったが(苦笑)

ちなみに「アーケード版サントラ」に収録されている
アレンジバージョンは超絶に格好良くて
おしっこ漏らすレベル(笑)

いや、マジで。




  1. 2015/04/16(木) 13:07:07|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「コンバットスクール」コナミ、1987年。

コナミ、1987年。

軍の士官学校をモチーフとしたアクションゲーム。

と、言っても、やることは同社の
「ハイパーオリンピック」や
「ハイパースポーツ」とほぼ同じ。

個人的には興味を引かれないゲームだったが…

高校生の時、在籍していたゲームサークル
「PGP(プログレスゲームプレイヤーズ)」で
年に一回ゲーム大会があり、その種目ゲームの中にこの
「コンバットスクール」があった。

練習の為、何度かプレイしたが
所詮付け焼き刃。大会当日はぼろ負けしたのだった(苦笑)

そんな思い出。



※大会種目は「ゴーフォーザゴールド」だった…との、同サークルの人間からの指摘が…

記憶が曖昧だ(苦笑)

  1. 2015/04/15(水) 13:04:08|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「コンチネンタルサーカス」タイトー、1987年。

タイトー、1987年。

F-1を題材としたレースゲーム。
液晶シャッターメガネを使い3D立体映像で
遊べるのが特徴。

ただ、3Dに関してはそれほど立体に見えないのが残念な感じだった。


ロケットスタートやスリップ時のカウンター等の攻略法がわかれば、かなり長く遊べるゲームだったが
ちょっとしたミスや接触ですぐゲームオーバーになってしまう緊張感溢れるゲームでもあった。

個人的にはかなり好きで、
行きつけのゲーセン「サンプラ」に
長らく設置してあった事もあり
一応全ステージクリアする事はできた。
(3位入賞が最高でトップクリアはできなかった)


そして「コンチネンタルサーカス」が
ゲーセンから姿を消してからは、もうプレイする事は無いだろう…
と、思っていたが、なんとプレステ2用ソフト
「タイトーメモリーズ」に収録!

久々に遊んだが、凄く難しくて
コンティニューを駆使してごり押しクリアした。

昔のように100円に命を賭ける程の集中力は
もう出せない…
と身をもって感じたのでした(苦笑)





  1. 2015/04/14(火) 13:03:16|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「西遊降魔録」テクノスジャパン、1988年。

テクノスジャパン、1988年。

西遊記を題材としたアクションゲーム。

見た目にも全然可愛く無いキャラクター達と
テクノスジャパン特有の暗く濃いグラフィック

そして、1988年のアーケードゲームとは思えないほど
ガクガクし、モッサリした動きに
「何だこりゃ?」と驚いた記憶がある。

ただ、知り合いが黙々とプレイしていたので
「もしかして面白いのかも?」と思い
1プレイしてみたが…案の定面白さを理解できず、その後プレイする事はなかった。

しかし、当時は、こういう変なゲーム(失礼;)が
沢山あったし、そういうゲームもそこそこプレイする人がいた…
と、いうのもアーケードゲームにとって恵まれた時代だったのかも。


  1. 2015/04/13(月) 12:57:05|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「スパルタンX」アイレム、1984年。

アイレム、1984年。

ファミコン初期の名作アクションゲーム
「スパルタンX」

個人的にも大好きで友人宅で滅茶苦茶プレイした記憶がある。

その直後、近所のゲーセン「ジュピター」で
元となったアーケード版「スパルタンX」を発見!

ファミコン版よりもキャラクターが大きく
アクションもリアルだったので凄い!!

と感動しつつも1プレイしてみたのだけれど…
なにかファミコン版よりも操作性が悪く
気持ち良くプレイできないままゲームオーバーに…

後年知ったのですが、ファミコン版は
斜めジャンプが何処からでもできるのに対し
アーケード版は助走をつけてからでないと
斜めジャンプができなかったのです。

これを知ったとき、アーケード版をただ移植するのではなく、
気持ち良く遊びやすく改良して移植した任天堂は凄い!
と、思いましたね。

アーケード版もセガサターンに移植されてから
クリアするまでやり込みかなり好きになりましたが、ファミコン版の操作性でアーケード版を遊べたら
さぞや気持ち良いだろう…と思う今日この頃なのでした。

  1. 2015/04/12(日) 21:04:02|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル動画「ギャルズパニックS2」カネコ、1999年。



カネコ、1999年。

タイトーの「クイックス」的な陣取りゲーム。

ただ、ギャルズパニックシリーズは
背景に女の子が隠されていて脱衣麻雀的な要素があり
より、男心を燃えさせてくれた(苦笑)

この「ギャルズパニックS2」はシリーズ中でも
最高傑作だと個人的には思っている。

パーセンテージにより、更に過激なシーンや
アニメーションシーンをも見る事が可能!

(動画では残念ながら自主規制で、全てモザイクが
かけられてしまっているが…)

個人的には、今は無き「プレイシティキャロット仙台店」で
プレイしたが、ギャラリーが付くと滅茶苦茶恥ずかしく
このてのゲームは場末のゲーセンでプレイするに限る…

と強く思ったものだ。


  1. 2015/04/10(金) 22:36:27|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「クイズ名探偵ネオ&ジオ クイズ大捜査線パート2」SNK、1992年。

SNK、1992年。

どこかで見たような著名人が沢山登場する
ネオジオのクイズゲーム。

物凄く興味があったのだが、ゲーセンで
クイズゲームを攻略するほど酔狂ではなかったので(苦笑)
ゲーセンではデモ画面を見ているだけだった。

が!後に家庭用ネオジオロムカセット版を入手。

ストーリーが凄く熱くて何度もプレイした。

ある程度やり込み、問題も記憶した後、
ゲーセンでプレイし、ワンコインクリアして
店内のハイスコアトップにスコアネームが
張り出されて凄く嬉しかった記憶がある。


何度も言うがとにかくストーリーモードが熱く…
グラフィックのセンス、魅せ方、
場面場面に合ったBGMなど
通して遊べば1本の映画を見終えたような
充実感があった。

特に「シナリオ1」の「時を越えた愛」が
凄く好きだった。

今では完全移植は絶対不可能な作品だけに
当時リアルタイムで楽しめたのはラッキーだったと思う。




  1. 2015/04/10(金) 07:12:02|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「ルート16」センチュリー1981年。

センチュリー、1981年

ナムコの「ラリーX」風ゲーム。
パクり…というかオマージュ的な。

煙幕がない代わりにスピードアップがあったり
レーダー画面が切り替え式?だったり似て異なる部分も。

ただ「ラリーX」よりも後発なのに
画面や音が貧相なので、当時の自分は
「ラリーXの偽物」的な認識しか無く
友人のプレイを見るだけで自分ではプレイしなかった。


ファミコン版に「ルート16ターボ」として移植され、ノリノリのBGMになったが難易度は高く、熱中度も「ラリーX」にはおよんでいない…と、個人的には思う。

  1. 2015/04/09(木) 12:07:23|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ビデオゲームメモリアル「ロストワールド」カプコン1988年

カプコン、1988年

カプコンの新システム基板「CPシステム」第1弾として鳴り物入り?でデビューした
「ロストワールド」

しかし、個人的には同社の
「サイドアームズ」と代わり映えしない
地味なゲームにしか見えず実際にプレイする事はなかった。

独特のコントロールパネル
「ローリングスイッチ」という
キワ物の操作系だけがやけに目立っていた記憶がある。


後にメガドライブへの移植版
「フォゴットンワールド」をプレイし
その世界観が凄く好きになったが、
ゲームの性質上、やはり
「ローリングスイッチ」で遊ぶのが
一番快適そうな気がする。

そう言う意味でオリジナルの
アーケード版を一度はプレイしておけばよかった…と、思う。

それでも難易度の高いゲームだし、地元では
100円ゲーセンにしかなかったのでやり込む事は無かっただろうが…



  1. 2015/04/08(水) 13:34:03|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「チャイニーズヒーロー」タイヨーシステム1984年

タイヨーシステム1984年。

固定画面のアクションゲーム。
ファミコンで「スーパーチャイニーズ」として発売されているのでアーケード版は知らなくてもゲーム自体を知っている人は多いかも?

このゲームは二人同時プレイができたので
中学生時代に同級生と滅茶苦茶盛り上がって
楽しんだ記憶がある。

ちょうどジャッキーチェンの映画とか
カンフーアクション映画が流行っていたこともあって、それっぽい雰囲気を持つこのゲームも仲間内では大人気だった。

この頃が最も純粋にビデオゲームを楽しんでいた気がするなぁ。


そんな一緒に楽しんだ友人も、今では変な宗教にハマり
目をギラギラさせて過ごしている。

信じるモノがあるのは良いが…
なんだか悲しい( ノД`)…

  1. 2015/04/07(火) 12:14:30|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「ワードナの森」タイトー1987年

タイトー1987年

「魔界村」っぽいアクションゲーム。

コツを掴めば難易度は低め?で長く遊べた為
ゲーマーだけでなくいろんな人が常に遊んでいた記憶がある。

まぁ、行きつけの50円ゲーセンだけの話かもしれないが。

皆やっていたので、自分も試しにプレイしてみたが
主人公は小肥りの少年で、格好よくもなく
可愛くもない。

そして、敵のデザインとかも地味にダサくて
魅力を感じなかったので一度プレイした後、
二度とプレイする事は無かった。

よく、昔のゲームは良かった…的な話もあるけど
ほとんどが変なゲームだったよな!

記憶が美化されてるだけで(苦笑)





  1. 2015/04/06(月) 13:00:29|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

久々に「アウトラン2SP」


やっと暖かくなってきたので
久々に…というか今年初か、

「パワードリフト筐体」で
「アウトラン2SP」を遊んだ!

ヤバす!
滅茶苦茶面白ぇえーーー♪ヽ(´▽`)/

思わず小一時間遊んでしまった(*^^*)

ご機嫌のBGMに乗せてノリノリで
美麗な風景の中を豪快なドリフトで駆け抜ける!

散々遊び尽くしたと思ったけれど
たまにプレイすると物凄く楽しめるなぁ。


部屋のオブジェクトとしてはちょっと邪魔かな…

と、思うこともある「パワドリ筐体」も
こうして遊べる事で物凄い充実感だし
ハンドルの感触は「初代アウトラン」と
同一の物なので懐かしい手触りで感慨深さも味わえる。

いや、休日の最後にリフレッシュできで良かった…

さぁ…明日からまた地獄だ(苦笑)

  1. 2015/04/05(日) 00:51:03|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「アーガス」ジャレコ1986

ジャレコ、1986年

ゼビウスタイプの縦スクロールシューティングゲーム

当時、近場のショッピングセンターに置いてあったので、
プレイしてみたのだが、とにかく難易度が高く全然先に進めなかった。

なんとか苦労して1面ボスを倒したら
その後着陸シーンへ…

しかし、その着陸が手動で、いまいち理解できないまま墜落(苦笑)

そこで脱力して、その後アーガスをプレイする事は無かった。

ファミコン版に比べ、メタリックな質感のグラフィックは良かったのだが…



  1. 2015/04/04(土) 10:28:11|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「ストライダー飛竜」カプコン1989年

カプコン1989年

当時の常識を覆す程のダイナミックなアクションゲーム。
独特な世界観にファンも多い。

高校生の時、ビデオレンタルショップに
「大魔界村」「ロストワールド」「ストライダー飛竜」の3本のゲームが収録された攻略ビデオ
「カプコンゲームシンドローム」が置いてあって
それを借りて観て、あまりの格好良さに「ストライダー飛竜」のファンになった。


同時期に家からかなり遠いボーリング場
「ジョ○フル」内のゲームコーナーに
「ストライダー飛竜」が入荷。

「これはやるしかない!!」と
学校帰りに「ジョ○フル」に通い
「ストライダー飛竜」をひとり黙々とプレイ。

そして家に帰ってからは食い入るように何度もビデオを観てイメージトレーニング…

結果、約1週間で「ストライダー飛竜」をクリア!

ヘッドホン付きの筐体でプレイしていた事もあり
世界観にのめり込んでいて物凄く感動した記憶がある。


攻略ビデオとの出会いがなければ
ゲーセンで「ストライダー飛竜」をクリアする事は無かっただろう。

そう思うと感慨深い。

あれだけ濃密で充実した1週間を経験できたのは今にして思えば凄く良い思い出だ。

  1. 2015/04/03(金) 12:14:04|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「ホッピングマッピー」ナムコ1986年

ナムコ、1986年

古き良きアクションゲームの名作
「マッピー」の続編「ホッピングマッピー」。

盗まれた盗品を全て回収すればクリア…
というルールは前作と一緒。

当時、近所の釣り堀のゲームコーナーに入荷。

試しにプレイしてみた感想は
「ファミコンみたい…」が第一印象だった。

しかもあまり面白くない…(苦笑)

「ナムコが出すゲームは問答無用で面白い!!」という、当時の自分の考えに疑問符を投げつけた作品だ。

ボーナスステージまではいった気がするが、
特に面白さを感じなかったので、もうプレイしなくてもいいや…と思っていたら
次にそのゲームコーナーにいったらすでに撤去されていた。

新入荷して1週間で消えるとは…どんだけ…

まぁ当時、リアルタイムでこのゲームを遊んだ事がある!

と、いうだけで、レアな体験だったのでそう言う意味では良かったのかもしれない。



  1. 2015/04/02(木) 12:57:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「アウトゾーン」1990年

東亜プラン、1990年

「戦場の狼」タイプの縦スクロールアクションシューティングゲーム。

特徴としては、マイキャラはエネルギー性で
定期的にエネルギーアイテムを取らないと
1機失ってしまう。

エネルギー性と言ってもダメージ性ではないので
敵の攻撃では全て1発死してしまう。

昔、行きつけのゲーセン「サンプラ」に
入荷した時に試しに1プレイしてみたが
難易度が高く、あっという間にゲームオーバーになってしまい、それ以降プレイする事はなかった。

渋めのグラフィックとノリの良いBGMは
ちょっと好みではあったが…

こういうゲームこそ家でじっくりと遊びたかったが、家庭用移植版は発売されなかった。

残念


  1. 2015/04/01(水) 13:02:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0