ゲームコーナーよんぷら♪

元ゲーム戦士の戯言

「ホワイトハウスダウン」洋画

突如ホワイトハウスが占拠された!
その時たまたま館内にいたシークレットサービスを目指す主人公は愛娘と大統領を救えるか?

と、いったアクション映画。

緊張感はかなり有り、展開も読めず楽しめたが…
いかんせん主人公にカリスマ性が無いのが残念

トータルで見ると御都合的な場面も多くリアリティにも欠ける部分も多いので
勢いだけで緊張感を楽しむ映画か?!


個人的評価68点

スポンサーサイト
  1. 2015/03/31(火) 12:57:12|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ハイオクタン」洋画

スタントマンの生きざまを描く…映画

と、言ってもリアルなノンフィクション系ではなく
あくまでドラマ風な感じ。

物語も物切れだし、リアリティもない。

肝心のスタントシーンもびっくりするほど
安っぽい(しかも何かの映画の使い回しっぽい)。

全体的にどこに面白さを感じていのかわからない映画だった。

個人的評価9点

  1. 2015/03/30(月) 13:04:10|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「イメージファイト」アイレム1988年


アイレム1988年

「アールタイプ」で覚醒したアイレムが出した
縦スクロールシューティングゲーム
「イメージファイト」

超硬派な高難易度ゲームだったが
行きつけのゲーセン「サンプラ」に入荷し
ゲーム仲間でプレイしているひとが多かった事もあり
攻略法を共有しながらプレイできたのが凄く楽しかった。

ただ当時の田舎のゲーセンだったので連射装置などは無く
連射が超重要なこの「イメージファイト」も
手連射で挑んだものだ。

友人達は「コスリ連射」と呼ばれる方法で
高速連射を可能にしていたが、
自分は「コスリ連射」が苦手だったので
「痙攣連射」で「イメージファイト」を
プレイしていた。

なので、プレイ後は凄い疲労感に見舞われたものだ。それも今にして思えば心地好い疲労感だったけれど。

結果、ゲーセンでの最高記録は2周目の2面。

後に自宅で「イメージファイト」をプレイできるようになってからは、連射装置を使用し
2周クリアを達成した。

弾幕系のシューティングゲームと違い
パターンさえしっかり構築すれば
鬼のように反射神経や弾除け能力がなくても
ぎりぎりクリアできる難易度も含め
個人的に縦スクロールシューティングゲームの中でもかなり好きなゲームである。


  1. 2015/03/29(日) 10:13:16|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ドラゴンクエスト3~フィールド曲(冒険の旅)」ギター練習


以前、掃除の為…と、ゲーム機を全て取り外したのだが…相変わらずそのままで
ここのところ家庭用ゲームは全く触っていない。

最近、休日など部屋にいるときは
魂が抜けたように、テレビをぼ~っと見ながら
ベットの上でzo-3ギターを抱えて、
手癖でダラダラ弾きつつ過ごすのがマイブーム?

いや、ブームというか…惰性だな…

そんな時、テレビから聞き覚えのある曲が…

トヨタ、アクアのCMで使われている
「ドラゴンクエスト3」のフィールド曲
「冒険の旅」だった。

その瞬間、すぐにギターでのコピー開始!
1音でも音が拾えれば、あとはそこから
広げていくだけ。

約20分程でメロディーラインのコピー完了!

もうね…懐かしくて楽しくて、
しばらく弾き込んでしまった♪ヽ(´▽`)/

フィールド曲が弾けるようになったので
あと、戦闘曲も弾けるようになれば
それだけで陶酔できそうだが…

ドラクエ3の戦闘曲をギターで弾くのは
キ○ガイレベルの難易度を誇るので
まぁ…今のスキルでは無理だろう。


なにはともあれ、アクアのCMのおかげで
だらだらとした時間から一転して
充実感溢れる時間に早変わりしたのだった!

ありがとう!ドラクエ3!(そしてトヨタ)

  1. 2015/03/28(土) 16:12:18|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「アールタイプレオ」アイレム1992年

アイレム、1992年

アイレムの名作横スクロールシューティングゲーム
「アールタイプ」のアーケード3作目。

アールタイプの目玉とも言える「フォース」と「溜め撃ち」が廃された為
前2作とはプレイ感覚が異なる。

当時、仙台のゲーセン「ABC」でプレイした記憶があるが、
あまり、パッとした印象は無くヤリ込む事は無かった。

その十数年後、「自宅ゲーセン化計画」中に
「アールタイプレオ」の基板をプレゼントしていただいて
クリアするまで遊び込み独特なテクノっぽいBGM共々かなり好きになったが、それも
東日本大震災の津波被害で水没してしまった…



  1. 2015/03/27(金) 13:06:11|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「コナミRF2」コナミ1985

コナミ、1985年

3Dのコクピット視点のレースゲーム。

近所のホームセンター内、ナムコ系列のゲームコーナーに入荷した。

と、言うのもこのゲーム、
ナムコの「ポールポジション」の筐体に
組み込まれて稼働していたからだ。

個人的にはけっこう好きだったが
自分以外にプレイしているのを見たことがないほど不人気?ゲームだった。

マイカーが赤のスポーツカーで
たまに出てくるアイテムを取ると燃料が増えるシステムは
同コナミ社の「ロードファイター」と一緒なので
「RF2」とは「ロードファイター2」の略なんだろう…

と、思っていたら「レッドファイター2」なのね(苦笑)

(wikiによれば続編らしいが…)

2位以下の時のランキングBGMが凄く切なくて好き!



  1. 2015/03/26(木) 13:00:12|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「エアデュエル」アイレム1990年

アイレム、1990年

アイレム特有の渋く書き込まれたグラフィックが特徴の
縦スクロールシューティングゲーム

タイトル画面が某有名アニメを彷彿とさせる。

当時、行きつけのゲーセン「サンプラ」に入荷しプレイしてみたが…

なんというかシューティングゲームなのに
弾を撃つ気持ち良さと敵を破壊する爽快感がまるで無く
1プレイして見限ってしまった。

BGMも地味だったし。



  1. 2015/03/25(水) 12:56:01|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「NAM-1975」SNK1990

SNK 1990年

ネオジオ初期のアクションシューティングゲーム。

アクションシューティング…と、言っても
オートで画面はスクロールし、
現れる敵に照準を合わせ撃つスタイルは
ガンシューティングのよう。

手前にマイキャラが見えている
「オペレーションウルフ」な感じ。

ただ、ガンシューティングと違いレバーとボタンで
敵を撃ちつつマイキャラも操作し
攻撃を避けなければならないので
操作がとても忙しく難易度はかなり高い。


当時、一人用で地味に攻略したりはしなかったが
1度だけ友人とコンティニューを使って
勢いだけでワイワイ楽しく遊んだのを覚えている。

学生の頃だったら、こういう雑?な遊び方は
(金銭的に)しなかったと思うが、就職して
ある程度お金に余裕があったからこその
大人な?楽しみかただったと思う。


ひとりで黙々遊ぶのは辛いゲームだが
パーティーゲーム的な遊び方をするぶんには
楽しい…かもしれない。



  1. 2015/03/24(火) 13:00:07|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「エアバスター」カネコ1990年

カネコ、1990年

非常にオーソドックスな横スクロールシューティングゲーム。

当時は複雑で難度の高いなゲームが台頭していた時期だったので、こういうシンプルなのは仲間内でも評価は良かった気がします。

BGMも軽快で展開も熱かったのでノリでプレイできたのも良かったし。

ただ、それも3面までで、4面以降は舞台が宇宙になり、
自機の操作に慣性がかかるようになり難易度も急上昇。

個人的にはクリアまで目指す!
と、いうより3面まで遊んで満足!
というようなプレイスタイルでした。


このゲームをよくプレイしていたのは
ゲーム好きには伝説ともなっているゲーセン
「プレイシティキャロット巣鴨店」

上京してからは、よくこの店に
「グラディウス3」を遊びにいっていたのですが
その気分転換に「エアバスター」を遊んでいたものでした。

今にして思えばシューティングゲームの
気分転換にシューティングゲーム…
と、いうのもどうか?と、思いますが
当時はそれだけ夢中だった…ということで。




  1. 2015/03/23(月) 12:55:16|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ペガサス幻想」ギター練習


今現在、最も充実している時間…と、いうのは
「ギターを弾いている…又は練習している時」

なのだが、

問題なのは
「ギターを持てば常にテンションが上がる訳では無い」
と、いうこと。

気分が乗らない時は何をしてもダメなわけで
それはギターでも同じ。

どのタイミングで楽しくギターを弾けるのか?
が、自分でも解らず、そこへの気分の持って行き方も確立されていない不安定さ。

まぁ…自分自身、仕事、人間関係、生活、全てにおいて安定していない事による
精神不安定が原因なのはわかっているので
「ある意味解決しようが無い」
のですが…

それでもタイミングさえ合えば
これ以上無く気持ちよく充実した時間を味わえるのがエレキギターを奏でている時。

……………………

今日、掃除をしていたら震災後に購入した
「アニメソング弾き語り本」が出てきたので
パラパラとめくってみる。

購入したはいいがほとんど活用していなかったこの本の中で目に留まったのが
アニメ「聖闘士星矢」の主題歌
「ペガサス幻想(ファンタジー)」

漫画もアニメも「聖闘士星矢」はいまいち趣向が合わず
今まで観たことがなかったが
この主題歌は有名で聞き覚えも有り、かなり好きな曲だった。

と、言うことで、早速練習開始。

弾き語り部分はコードのバッキングでいけるし
冒頭の特徴的かつメロディアスなフレーズも
それほど難しくないので、小一時間練習したら
かなり気持ちよく弾き語りできるようになった
♪ヽ(´▽`)/

いや!弾き語り…と言うより
感情を込めて吼えるように歌うのが
たまらない!

最近は死のほどストレスが溜まる事ばかりで
積りに積もった鬱憤をかなり発散させる事ができた!!

久々に心から「あ~ギターを練習してて良かった~」
と、思えた休日の昼下がりだった。


ちなみに「弾き語り」は恥ずかしいので
動画のアップはしません(苦笑)









  1. 2015/03/21(土) 21:23:09|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「オメガファイター」UPL1989年

UPL、1989年

一見地味な縦スクロールシューティングゲームだが
スコア…高得点を目指すと一気に熱いゲームと化す。


このゲームはヤリ込んだ…と、いうより
1日だけ夢中でプレイした記憶がある。

たまたま友人とゲーセンに行ったらこのゲームがあり、
その友人と点数争いで異状に盛り上がったからだ。

ゲームシステム的に、敵に近づいて倒せば倒すほど点数に倍率がかかるので
高得点を目指す→殺られやすくなる

ので、二人で速攻殺られまくりで
爆笑しながら何度も挑戦した。

ショットパワーが上がるのと引き換えに
飛距離が短くなるアイテム「アイアン」が
更にそのバトルを熱くさせてくれた。

(アイアンをパワーアップさせると最終的にショットの飛距離が自機1機分にまで短縮する為)


結局、ゲーセンで夢中で遊んだのはこの日1日だけで
その十数年後、ゲーム基板をプレゼントしてもらって
自宅でクリアを目指すも、凄く難易度が高くて
クリアできなかった。

コンティニューも無いし。





  1. 2015/03/21(土) 06:28:02|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ビデオゲームメモリアル「イーアルカンフー」コナミ1985

コナミ、1985年

1対1の対戦格闘ゲーム。
と言っても「スト2」より遥か昔のゲームなので
アクションゲームの要素が強い。

しかし、この頃のアクションゲームとしては
レバーとボタンで多彩な技を繰り出せるのが凄かった。

個人的にプレイしたのはファミコン版が
先だったので、初めてアーケード版を見たときは
その画面の美しさと敵キャラの多さに大いに感動したものだ。

しかし、プレイするまでには至らず
ついにゲーセンで遊ぶ事は1度もなかった。

その後、ゲームボーイアドバンスの移植版で
一通り遊んだが、1度くらいはゲーセンで遊んでおけば良かったかな?と思う。



  1. 2015/03/20(金) 12:59:09|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ラストスタンド」洋画

「ターミネーター3」以来10年ぶりの
「アーノルドシュワルツェネッガー」主演の映画

率直な感想としては
「シュワルツェネッガー」も老けたな…
というかお爺ちゃんじゃん(-_-;)

て事。

そして、問題なのが映画自体があまり面白くない(苦笑)

「シュワルツェネッガー」復帰第1弾!
と、銘打つにはあまりにこじんまりとしていて
B級映画的な雰囲気に寂しさを感じた。

個人的評価52点





  1. 2015/03/19(木) 13:00:15|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「ミステリアスストーンズ」テクノスジャパン1984

テクノスジャパン、1984年

映画「インディージョーンズ」的な
見下ろし型のアクションアドベンチャー?ゲーム


実は1度もプレイした事のないゲームなのだが…
なぜ?ここで取り上げたか?というと

このゲーム、近所の釣り堀のゲームコーナーに置いてあり、金も無いのに入り浸り
暇なときは椅子に座ってボケ~っと
デモ画面を眺めていたのを思い出したからだ。

何故?1度もプレイしなかったか?と言えば
こんな訳わからないゲーム(失礼;)を遊ぶくらいなら
同時期に稼働していた
「パックランド」「ドラゴンバスター」
「エグゼドエグゼス」なんかを遊んだからだ。

今にして思えば、1度くらいは遊んでおけば
良かったかな?とも思うが、

ゲーム好きな仲間と話していても
この「ミステリアスストーンズ」の話題が
出たことは1度もないので、所詮その程度のゲームなのだろう(知名度的にも)。

それゆえ、移植ゲームもなく?
だからこそ思い出の中のビデオゲームとも言えるのだが。




  1. 2015/03/18(水) 13:16:05|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「ノーティーボーイ」ジャレコ1982

ジャレコ、1982年

爆弾?を投げて敵を倒しつつ
最上部にある旗を全て壊せばステージクリアとなるアクションゲーム

ステージ1のBGM…トルコ行進曲が妙に印象的で
小学生の頃、同級生と一緒にBGMを口ずさみながら
プレイしたのを思い出す。

ただ、何処でプレイしたのか?が全く思い出せない。

何処かの駄菓子屋?
ゲームコーナー?
バッティングセンター?

大騒ぎしながらプレイした事や、
ゲーム画面は鮮明に覚えているのに、
場所だけが思い出せない…

まるで夢の中の出来事だったかのような…
朧気な記憶



  1. 2015/03/17(火) 12:58:01|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「餓流禍」コナミ1988年

コナミ、1988年

スプライトによる擬似3Dのアクションゲーム。

イメージとしては「怒」っぽい。

ステージ奥へ奥へ進んで行きボスを倒せばステージクリア。

スピード感は無く地味~な感じだが、
個人的には好きだった。

ただ、「餓流禍」が置いてあったゲーセンは
1プレイ100円だったので何度もプレイする事はなく
結局2面までしか行けなかった。

なにより、同時期(1988年)に「グラディウスII」が
メインに通っていたゲーセンで50円で遊べたので
どう考えても「グラツー」優先になってしまっていたのですが…


今調べてみたら「餓流禍」はxbox360にダウンロード配信されてるっぽいので又やってみるか!?

  1. 2015/03/16(月) 13:01:21|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「エアインフェルノ」タイトー1990年

タイトー、1990年

同社トップランディング系シミュレーションゲーム

エアレスキューを題材とした作品で
ヘリコプターを操り消火活動や人命救助を行う。


当時、行きつけのゲーセン「サンプラ」に入荷。
「トップランディング」大好きだった自分はこの「エアインフェルノ」もすぐ好きになった。

コツさえ覚えれば、全面クリアはそれほど難しくはなかったが、
クリア後も長くにわたって遊び続けた。

単純にヘリコプターの浮遊感が好きで
ゲーム内の目的そっちのけで持ち時間いっぱい
好きなところを飛び回るのがマイブームで

タイムぎりぎりでクリアし、最終面だけはゲームオーバーになっても構わないプレイスタイルだった。


超低空飛行で飛び回ったり
スフィンクスの上に着地してみたり…

楽しかったなぁ…





  1. 2015/03/15(日) 13:37:04|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「ワンダーモモ」ナムコ1987

ナムコ、1987年

子供向けアクションヒロイン舞台劇?
をモチーフとしたアクションゲーム。

正直、アクションゲームとしては操作性が悪すぎて
話にならない程の難易度を誇っていた。

が!1987年当時、これほど大きく可愛いキャラを操作できるゲームなんてなかった?ので
ゲーム性云々より、キャラ萌えで「ワンダーモモ」を一目で好きになった(笑)

しかし、実際にゲーセンでプレイしたのは2回だけ。

近所のホームセンターに新製品として入荷した数週間後にすぐ撤去されてしまってたからだ。

なので、その後にプレイしたのは
「PCエンジン版」に移植されてからだった。

PCエンジン版は操作性も若干良くなり
難易度も低くなったが、全体的に安っぽくなってしまいワンダーモモの魅力が半減してしまった。

後に完全移植?のプレステ
「ナムコミュージアムアンコール」版をヤリ込んで
なんとかクリアしエンディングで凄く感動した記憶がある。


そして、ワンダーモモ…といえば思い出すのが
その魅力をゲーム以上に表現していた
「アーケード版のポスター」(笑)

当時、ナムコの直営店ではナムコグッズを取り扱っている店も多く、
ワンダーモモのポスターも500円で購入。

長らくベッドの上に貼っていたほど気に入っていた。


そして、今にして思えば黒歴史だが…

中学の卒業式に女子から寄せ書きを頼まれた時に
おもいっきり「ワンダーモモ」のイラストを
書いたのも今にして思えば良い思い出…か?(苦笑)

まぁ…普通に恥ずかしいよな(^^;




  1. 2015/03/14(土) 06:36:05|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「こちら葛飾区亀有公園前派出所」漫画


こちら葛飾区亀有公園前派出所…
「こち亀」と、言えば少年ジャンプで
古くから連載されている老舗的ギャグ漫画

自分も大好きで、昔は5~60刊位までは
ジャンプコミックスで持っていた。

が、いつしか読まなくなり今にいたる。

で、たまたま、なんとなくコンビニで出ている
「ベスト版」を立ち読みしてみたら
コレがめちゃくちゃ面白くて久々に興奮。

とりあえず、GEOに行って
ベストヒット版を30冊ほど購入!

毎日気が向いた時に読んでいるが…
1話辺りの密度が濃くて凄いな!!

昔はこういう漫画が沢山あった気がするが…
なんというか、この「漫画を読んでる感」がたまらない。

さすが!こち亀!

昔みたいに一気読みする馬力はもうないので(苦笑)
チマチマと長~く楽しめそうだ♪ヽ(´▽`)/
  1. 2015/03/13(金) 13:01:16|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「トム・クルーズ オブリビオン」洋画

2077年、エイリアンとの戦いで荒廃し、
人類が住めなくなった地球を監視する
監視員のトム・クルーズだったが…

壮大だし話の展開が読めないのはよかったが
イロイロとツッコミ所があり
興が削がれる事が多い映画だった。

ファンタジーにしては弱いし
リアリティも薄く感じた。

ちょっと残念

個人的評価52点。






  1. 2015/03/12(木) 12:59:04|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「メン・イン・ブラック3」洋画

ウィル・スミスとトミーリージョーンズ主演のコメディSF映画の3作目。

相棒のKを救い出す為、過去に戻るウィル・スミスだったが…

映像は緊迫感と迫力があったし、
今作はタイムトラベルものという事で
パラドックス的な部分も見応えあって
凄く楽しめた!

個人的評価77点!!




  1. 2015/03/11(水) 12:59:02|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「ホットチェイス」コナミ1988

コナミ1988年

時限爆弾を搭載された車で敵の攻撃をかわしながら
チェックポイントを通過しないと爆破してゲームオーバーになるなんとも破天荒なレース?ゲーム。

当時、近所のホームセンター内にある
ナムコ系列のゲームコーナーに入荷。

1プレイ100円と高額だったが(貧乏;)
とりあえず、プレイ!

なんとも大味でゲーム内では300㎞出てるのに
体感では30㎞にしか感じられないほどの
スピード感の無さ!

操作感もシビアなのか?雑なのか?
わからない変な挙動。

敵に銃で撃たれると、ゲーム内の車ではなく
モニターガラスに銃痕が残るという失笑ものの演出。

しかし、BGMだけはやたらと熱い!

とはいえ、ヤリ込む事もなく
トータル3回ほどプレイしただけで
その後、ホットチェイスを見ることはなかった。

先日、超久々に「ホットチェイス」の
クリア動画を見たが…

改めて滅茶苦茶なゲームだな!
だがそれがイイ!!

今、同じゲームを作り直しても
こういう味のあるゲームには絶対になるまい。




  1. 2015/03/10(火) 13:05:16|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「1941」カプコン1990

カプコン、1990年作品

カプコンの人気縦スクロールシューティングゲーム
「1942」「1943」「1943改」の続編「1941」


高校を卒業し上京して働きはじめて最初の休日、
東京上野のショッピングセンター内をぶらついているときにみつけた
ゲームコーナーで初めて「1941」を見たのだった。

19シリーズの続編が出たことすら知らなかったので、驚きと嬉しさがあり早速プレイしてみたのだが…

難易度が高く2面で早々にゲームオーバーになってしまった。

しかも初プレイで「ちょっと手に負えない…」雰囲気を感じてしまいそれ以降ゲーセンでプレイする事はなかった。


その後にプレイしたのは十数年後、海外版PSPの移植版で
コンティニューを駆使してごり押しクリアしたのみ。

久々にプレイしても難易度は相変わらず高く
ノーコンティニュークリアを目指す気にすらならなく現在にいたる。


※ちなみにこの「1941」を初プレイした
上野のゲームコーナーには「アフターバーナー2」の
コマンダータイプがあってプレイしたのだが、
それが、最後にプレイした
アーケード版の「アフターバーナー2」になった。

もっと堪能しておけばよかったと後悔。






  1. 2015/03/09(月) 13:00:08|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「マリンデート」タイトー1981

タイトー、1981年

トラックボールでタコを操作し、
ゴール(人魚姫?の所)までたどり着くゲーム。

タコを操作する…と、言っても
内容はパターゴルフと同じで
規定回数内にたどり着かなければならないので、
トラックボールの力加減と
壁のバウンドを計算してプレイしなければならない。


このゲーム、自分でお金を出してプレイした事は無かったが
このゲームを置いていた近所の釣り堀の
店主(年寄りのオヤジ)が「マリンデート」を好きで
暇なときは入り浸っていた自分を誘って
よく一緒にプレイをしてくれた。

自分は下手くそであまり先へは進めなかったが
オヤジはかなり上手くてすいすいとクリアしていた記憶がある。

こういう単純なゲームは得意なオヤジだったが
ゲームがどんどん複雑に…そして反射神経を
必要とするモノに変わっていってから
オヤジがビデオゲームでプレイする事はなくなってしまい、一抹の寂しさを感じたものである。




  1. 2015/03/08(日) 17:29:12|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「影の伝説」タイトー、1984

タイトー、1984年

和風アクションゲーム。

個人的にはファミコン版しかプレイした事はなく、思い入れ的にも移植版の方があるが…

某雑誌の裏技コーナーで
「アーケード版「影の伝説」はデモ画面で
主人公を操作する事ができる」

との情報を得て、それを試すためだけに
某ボーリング場の2階のゲームコーナーまで
足を運び、それを実践した記憶がある。

確かに、デモ画面で操作はできるものの
完全にプレイヤーの思い通りになる訳ではなく
勝手にジャンプしたり攻撃したりする。

それでも上手くすれば1面クリアは可能。

結局、それだけ試して、実際にコインを入れる事なく帰ってきたのだが(苦笑)

後にタイトーメモリーズにてアーケードの完全移植がされたが、
それで初めてアーケード版をプレイして
BGMがファミコン版より遥かに凄くて感動したものだ。

しかし難易度が高くてクリアはできていないが…










  1. 2015/03/07(土) 13:52:20|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「ゼビウス」ナムコ1983

ナムコ、1983年

縦スクロールシューティングの金字塔

このゲーム…初プレイしたのはファミコン版が先で、それも大いにハマってプレイしたけれど、
後にゲーセンでアーケード版を見た時の感動はハンパではなかった。

ファミコン版とは違う深い色使い。
重厚感溢れるザッパーの発射音。
浮遊しているアンドアジェネシス。
砂漠に描かれたナスカの地上画。

どれも驚愕に値するモノだった!

しかし、下手くそだったので
16エリアまで到達する事はできず
早々に諦めてしまっていた。


その後、高校生になった頃
駄菓子屋の14インチアップライト筐体に
組み込まれている本物のゼビウスが
通販で5000円で売っているのを発見!

ゲームソフト1本買う値段であの「ゼビウス」が買える!

と、興奮して購入!

しかし、高校生の頃と言えば
ゲーセンの「グラディウスII」に夢中で
本物の「ゼビウス」とはいえ、いざ買ってみると
古臭く感じてしまい、あまりプレイすることなく
部屋のオブジェと化してしまい、その後売却してしまった。


再びアーケード版のゼビウスにハマるのは
プレステの「ナムコミュージアム2」版が発売された時。

この時、初めて自力で16エリアを突破する事ができた。

更にその後、
プレステの「ゼビウス3DG+」版、初代ゼビウスで
1000万点を目指すも、睡魔に襲われ700万点で
ゲームオーバー。


更に後、ニンテンドー3DSの
3Dクラシック版ゼビウスで憧れの1000万点を達成!
(中断機能やラッキーフラッグを使用してだが)


なんだかんだ言いつつ、これほど長く
楽しんでいる「ゼビウス」


…なんというか
「ゼビウス」という全てから発せられる
カリスマ性…に魅せられ…

取り込まれてしまっているのかもしれない。



※1990年頃、仕事中に
「遠藤雅伸」氏に会い、お話する機会が
あったのだが、その時は変なプライドが邪魔し、普通のやり取りしか出来なかったのを
今でも後悔している。

もっと素直に
「ゼビウス大好きでした!!サインください!!」位、言って握手し、一緒に写真でも撮ってもらうんだった…と心から後悔している(^^;







  1. 2015/03/06(金) 12:58:04|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「リーグ・オブ・レジェンド、時空を超えた戦い」洋画

悪の野望を阻止する為、超人達?があつめられた!

その、超人…と言うのは様々な作品の有名人で

透明人間
ジキルとハイド
ドラキュラ
ネモ船長
トム・ソーヤ



聞いたことある面々ばかり

観終わった感想だが
ストーリー的に深みは感じなかったが
派手なアクションと豪快なCGで
頭を使わずに勢いで観るには最高の映画だった!

ファンタジーな世界観で
見終わった後に何かB級RPGをクリアした気分になった(よい意味で)。

もう面倒臭くてロールプレイングゲームなんてヤル気にならない…

でもプレイしたい気持ちはある…
と、いう人にうってつけかもしれない。

個人的評価68点!





  1. 2015/03/05(木) 13:00:03|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「エリジウム」洋画

2154年、環境汚染で住みにくくなった地球に暮らす貧民層と
優雅で快適なスペースコロニー(エリジウム)に暮らす富裕層

そんな世界観。主人公のマックスは
仕事中、事故で放射線を浴び残り5日間の命に。

生き残る術は「エリジウム」に行き治療を受けるだけ…

しかし、エリジウムに行くには高額な金とコネ?と運が必要だった…


佳作映画「第9地区」の監督作品だけあって
雰囲気が似ている。

「第9地区」と同じく
展開が読めず楽しめた映画だった。

映画の節々に日本のアニメやゲームを思わせる場面があり、そう言う意味でも楽しかった。

ただ、トータル的には「第9地区」の
衝撃や驚きにはかなわなかったが…

個人的評価71点。



  1. 2015/03/04(水) 13:15:07|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「ポートマン」タイトー1982

タイトー販売ノバゲームズ1982年の作品
荷物を貨物船に積み込むアクションゲーム。

荷物を積み込む…と、言っても
上から降ってくる荷物をキャッチして、
それをタイミング良く投げて
動いている貨物船に積まなければならないので
シューティング要素が強い。

このゲーム…それほどヤリ込んだ!
と、言うわけでは無いのだが、
塾の近くの駄菓子屋に14インチのアップライト筐体に入って1プレイ30円で置いてあり、
塾が終わった後に1プレイして帰るのが
ちょっとした楽しみだった。

しかし、トータルで10回ほどしか遊ばない内に「ジッピーレース」に変わってしまった…


この「ポートマン」の思い出だが
ゲームそのもののよりも、当時、同じ塾に通っていた
「ちょっと好きなクラスの女の子」が
その駄菓子屋に来て、ポートマンをプレイしていた自分に
「飴玉」をくれた事が強烈に印象に残っている。

回りにも友達がいたので、深い意味は無いのだが、
それが凄く嬉しかった記憶がある。

結局、その子との直接的な接点はそれだけだったんだけど…

あの子は今、どうしてるんだろうぁ~(遠い目)

そんな甘酸っぱい話。






  1. 2015/03/03(火) 13:01:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ビデオゲームメモリアル「モトス」ナムコ1985

ナムコ、1985年

フィールド上の敵を全て体当たりで落とすと
ステージクリアとなる固定画面のアクションゲーム。

当時近所の釣り堀に2プレイ100円で入荷。

重厚感溢れるデモBGMとは裏腹に
なんとも地味なゲーム内容。

試しにプレイしてみるとこれが中々に面白くてハマる。

しかし、力押しのプレイで先に進むのは難しく
パワーアイテムを使っても10数面まで進むのがやっとだった。

この頃、モトスをプレイしている人は誰もいなく参考にする事も
情報を共有する事もできず歯痒い思いをしていたら
あっさり「モトス」は撤去されてしまった。


後にプレイステーションの
ナムコミュージアムアンコールに移植収録され
喜んでプレイしたが難易度は代わらず結局クリアは出来ず。

さらに後にPSPのナムコミュージアム2に
「モトス」が収録され、こちらはコンティニュー機能があったため、アイテムごり押しでなんとかクリア!

スマートな方法ではなかったが
なんとか念願のクリアを果たした。


最近、理論値限界のパーフェクトプレイ動画を見たが
目から鱗!で拍手喝采♪ヽ(´▽`)/

しかし、改めてそうとう難しいゲームだというのがわかった。

当時、パーフェクトプレイを見たとしても
逆にヤル気を削がれたかもしれない…







  1. 2015/03/02(月) 13:02:14|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ