ゲームコーナーよんぷら♪

元ゲーム戦士の戯言

「3DアフターバーナーII」変更点。他版権問題



ニンテンドー3DS用ソフト
「3DアフターバーナーII」

近年まれに見る程楽しくプレイしているが、
ゲームスタート時に何となく違和感を感じていた。

が、この前サターン版をプレイして
その違和感の正体に気付いた。

スタート時の空母のデザインが違うのだ。

画像1枚目が3DS版
画像2枚目がサターン版

最初は甲板上のデザインが違うだけかと思ったが、よくよく見れば、艦橋のデザインも違う。

オリジナル版の空母に実在のものが存在し、版権問題回避の為にデザインを変更したのでは?と勝手に予想。

まぁコレくらいの変更ならば個人的にはぜんぜんOKレベルだが。

自分もサターン版と交互にプレイしていたから気付いたものの単体でプレイしていたら気付かなかっただろうし。

版権問題…と言えば…

今後発売してほしいセガ3Dプロジェクトの筆頭
「アウトラン」

自車のフェラーリは元より
アザーカーにポルシェやシボレー等、名だたる名車が勢揃い。

完全移植をするならば、これら全ての版権問題をクリアしなければならないのだが…さて。

もし、版権問題で発売できないのなら、個人的には、キャラが変更されている「ドリームキャスト版アウトラン」バージョンでもいいので発売してほしい所。

もちろん充実のオプション設定を完備した上で。

3DSでマジカルサウンドシャワーを聴きながらデュアルウェイを疾走したい!!


スポンサーサイト
  1. 2014/01/31(金) 19:40:14|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「コナミアーケードコレクション:グラディウス」ニンテンドーDS


ニンテンドー3DSを購入したが、メインでプレイしているのはダウンロードソフトばかり。

3DSではDSのソフトも遊べるらしいので、
コナミアーケードコレクションをプレイしてみた!

このソフトには沢山のコナミオールド系ゲームが収録されているが、やはり目玉は現存する移植では
「最もアーケード版に近い?グラディウス」だろう。

ただ解像度の関係でオリジナルのドットバイドットの表示ができ無いのがとても残念(画面が潰れる、又は上下に多少スクロールする)

DSのソフトを3DSLLで表示させると拡大表示される為、画面がぼやけてしまうのは仕方がないのか(裏技で綺麗に映せるがそうすると小さく表示されてしまう。)

実際にグラディウスをプレイしてみたが、若干の遅延を感じるのも残念。

そしてやはり3DSLLの十字キーではプレイし辛くとても疲れる(;´_ゝ`)

適当に1周クリアするにはなんとかなるレベルではあるが…

とても息抜きでできるレベルではない。

セガの3D復刻シリーズのアーケードタイトルは今のところ体感ゲームのアナログ操作(スライドパット)が主流だからまだイイが「ファンタジーゾーン」とか移植されそうなだけに、操作方法がネックになりそう…(それでも買うけどさ(苦笑))





  1. 2014/01/30(木) 19:48:08|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「3Dバーチャファイター2」キターーー!…



「3Dバーチャファイター2」キターーー!…
と、言いたいところだが…

画像のアストロシティ筐体+バーチャファイター2は
「初音ミク Project mirai 2」のひとこま。

これもミクルーム用の置物。

ゲーム内でポイントを貯めてショップで購入できるのだが、中古で購入したソフトで既に貯められていたポイントを使い、苦もなく購入したので感慨深さはまるで無し(苦笑)

とりあえず、ラ○ホっぽい部屋をチョイスし、他の余計なアイテムは一切置かず、
「ハングオン筐体」と「アストロシティ筐体」のみ設置。

そこへミクを放し飼い(画像2枚目)。

う~ん…なんだこの絵ずら…(;´_ゝ`)
微妙(笑)

ちなみに、「ハングオン筐体」と同じく
「アストロシティ筐体」でも初音ミクは遊ぶ事があるらしいが、こちらも見たことは無い。


  1. 2014/01/29(水) 19:40:04|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「3Dハングオン(初代)」キターーー!!…



「3Dハングオン(初代)」キターーー!!…

と、言いたいところだが…

画像の「ハングオン筐体」は
ニンテンドー3DS用ソフト
「初音ミク Project mirai 2」のひとこま。

ミクルーム用の置物。

実際に初音ミクがハングオン筐体に乗って
ゲームをプレイしたりBGMが流れる?らしいが
まだ見たことは無い。

ちなみに、このゲームソフトを中古で購入した時には
既にミクルームに「ハングオン筐体」が設置されていたので筐体を購入した…という感慨深さはまるで無かったのは残念(苦笑)

「ハングオン」単体での発売が無理ならば
せめて「シェンムー」の様に
この「初音ミク Project mirai 2」の中で
「ハングオン」を遊ばせてくれれば良かったのに…とか思ったり。

ミニゲームで実際に「ぷよぷよ」が遊べるくらいなのだから。


  1. 2014/01/28(火) 19:41:08|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

よんぷら動画「3DSアフターバーナーIIスペシャルモード」前半



3DアフターバーナーIIのスペシャルモード(前半)の動画を撮ってみました(3DS直撮(^-^;)。

プチ攻略

まだまだ、敵の撃ち漏らしも多いですが
ライバル戦は上手く立ち回って?います。

バーストモード(クライマックスモード)は初め蛇足か?
と、思っていましたが慣れてくると使い所が色々あって
楽しい!です(*^^*)

以前「バーストモードからバーストモードへは繋がらない?かも」
と記しましたが、上手く敵を撃ち落としていけば
連続使用も可能。後半はバーストしっぱなし状態?に


現時点でのマイハイスコアは
約2200万点で 1520HIT

  1. 2014/01/27(月) 00:15:29|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

そして「セガサターン版」へ…




ここしばらくはニンテンドー3DSの
「セガ体感シリーズ」を堪能してきた。

で、ここでセガサターン版をプレイして
どういう感想になるか…自分でもドキドキしつつセガサターンを起動!

……………………………

ヤバイ何?この本物感!Σ(゜Д゜)

アフターバーナーとスペースハリアーは
ミッションスティックのおかげで自分の思うがままに操作できるし、サウンドや効果音もオリジナル以上のバランスで調整されているので全く違和感がない!

これを2.1chのウーファー付きアンプでならすのだからたまらない!

家のサターン用モニターはx68000用を使用しているので、サイズはともかく、見た目、発色、丸みをおびたブラウン管モニターの感触は完璧にアーケード版そのまま!

3DS版は3D立体視のおかげで、敵弾や柱等が避けやすい…と言われるが、画面が小さい為、相殺して避けづらいのが難点だった。

ある程度やり込めば、画面が大きい方が避けやすいのは明確だし!

何より小さな画面から解放される感が凄い!
今まで飽き飽きプレイしたサターン版だが
3DS版を散々プレイしてから遊ぶと又新たな感動を得られる事を知った。

初めは3DS版のセガ体感シリーズに感動して、かなり満足感を得たので、セガサターンの体感ゲーム専用プレイ環境を撤去しようかとおもったが、これはこれでいつでもすぐ遊べるように常にセッティングしておかなければならない!

と、あらためて思ったのであった!!(アルト(←強調!))

…………………………………

ちょっとした時間で気軽に楽しめる3DS。
本気モードのサターン。

と住み分けできる選択肢が増えたのは嬉しい限り(*^^*)

これであと「アウトラン」さえ出れば!
これであと「アウトラン」さえ出れば!
これであと「アウトラン」さえ出れば!
これであと「アウトラン」さえ出れば!
これであと「アウトラン」さえ出れば!!!

↑大事な事なので5回言った(笑)

  1. 2014/01/24(金) 19:51:05|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「3DアフターバーナーII」スペシャルモード攻略(仮)その1



ニンテンドー3DSの
「3DアフターバーナーII」
に収録されているスペシャルモード!

最も厄介だと思われるのは
「ライバル機」(画像1枚目)の存在。

道中2回、ラストで1回の計3回戦う事になるが
実際に倒せるのはラストバトルでのみ。

しかし、道中でのバトルで倒せないとはいえ
ダメージを与えて撤退させないといつまでも
猛攻されて鬱陶しいことこの上ない。

ライバル機の後方からのバルカン攻撃は画面の一番下にいれば当たらないのでそのまましのぐ。

問題は自機を追い越されてからのミサイルの猛攻。

タイミングを間違えなければ、小さな円運動で全て避けられるのだが敵弾速が早いので、わかっていてもこれが中々難しい。

ここは素直にライバル機に追い越されたら直ぐ「クライマックスモード」を発動させて避けるのが吉。

タイミングが良ければ、ライバル機はミサイルを撃たなくなるし、仮に撃たれてもスローになっているため避けやすい。

問題はクライマックスモードが終了した後、
ライバル機のミサイル攻撃の第2波をどう避けるか。

それはクライマックスモードの1回目の時にできるだけ、ライバル機にミサイル及びバルカンを当てクライマックスゲージを稼ぎ、更に地上物もなるだけ多く破壊しゲージ貯めに専念する。

そしてゲージがたまったら又すぐクライマックスモードを発動させるのだ。

現状クライマックスモードからクライマックスモードへ連続で繋げない?が、とにかく、ライバル機を追撃している状態の時は
常にクライマックスモードを発動する気持ちで行けばノーミスでライバル機戦をやり過ごす事も可能。

ちなみに、ライバル機とのバトルの前にミサイルを使いきっていると、こちらの攻撃手段はバルカンのみになり、撤退させる…又は倒す事が困難になるので注意。

ちなみに、ライバル機を倒すと残機ボーナスが入る?っぽい。

現時点での自分のハイスコアは
1450HITで2000万点少々(画像2枚目)。

まだまだ延びそうだけれど、
3DSのパットでは限界まで極めるのは無理かも…。




  1. 2014/01/23(木) 20:14:07|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ニンテンドー3DS」セガ体感シリーズクレジット!


ニンテンドー3DSのセガ体感シリーズ。

クレジット表記(製作者紹介)があるが、どれも凝っていて一見の価値有り!かも?

スペースハリアーなら高解像度で描かれたキャラクター紹介があったり、

スーパーハングオンは同一画面上で次々風景が変化…オリジナルには無い雪が降る演出などあったり…

しかし、なんと言ってもギャグに特化した
アフターバーナーのクレジット表記は楽しい!

1980年代の…というか古き良きパソコン世代が喜びそうなネタと雰囲気がたまらない(笑)

こういう全く期待していない部分が楽しいと凄く得した気分になるよなー(*^^*)


  1. 2014/01/22(水) 19:35:13|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ニンテンドー3DS」セガ体感ゲームをより体感する。


ニンテンドー3DSの
「スペースハリアー」や
「アフターバーナー」

環境音を有りにして、ヘッドホンを付けて遊ぶと、かなりゲーセンでプレイしている雰囲気に近くなる…

と、以前記したが、
DSの音量とゲーム設定の音量を最大にしてもそれほど爆音にはならないのが少々不満だった。

ならば、外付けアンプを繋げればイイじゃない!!

と、言う事で、定価3000円程のミニタワーウーファーアンプを購入!

ウーファー最大でいざプレイしたら…

スゲーΣ(゜Д゜)

スペハリのモーター音や
アフターバーナーの駆動音…
実際は音…というより振動に近かった記憶があるが、その記憶を呼び覚まされた気がした!!

あと、環境音設定の無いスーパーハングオン等も、重低音や音質、ボリュームの設定で、かなりアーケード版に近くなるので感動!!

車載のウーファーシステムとかに繋いで爆音で遊んだら凄い事になりそうな予感!

誰かレポよろ(笑)



  1. 2014/01/21(火) 19:44:09|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「3Dスーパーハングオン」ニンテンドー3DS


「スーパーハングオン」と、いえば
近頃wii版を購入して散々遊んでいたので、
新鮮味はあまり無く、なんとなく惰性で購入した感のある3DS版「スパハン」だったが…

これが予想に反してとても楽しくwii版はもう全くプレイしなくなる始末(;´_ゝ`)

なんといってもタイムアタックモードが実装されたのが凄く嬉しい!!
(一番簡単レベルにすると敵バイクとの当り判定が無くなり実質タイムアタックモードに)

画面の小さい3DSでは敵バイクを避けるのは結構ストレスなので、このモードは本当にありがたい!

軽快なBGMに乗って敵バイクを気にせず気持ちよくターボをかけてかっ飛ばせるのは爽快そのものだ!!

画面が傾く体感モードも雰囲気が出ていてイイ感じ!

肝心の立体視はあまりよろしく無く、3Dを切って…又は弱めにかけてプレイした方が遊びやすいのは少々残念。

そして本体を傾けて遊べるジャイロモード。
試みは面白いが、いかんせんセンターを出すのが難しすぎてまともにプレイできないのも残念。

本物のスーパーハングオンの筐体に3DSを
固定してプレイすればまともに遊べるかもしれないが(^-^;

あと、wii版で気になっていた自バイクの
スリップ音がアーケード版基準に直っているのも◎

おかげでコーナリングが気持ちイイのなんの…

たまんねーヽ(^○^)ノ

スパハンサイコー!!





  1. 2014/01/20(月) 19:37:09|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「3DギャラクシーフォースII」ニンテンドー3DS


ニンテンドー3DS版
「3DギャラクシーフォースII」

ベースはプレステ2版の高解像度モード。

しかし、このゲームの目玉はなんと言っても
3DS特有の立体視にある!

他の3Dプロジェクトのセガ体感シリーズの中でも
この「ギャラクシーフォースII」は特に立体感…奥行きを感じる事ができる。

3DSの中にギャラクシーフォースの世界が明らかに存在していると錯覚するほど!

又、実際に3D化される事によって洞窟内などの距離感が視覚的に分かりやすくなりゲームがプレイしやすくなっているのも◎

特に最終面のハイパースペースは視覚的も凄い綺麗に見えるし、今までぶつかりやすかった壁にほとんど当たらずに抜けられたのには感動さえ覚えた。

ゲーム部分もスライドパットと、オプション設定でのスロットルの固定で快適に遊べるし。

体感筐体を再現したモードは試みはおもしろいものの、どうしてもネタっぽくなってしまうのはしかたない。

何だかんだ言いつつもこうして、気軽に
「ギャラクシーフォース」を
プレイできるのはとてもありがたい!

いちいちプレステ2を引っ張り出す必要がなくなるのだから(;´_ゝ`)

後は
「ハングオン」と
「アウトラン」と
「パワードリフト」
「サンダーブレード」

が来れば超嬉しいんだけどなー!!

アウトランは版権の問題で難しいけかも知れないけど、セガサターン版と同程度の移植ならば
「フルプライス」でも買うよ!

マジで!




  1. 2014/01/18(土) 19:41:09|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「3DアフターバーナーII」スペシャルモード


3DS版「アフターバーナーII」を
最後までクリアすると出現する
「スペシャルモード」

この手のオマケモードは本当にオマケである事が多いのだが、このスペシャルモードはひと味違う!

初めプレイした時は大雑把な印象だったが、
このスペシャルモードに慣れるとテンポか良すぎてオリジナル版をプレイできなくなる程!

いろいろ変更点はあるが、個人的には
各ステージの長さがオリジナルの半分程
に短くなっているのが凄くイイ!!

オリジナルは普通にプレイするとクリアまで結構長いので途中飽きてしまう事があったが
スペシャルモードは次々ステージが変わっていくので飽きている暇がない!

アーケード版よりロックオンしやすくなっている?し、誘爆敵機も多数出現するので爽快感も抜群

「アフターバーナークライマックス」で導入された、クライマックスモードも実装されている。

又、アフターバーナーでは初の耐久力のある敵も出現!(移植のグラントノフ除く)

赤い戦闘機でいかにもシャアをイメージさせる強敵だ。

あまりに強すぎて初めは蛇足かとおもったが、戦いかたが分かってくると熱いドッグファイトが楽しめる。

最終面での一騎討ちは中二病心をくすぐられるなーー(^-^ゞ

いろいろあるが、もうこれは
「アフターバーナーIII」を名乗ってもイイレベルだ!




  1. 2014/01/17(金) 19:43:05|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「3DアフターバーナーII」ニンテンドー3DS


ニンテンドー3DS版
「アフターバーナーII」

わざわざ自機のトムキャットの版権を取得してまでの完全移植!移植チーム「M2」の本気を見た!

3DS版で最も懸念していたのが操作性。
しかし、予想を裏切りスライドパットでの
プレイが快適!

セガサターン版+ミッションスティック程の一体感は無いものの、携帯ゲーム機として考えれば上出来なレベル。

個人的にはサターン純正パットやマルチコントローラーより良好に思える。

イージーランクにした時のロックオンワイド、ミサイル100発コマンド、ラッキーパターンもオプション設定出来るので、それらと組み合わせればかなり気持ちよく遊べる!

3D表示も初めは違和感を感じたが、慣れてくると快感に!

白煙を吐きながら飛んでいく…又は迫ってくるミサイルは3Dならでは!画面に奥行きを与えてくれる!

体感筐体を再現したモードではゲーム画面が小さくなるので迫力は減るが、当時を懐かしんでプレイする分には充分楽しめる。

個人的には、あのコマンダータイプの枠が画面の縁にあるだけで感涙モノ(;´_ゝ`)

BGMもアーケード版そのままと、メロディーライン有りバージョンが選べるのも◎

あぁ~!
ここまでの完成度だと本当にフライトスティック的なコントローラーで遊びたくなるなー!

17インチ位の3Dモニターとフライトスティック付きのニンテンドー3DSTVとか出ないかなマジで!!

10万までなら出す!(笑)

いやマジで。


  1. 2014/01/16(木) 19:36:03|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「3Dスペースハリアー」ハヤオーに会いたくて…


ニンテンドー3DS版
「3Dスペースハリアー」

3D化の他にもうひとつ楽しみにしていたのが
隠し?ラスボスの「ハヤオー」だ。

これはアーケード版ではカットされたボスで
「セガマークIII」版が初出。

マークIII版は背景の空中都市が崩れて登場する。

画面いっぱいに広がるデカイ図体と
真っ赤に燃える狐のような顔付き

超高速な移動で高速弾を連射!鬼気迫るBGMと驚異の難易度で
当時、プレイしていた自分は血沸き肉踊ったものだ。

その後「x68000」版にも登場!
最終面ボスラッシュ後に
「ウィウィジャンボ」の付属?だった
「コマイヌ」が名前付きで再び登場!

その「コマイヌ」が「ハヤオー」に
変身する…と、いった演出面の強化がはかられた。

が、演出面は最高なのだが、鬼気迫るBGMと凶悪な難易度がなくなってしまったのは少々残念だった。

そして3DS版「ハヤオー」
3クレジット以内でラストまでプレイすれば
登場するので、初回プレイでハヤオーに遭遇!

残念ながら登場時の演出は一切無し…
グラフィックや動きはちょっとノッペリしていて迫力不足?…かな?

胴体の長さが倍長ければだいぶイメージに近くなる気がするのだが。

BGMはマークIII版とx68版の中間位な感じ。

何だかんだ言っても、こうやって新作で
又「ハヤオー」と戦えるのは嬉しい!(*^^*)

………………………………………………

3DS版ハヤオーには情報が広まる前に自力で出会い、驚きに浸りたかった…

そう言う思いもあり、今回先送りしていた
3DS本体を購入したのもある。

これからの3Dシリーズでのこの手のシークレットに期待したい!


  1. 2014/01/15(水) 19:38:13|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「3Dスペースハリアー」ニンテンドー3DS


ついに購入しました
「ニンテンドー3DSLL」!!

本体の中古価格が1万円を下回ったら購入しよう…

と、密かに思っていたのですが、

セガの3D化プロジェクトが再始動したみたいだし
次に何が発売されるかわかりませんが、
新作の発表時の祭り?的な、ものを体感したく…

また現時点でも
「スペースハリアー」
「スーパーハングオン」
「ギャラクシーフォース」
「アフターバーナー」

が発売中なのでそろそろ購入してもイイだろう!
と、自分内部でGOサイン!

その瞬間3DSLL本体を猛速で購入(笑)
上記の4本も即ダウンロードした!

と、言う事で
まずは「スペースハリアー」からレビュー!

一番の目玉で期待はやはり立体視での3D化

なにか最初は違和感しか無かったが
慣れてきたらイイ感じに立体感!

ハリアーの浮遊具合(画面のちょっと奥に浮いているように見える)やスケイラ等ボスの迫ってくる様が新感覚で感動!

ただ、3DSは画面と目の位置がズレると
途端に3Dに見えなくなるので、興奮して
本体や頭を動かさないようにしなくてはならないのが不便…というか疲れる!

噂の体感筐体や環境音を再現したモード
初めは「まぁ…こんなものかな…」
と、いう程度の感想だったが、

ヘッドホンを装着してプレイしたら感想は激変!!

モーターやボタンの駆動音は元より
ゲームの音の聞こえ方がゲーセンまんま!
で超感動!!

ゲームをスタートした瞬間の
「グオーン」というムービング筐体の音!

「ズンデッズンデッ」と筐体自体が響くような特有の重低音!

そして
「ゴウンゴウンゴウンゴウン…」という
「ウィウィジャンボ」のBGM部分の聞こえ方は今までに移植されたどのスペースハリアーよりもゲーセンに近い!!

このゲームはヘッドホン必須だと感じた!
ゲーセンで遊んだ事がある人なら尚更!

プレイ自体は十字キーで遊ぶのが一番やりやすいが、
3DSLLの十字キーはクリック感が重め?なので
長時間のプレイは親指が疲れるのが難点

スライドパットやタッチパネルでも操作できるがどうもシックリこない。

ここまで良い完成度だと、ミッションスティック系で遊びたくなるなー!!

3DSTVとか発売されないかな!

ちなみに、3D機能やムービング機能を
切ってプレイすると映像は超キレイになるし
「携帯スペハリ」としては120点!の出来!

ヤバイよ!

  1. 2014/01/14(火) 19:41:10|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

「インストラクションカード」


「インストラクションカード」…
と、言えばゲーセンのゲーム筐体に貼り付けられている遊び方説明カード。

自分がアーケードゲーム基板を収集していた
1990年前後は基板屋でゲーム基板を購入した時はほぼ100%純正…オリジナルのインストが付属していたものだ。

専用パネル類もそう。
ベラボーマンの専用ボタンもそうだし、
アサルトを購入した時も純正コンパネが
付属していた。

あの頃はまだ、ゲーセンから直に中古基板屋にモノが流れてくる事も多かっただろうし、

インストや専用コンパネ自体の希少価値が
今ほど高くなかった時代でもあったのだろう。

なので売却するときも純正のインストやコンパネごと、売却してしまっていた。

今にして思えばなんともったいない…とも思う。

が、まぁどうせ大事に持っていたとしても、東日本大震災で全部水没してゴミになっていただろうけど…

と、思うとなんとも複雑な気持ちにはなる…。

実際、所持していたインスト類は水没して破棄せざるを得なくなったし。

たまたまテーブル筐体に挟めていた
「パックマンの純正インスト」
だけは手元に残ったが。(画像)

もともとインスト収集家ではないが
沢山もっていたインストを時折眺めるのも楽しかっただけに無くなってしまったのはとても寂しくはある。

かといって今から再収集する程のテンションも持てないし(;´_ゝ`)

今では、たま~にオークションのインストページをみて懐かしい気持ちを味わうのみである。



  1. 2014/01/11(土) 00:03:31|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「バーニングフォース」wiiバーチャルコンソール


ナムコの疑似3Dシューティングゲーム。

しかし、ほとんどのステージが地上走行のみで移動が制限されるためかなり難しい。

敵や障害物にあたってもミスにはならず弾かれるだけなのはイイが、弾かれて弾かれて、敵弾にあたってミス…

が多発するので気が抜けない。

BGMはシステムII特有のシンセサイザーっぽい音がとても気持ちよく、1面や4面はかなり爽快だが、いかんせんゲームが難しすぎるため、ノリノリでプレイする余裕がないのは残念。

又バーチャルコンソール版はBGM音量が低い?為、いちいちテレビのボリュームをあげてやらないといけないのも×

アーケード版であったスタート時のステージセレクト設定が出来ないのも×

このゲームもゲーセンではプレイしたことがなく、当時基板を購入して家でやりまくったのだが、最後までワンコインクリアはできなかった。

エンディングでは主人公の「天現寺ひろみ」のVサイングラフィックと共に、ボス戦前のブリーフィング時のアレンジBGMがながれるのは中々よかったが。

とにかく難易度が高いためちょっとした気分転換にプレイするには向かないゲームだ
(逆にストレスがたまる(^-^;)

  1. 2014/01/10(金) 00:11:04|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「マイルストーンシューティングコレクションカラスwii」


Wiiで初のパッケージソフトを購入
「マイルストーンシューティングコレクションカラスwii」だ。

特に探して買った訳ではないのだが、
シューティングゲームでしかも800円で売っていたので、おもわず購入。

このソフトには
「カラス」
「ラジルギ」
「カオスフィールド」

というマイルストーンのシューティングが
3本収録されていて、ゲーセンでも稼働していたらしいのだが…

どれも知らね~(;´_ゝ`)

まぁ逆に新鮮に遊べると言う事だよね!

と言う事でいざプレイ!

しかし条件を満たさないと最初は
「カラス」しか遊べないのね(^-^;

生ポリゴンっぽいグラフィックと
ダークな色使い、そしてトランスっぽいBGMは中々独特な世界観をかもしだしている。

攻撃は
「ショット」と
近距離攻撃の
「ソード」

そしてボタンを押していないと敵弾を弾く
「バリア」

があり、使用比率が高いものが
それぞれレベルアップして強くなっていくシステム。

マトモにプレイすると、まぁそこそこ
面白く…平凡な感じのシューティング。

だが、システムがわかってくると段々おもしろくなってきた!

ただ全てにおいて陰鬱な雰囲気なので
あまりスカッとしないのは仕方の無い事か
(;´_ゝ`)

他のゲーム
「ラジルギ」と
「カオスフィールド」
もプレイしてみたいが
解禁されない為、レビューは又いずれ。

と、いうか、パッケージに
3つのゲーム収録!!

と、デカデカと唱っているのに
ロックされていてプレイ出来ないって
どうゆう事よ((苦笑))

800円で購入したからまだ許せるけれど


  1. 2014/01/09(木) 00:13:12|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「熱血硬派くにおくん」wiiバーチャルコンソール



Wiiバーチャルコンソールで配信されている
アーケード版「熱血硬派くにおくん」

アーケード版の移植と言えば
プレステ2の「オレたちゲーセン族」版が
あったが、元データの不具合で
敵にとても耐久力があり、難易度が凄く高かった。

Wii版はアーケード版と同じになった為、
難易度が下がり遊びやすくなったのは◎

ただ、全てのBGMが原曲よりも(多少)スローテンポな気がするのは気のせいか?

このゲームも気軽に手軽に遊びたい類いのゲームなのでそういう意味でもバーチャルコンソールに合っていると思う。

しかしこのゲーム作品の世界観…

改めて見直しても
完璧に「昭和」…「1980年代」の要素だけで
構築されてるよな~

良くも悪くも懐かしさで胸が締め付けられる感じ(;´_ゝ`)

とりあえずデモを流しっぱなしにしておいて、
哀愁のあるBGMを聞きながらカップラーメンを食べるとかなり雰囲気が出るハズ!!




  1. 2014/01/08(水) 00:09:31|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「ドラゴンスピリット」wiiバーチャルコンソール


「ドラゴンスピリット」と言えば
個人的にエンディングで最も感動したゲームのひとつ。

当時ゲーセンではクリアするまでプレイしたし
その後アーケード基板も購入した。

ナムコミュージアム5版もオリジナルとは多少違うのに、がっかりしつつもけっこうプレイしたものだ。

先日、PSP版も購入し久々にクリアして世界観を堪能したり…と

さんざんプレイしたゲームなので、wiiバーチャルコンソール版は購入しなくてもイイかな~

と、思っていたのですが、
バーチャルコンソール版は旧バージョン
と、いう情報を得て購入。

ドラゴンスピリットには旧と新のバージョンが存在し、旧バージョンは

自ドラゴンのスピードが遅い
自ドラゴンの当たり判定が大きい
ステージセレクトが無い

と、全体的に難易度が高く、その辺を改良したのが新バージョン…との事だった。

個人的にはニューバージョンしか
まともにプレイした事は無く
せっかくwiiが旧バージョンなのだから
この機会にやってみよう!と思ったのだ。

で、いざプレイしてみたのだが、難易度の低い1~3面あたりは、自機のスピードが遅い為に新バージョンよりもプレイしやすい感じ!

新バージョンは自機のスピードが速い為、
自ら敵弾に当たりにいってしまう事もあったからだ。

しかし、4面以降はうなぎ登りに難易度が上昇!

新バージョンではアドリブで何とでもなっていた場面が、

自機の
「スピードの遅さ」と
「判定のデカさ」

のせいで、キッチリ対処しないと、すぐミスになってしまうのだ。

それでも基本攻略は新も旧もそれほど変わらない為、何とかコンティニューを駆使し、
ラストステージ9面まで到達。

で、9面中ボス(ヒュードラ)でミスした為、コンティニューしようとしたら…

なんと!再開地点が7面まで戻されてショック!!

てっきり9面初めからの再開だと思っていたので、
面倒になってそのままプレイは中断してしまった(;´_ゝ`)

しかし今回のプレイでいかに新バージョンが
ストレス無く改良されているか体感しました…

バーチャルコンソール版はプレイ感覚は
アーケード版にかなり近いし、
ソフトで連射が装備されていたり
良移植ではあるのだけれど

ライフが3設定に出来ない?のと
旧バージョンであるのが少々残念。

難易度が高いだけにクリア時の感動は大きいのは間違いないだろうが、

公式に遊びやすいニューバージョンが存在しているのに、あえて旧バージョンの移植…と言うのは少々解せない気もするのだった。


  1. 2014/01/07(火) 00:07:20|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

「メルヘンメイズ」wiiバーチャルコンソール



ナムコから発売された
クォータービュー(斜め方向見下ろし型)の
2Dアクションゲーム

これも当時ゲーセンではほとんどプレイせず
基板を購入して家でやりまくったゲーム。

不思議の国のアリス…をモチーフとしたかわいらしい世界観でステージは全て空中に浮遊している足場の上。

そこから落下しないようにザコ敵を処理しつつボスまでたどり着き倒せばクリアになる。

一見難易度は高いが、コツを掴めば1コインクリアは比較的容易?な気がする。

ただ、ノーミスクリア…となると、格段に難しくなる。

このゲームは少しずつ進んで、現れるザコ敵を確実に倒して行けばそれほど難しくはないのだが、あまり丁寧にプレイしていると、時間が足りなくなってタイムアップになってしまうのだ。

前半はある程度強引に進んでもフォローが効くが、後半はそうもいかない。

いかに素早く敵を処理しつつ、先に進めるかがこのゲームのキモなのである。

ボス達はステージ道中に比べればそれほど難しくはないが、ラスボスだけは半安全地帯
(画面の右上の方)を知っていないと苦戦必須。

自分の当時の記録は1ミスオールクリア。

どうしても最終面だけはタイムアップでノーミスクリアはできなかった。

で、バーチャルコンソール版!

プレイした感覚はまんまアーケードと同じ!

久々のプレイなので難度かコンティニューして苦戦しつつも何とかクリア!!

もうね…2面や最終面のBGMは何か胸の中を撫でられるような切なくなるような曲で懐かしさも相まって泣きそうになった(;´_ゝ`)

特に最終面はヤバイ!

当時(もう20年以上前か…)東京に住んでいて、ボロアパートでこの
「メルヘンメイズ」を必死にプレイしていた
事を思い出すなぁ…

ナツカシス(;´_ゝ`)


  1. 2014/01/06(月) 04:33:09|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

デスクトップパソコン購入!


デスクトップパソコン購入!
といっても中古だけど!

富士通FMV!セレロン2.5ギガHDD40ギガの
超ハイスペック(笑)パソコンだ(自分内部では(^-^;)

いや、デスクトップパソコンは
東日本大震災の時に全水没して
ネット回線を解約してから購入しておらず

震災後初の購入となる。

震災後に友人からノートパソコンを
プレゼントしてもらうも起動3時間で死亡(苦笑)

自前で9000円の中古ノーパソを買い
今まで使用してきた。

使用…と、言っても完全オフラインで
ギターの音源制作等くらいにしか使っていなかったし、ネットはスマートフォンで全て代替えできていたので特に不便は感じていなかったが。

ではなぜ?今デスクトップパソコン?

それは…正月休みの暇潰しだ(笑)

液晶モニターと各付属品付きで格安だったし
セットアップ用のOS(xp)も付属していたのでおもわず。

使い方としては今まで同様オフラインで
ちまちまとした作業用にするつもりなので
Xpでも問題なし。

久々に昔のエ○ゲーとか買って遊んでみるのも懐かしくてイイかもしれない。

WiiのクラシックコントローラーproをPCで
使える変換器も買ったので同人ゲームも
久々に遊んでみよう!

「飛翔鮎」とか↓
http://www.h7.dion.ne.jp/ ̄tenkuu/hishoayu.html

あと「クイーンオブハート99」とか!

(死ぬほど懐かしい( ノД`)

たしかソフト(盤面のみ)は震災後も破棄してなかったのでどこかにしまってあるハズ!探さねば!



  1. 2014/01/05(日) 09:35:08|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

まちゃみ氏来店!


正月…と言う事で

古くからの友人「まちゃみ氏」が遊びにきた。

彼は知る人ぞ知る
元「ダライアス」Vゾーンの全国一位ハイスコアラー。

まぁ現在はただのオッサンだが(苦笑)

でも相変わらずシューティングゲーム好きで
Xbox360の「赤い刀」をプレイしたいというので救急360プレイ環境を復活させた。

と、言うのも、作年末はwiiに大ハマりしていていたのもあり、年末の大掃除のにXbox360プレイ環境を解体してしまっていたからだ。

液晶テレビのレグザは別件で使用していたのでオリオンの格安テレビで代用。

画質はレグザより劣るものの自機のスピードが遅めのケイブ系シューティングなら微妙に違和感(遅延)があるものの、まぁ普通に遊べるレベル!?

何だかんだ言いつつ、久々に遊ぶと
楽しいよね~ケイブ系シューティング(*^^*)

友達と酒飲みながらシューティングゲームをワイワイプレイできるのもよくよく考えたら幸せな事だ。

なんという贅沢!至高!


  1. 2014/01/04(土) 09:48:23|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「キングオブビデオゲーム」




そもそも何をもって「ビデオゲーム」と呼ぶのかの定義が曖昧ではあるが…

その辺は雰囲気で…
(アーケードゲームであり汎用筐体で
稼働していたゲーム…気持ち的には「Beep」基準?)

で、個人的にこのゲームこそ
「キングオブビデオゲームだ!!」

と、思えるものが3つある。それが

「ファンタジーゾーン」セガ1986
「沙羅曼蛇」コナミ1986
「源平討魔伝」ナムコ1986

だ。

左右任意スクロール
縦横交互スクロール
操作方法の異なる3モードの混在

等、どのゲームもとてもテンプレートになれるようなゲームシステムでは無いのに、
それらが上手く噛み合い絶妙な面白さを演出している。

BGMもわかりやすく、覚えやすく
耳に残り…かつ迫力も満点。

グラフィックも、正にビデオゲームの頂点と言わんばかり、色使いやデザインセンスも神がかっている。

もちろん、これらのゲームが現役稼働していた時代に青春を謳歌(?)していた自分自身の思い入れや補正も多分にあるのは間違いないと思うが。

今プレイしても一区切り(エンディングまで)楽しむのに長すぎず短すぎず、難易度も
程よく(無論攻略方を知っている前提)で
クリア後に充実感と満足感を十二分に味わう事ができるゲームはとても希少。

狙った訳では無いけれど
これらは全て1986年度の作品。

更に三作品とも別メーカーのゲーム。

それ以前のシンプル過ぎるゲームでは無く
それ以後の複雑難度過ぎるゲームでも無く

どのゲームもグラフィックの表示制限を
超えると処理落ちが発生し、当時のハードの
限界まで性能を使いきっているのも胸に染みる。

ハード的な余裕が無い中で技術と力業で
濃縮された各ゲームの濃厚さ!

たまらん!

現在でも家庭用ゲーム機で、移植度が高いモノが比較的安価に入手でき、今でも気軽(?)に楽しめるのも◎
(サターンやプレステ2、PSP、wii等…)

これらいろいろな要素が絡み合い
個人的「キングオブビデオゲーム!!」

はこれら3作品に決定!!



  1. 2014/01/02(木) 02:46:04|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ドンキーコング」wiiバーチャルコンソール



明けましておめでとうございます!
今年もよろしくお願いいたします(*^^*)

さて…テレビゲームを遊んでだいぶ長くなりますが…

家庭用ゲーム機!というくくりの中で桁違いに感動したゲームが今までの人生で3本ある。

ひとつはファミコンの
「ドンキーコング」

それまで家庭で遊べるゲームといったら
簡素なブロック崩しのようなゲームしかなかったのに、カラフルでゲーセンそのまま(少なくても当時はそう見えた。)のドンキーコングが家庭用テレビで動いていた衝撃は今でも忘れない。夢にまで見たほど。


次に2つめ、セガメガドライブスーパー32Xの
「スペースハリアー」

アーケード版そのまま(実際には多少ちがうが)のスペースハリアーが自宅で遊べる感動!

家庭用ゲーム機では絶対に性能では追い付けない…と思っていた
当時最高峰のパソコン「X68000」版の
スペースハリアーより遥かにアーケード版に
近かったのは驚愕したし、誇張でなく本当に震えた!

ゲームもプレイしまくったし
サウンドテストでBGMを永遠と聞いて悦に入っていたのも懐かしい思い出。


そして3つめ。プレイステーションの
「リッジレーサー」

発売当時プレイステーション自体全くノーマークでアウトオブ眼中だったが
いざリッジをプレイしてみたら凄すぎて目から滝の鱗!

発売日(1994年12月3日)に本体を買えなかったので、翌月1995年1月1日元旦の初売りで雪の降る中、早朝からオモチャ屋に並んで購入したのも良い思い出だ。
(今日からちょうど19年前!!(^-^;)

プレステ本体39800円
メモリーカード2000円
リッジレーサーのソフト5800円

と、リッジの為だけに約50000円の出費!
よくよく考えれば異常な出費だが、
当時は1ミリの躊躇も無かった。

それほど「リッジレーサー」は魅力的だったし、実際その期待に応えるほど楽しめたゲームだった。

……………………………………………


そんな深い思い出のあるゲームのひとつ、
ファミコン版「ドンキーコング」を
Wiiバーチャルコンソールでダウンロード!

311の震災でファミコンソフトを全消失してから初の「ドンキーコング」

もうね、デモ画面のBGMを聞いただけで元取った気分( ノД`)

ゲームもキッチリオリジナルどうりで
ハシゴワープ(画像2枚目)や樽稼ぎも可能!

ファミコンでは不可能なD端子での綺麗な映像で遊べるのも◎

ただクッキリ綺麗なのはいいが、色味がドギツクなってしまうのはしかたのないところか。

ゲームの方は3周目の2面以降がかなり難易度上昇(と、いうか2面のスプリングは運)するのであまりやり込みには向いていないが…

まぁ、たま~にプレイして1周クリアして満足!

…と、いったプレイスタイルが最も似合っているかもしれない。


  1. 2014/01/01(水) 01:19:05|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2