ゲームコーナーよんぷら♪

元ゲーム戦士の戯言

「スペースハリアー」地平線の彼方へ、他




任天堂wii版の「スペースハリアー」は
地平線の傾きが低く迫力不足…

と、以前blog中で語ったけれど、どれぐらい違うのか、画像で比較してみた。

アナログスティックで一番下まで入力した時の地平線の位置に注目。(リバース設定時)

1枚目はセガサターン版
2枚目はwii版

ハリアーの足先の位置と地平線の位置を比べると
Wii版は地面の傾きが少ない事が分かる。

一見たいした違いは無いように思うかもしれないが
画面上を大きく移動したときのダイナミックさがかなり違う。

天井があるステージではより明確な差が。

アナログスティックで遊んだ場合限定で
十字キーでのプレイ時は差がでないが…
(十字キーではどちらも地平線があまり傾かない)

やはり、画面はダイナミックにグリングリン動いた方が気持ちいいのは確か。

そして、プレイ感覚だが、十字キーでプレイした場合は
「プレステ2版」と「wii版」は操作に
違和感を覚える。

具体的にはハリアーが滑るような感じでカチッとした操作が出来ない感じ。

これらは、エミュレーション移植(オリジナルのデータを家庭用ゲーム機で動作させている)ので、元々アーケード版のアナログ操作を無理やりデジタルの十字キーで対応させている為だと思われる。

対し、ドリキャス版やセガサターン版は
ハード毎に作り直されているので十字キーでの操作でも、キッチリと違和感なく操作できるのだ。

操縦桿系のスティックだと
セガサターンのミッションスティックは、個人的には最強レベルだと感じる。スティックを土台に完全固定すれば尚◎

プレステ2のホリフライトスティックでは
アーケード版アフターバーナーのような2軸のアナログスティックだが、どうしても斜め方向の入力に違和感を感じてしまう。

総合的に考えると
スペースハリアーはセガサターン版が
一番良い!と言うのが個人的見解。

今年も最後の最後でセガサターン版の
「アフターバーナー」と
「スペースハリアー」の
専用プレイ環境を構築した位だし!
(画像3枚目)

やっぱセガ体感ゲームは最高だね!

と、言ったところで、今年も終了。

来年も又、よろしくお願いいたします(*^^*)




スポンサーサイト
  1. 2013/12/31(火) 04:54:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

「ブレイジングスター」wiiバーチャルコンソール


ネオジオで発売された横スクロールシューティング。

アーケードでは全くプレイしなかった…と、いうか、存在すら知らなかったこのゲーム。

2003年頃から
「自宅をゲームコーナーみたいにしよう!」
と「ゲームコーナー補完計画」を発動!

その時に、業務用のネオジオ「MVS」を導入。

そこで、購入したのが
「ブレイジングスター」。

ドット絵で描かれる世界観とアニメーション
超カッコいいBGMに一目で惚れたのだった。

個人的に世界観の好きな2D横シューティング…
と、言ったらまず
「ダライアス外伝」

その次に
「ブレイジングスター」
を差したい程!

で、バーチャルコンソール版だが、

業務用ではなく、家庭用版の移植なのね。
コンティニューは無限では無く、有限。

ただ、メモリーカード有りの状態なので
メモリーカード基準のセーブロードは可能。

替わりに中断機能は存在しない。

ボタン位置の変更は出来ず、ソフト連射も無いので、連射付きパットは必須!?

しかし、このゲーム、連射と溜め撃ちを使い分ける必要があるので、連射切り替えが楽なものでないと本気でプレイするのは無理だろう。

ショットボタンを複数設定できればこの問題は解決できるのだが…

このような仕様なので、点数稼ぎは諦めて、ショット連射一点でクリア重視で
プレイせざるを得ない。

又、他のバーチャルコンソールではほとんど感じられなかった
「遅延」が感じられるのもマイナスポイント。

遊べない程ではないが、モッサリした自機の挙動は違和感を覚える。

上記のような感じなので「ブレイジングスター」好きとしては少々残念な移植だ。

かと言って、オリジナルを買っても遅延以外は同じ仕様なのだけれど(^-^;

しかし、ボス戦のBGMのカッコ良さは健在!
超テンション上がるよな~!!

たまんね~!!




  1. 2013/12/30(月) 11:20:14|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「超絶倫人べラボーマン」wiiバーチャルコンソール


ナムコの2Dアクションゲーム。

本作のアーケード版のウリは
べラボースイッチ(タッチレスポンスイッチ)と呼ばれる独特なボタンを採用していた事だろう。

見た目は普通のボタンなのだが、ボタンを叩く強さでキャラのパンチやキック、ジャンプ等の動作がより、長く高くなるというもの。

ゲーム中の設定で、主人公が手足、首が伸びる正義のヒーローなのでこの特殊ボタンが主人公べラボーマンとの一体感を高めてくれた。

ただし、その特殊性故に、オリジナルのアーケード基板を買っただけでは遊ぶ事ができず、基板プラスべラボースイッチを制御する小基板、更にべラボースイッチ×2が必要になる手間。

基板だけでは遊べないので、自ずとボタンや小基板とのセットだと価格も高騰。

一時期は結構な値段が付いていた気がする(今もか?)

自分は当時、ラッキーにも全て揃える事ができて、コントロールボックスの2P側にべラボースイッチを装着して遊んでいた。

レバーは1P側、ボタンは2P側だったので、やたら間隔が広くプレイスタイルは滑稽だったが、それでもオリジナル版を遊んでいる満足感は高かった。

PCエンジンにも移植され、ボタンは押している長さで強弱に変化をつけられるようになったのは中々よかったが、いかんせんグラフィックとBGMはショボショボで残念な気持ちになったものだ。

そして、初の完全移植?となる
Wiiバーチャルコンソール版。

操作系はPCエンジンタイプと
6ボタンタイプが用意されているが…

PCエンジンタイプは、強攻撃をだすのにタイムラグがありすぎるし、

6ボタンタイプはボタン位置を変更できない残念さ!

べラボーマンでよく使うのは、強攻撃、強ジャンプ、弱攻撃…の3つなので、このボタンを使いやすいように変更させて欲しかった。

よく使う強攻撃と強ジャンプがクラシックコントローラーではLRボタンに強制割り当てって…

しばらく遊んでいたら徐々になれつつあるが、気持ち良く遊ぶには6ボタンパットを導入するしかないのかもしれない。

何はともあれ「べラボーマン」

ゲームの方は中盤から後半が凄く長くて
コンティニューしまくりでもクリアまで
かなり時間がかかるのは難点…

難易度はかなり高いし。

しかし、ラスボスの爆田博士のBGMは
「源平倒魔伝」の源頼朝のBGMアレンジ
だったり、

エンディングで夕日をバックに
全力疾走するべラボーマンは凄く感慨深いので

キャラや世界観が好きならエンディングまで
頑張る価値はあると思う。

そうそう意味では
コンティニューはその場復活で
Wiiの中断機能は凄く便利!!

コンティニュー時の台詞が沢山用意されているのも地味に嬉しい(*^^*)




  1. 2013/12/29(日) 01:08:10|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「珍道中!!ポールの大冒険」wiiウェア



任天堂wii専用のダウンロードソフト。

ファミコンテイストの2D横スクロールアクションゲーム。

難易度的にはファミコンのスーパーマリオの
1ー3位までクリア出来れば全面クリアできるレベル?で超簡単。

ただ、このゲームのキモは、ファミコンテイストなグラフィック、BGM、雰囲気と、
ステージ全編に散りばめられたネタの数々!

何かネタがあるたびに音声と字幕でツッコミが入るのは、爆笑…とまではいかないが、鼻でフフッ…と笑ってしまう。

キャラクターが沢山表示された時の「処理落ち」や「ちらつき」
ファミコンプレイ時に、カセットを触ってしまった時のバグなんかも
ゲーム中のネタになっていたりするので中々感慨深さもあるのは◎

ある意味ファミコン世代なら遊んでおかないと損するレベルのゲームかも?
(逆にファミコン世代でないと全く楽しめない!?)

最終面で凶悪(しかも、ファミコン世代なら必ず引っ掛かる)罠があるが
普通にゲームをやり直せば、タイトルでステージセレクトできるのは助かった。
(^-^;

こういうネタ系ソフトは1度遊んだら終わりな気もするが、価格も500円だし、正月深夜の酒のツマミとして遊ぶには最高のゲームかも!?

自分は凄く楽しめた(*^^*)







  1. 2013/12/28(土) 05:51:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「スプラッターハウス」wiiバーチャルコンソール


ホラー映画を題材にしたナムコの2Dアクションゲーム。

このギリギリの気持ち悪さと何かコミカルなデザイン、雰囲気はこの頃のナムコならでは!

しかし、ゲーム自体はちょっとクセがあり、ゲーセンで稼働当時、1度だけプレイして肌に合わない…とやり込む事は無かった。

その後、ナムコ系の基板収集をした時も、この「スプラッターハウス」は人気だったらしく、中々中古基板(又はロムキット)に巡り会えないまま基板収集も終息。

そして、2013年12月末!
いく年月を経てついに!
アーケード版「スプラッターハウス」が
我が手に!!(←大げさ(^-^;)

早速プレイ開始!
「やっぱりPCエンジン版とはちがうな~」と
感慨にふけながらサクサク攻略!

ゲーセンでの稼働当時、自分ではプレイしていなかったが、友人達がプレイしていたのはよく見ていたので何となく攻略的なものを覚えていたのは幸い。

が!しかし、ついにハマりはじめた。
5面ボスのジェニファーだ。

何度やっても倒せず、ちょっと挫折しかけるも
ネットで攻略を見るのも腹立たしかったので
根性でコンティニューし続け攻略方を発見!

なんとか倒した後、6面7面でも苦しむも気合いで何とかオールクリア!!!

まぁライフ6個設定のコンティニューしまくりだったけど、久々にやり遂げた感!

基本バーチャルコンソールアーケードは
思い出補完で購入してきたが、まさか
普通に攻略して楽しめたのは予想外!

余裕で元とった気分!

スプラッターハウス最高《*≧∀≦》

  1. 2013/12/27(金) 00:03:04|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「妖怪道中記」wiiバーチャルコンソール


「妖怪道中記」懐かしいですな~( ノД`)…

ファミコンやPCエンジンでも移植発売されたけれど、やっぱりグラフィックとBGMのクオリティーの高さはダントツでアーケード版。

難易度の凄い高いゲームだったので、実際にゲーセンでは数回しかプレイせずに挫折。

そんな難しいゲームだからこそ、アーケードゲーム基板を購入して何回もプレイするには最高のゲームかも!!

と、思って、昔基板を購入しましたよ。
価格は確か45000円程で(;´_ゝ`)

妖怪道中記はナムコシステムIという、システム基板で動いているので、基板上のロムを交換すれば、同じシステムIのドラゴンスピリットやメルヘンメイズ等に交換できたのですが…

当時の情報だと、妖怪道中記から他のゲームへ交換はできても、他のシステムIのゲームからは妖怪道中記へは交換が出来ない(交換してもゲームが起動しない)というのが常識で、基板毎購入するしかなかったのですよ。(今調べてみたら、EPロムの後差しで起動させる事は可能らしいが)

そんなこんなで基板毎購入してプレイしたものの結局1コインクリアは出来なくて、個人的には2コイン天界クリアが最高でした。

そんな懐かしい思い出もある妖怪道中記。
Wii版もダウンロードしてみました。

何度も言うようですが、当時45000円で買ったものが、800円だものな~(ФωФ)
と、この感慨深さだけで満足(笑)

ゲームの方はニューバージョン(タイトル画面のロゴにたろすけがいる)

昔買った基板は旧バージョンでニューバージョンの方が難易度が下がっているらしいので、その違いを確認する意味もこめていざプレイ!!



1面でゲームオーバーになりましたよ(苦笑)

こんなに難しかったっけ!?
いやこんな感じかも(^-^;

とにかく、敵が目の前にバンバン沸いてきて、不条理なダメージを喰らいまくる。

そうそう、その沸いてくる敵の出現パターンを覚えるのも、攻略だった。

あとは永久パターン防止キャラの鬼火の処理。

ノーコンティニュークリアは無理でも、2コインクリアなら、頑張ればできるハズ!

もう一度頑張ってみるかな!

  1. 2013/12/26(木) 00:03:26|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

「ワルキューレの伝説」wiiバーチャルコンソール


可愛らしいキャラクターと壮大なBGM、
いかにも冒険をしているんだ!と、いう気にさせてくれる、変化に富んだステージ。
下手な長編RPGよりも感動できるメッセージ性の強いエンディング等

名作と言って過言ではないだろう。

見下ろし型のジャンプアクションとしては
少々難しい気もするが、慣れればどうという事はない。

個人的には必死でアーケード版をプレイし、1度だけクリアする事ができたのだが、
その時はヘッドフォン端子付きの筐体でプレイしていて、物凄いのめり込んでいたので
エンディングでは泣くほど感動した記憶がある。

(ちなみにノーコンティニュークリアでないと、簡素なエンディングになるので感動を味わうならノーコンティニュークリアは必須!)

ナムコミュージアム5版の移植もとても良く出来ていたが、通常画面でプレイすると画面の比率が違っていたり、ステージクリア後にデータ読み込みがあったり、多少気になる部分もあった。

がwii版はまんまアーケード!
更にwii版は何故か?BGMが非常に気持ち良く聞こえるのだ。

音質が良い訳では無いのだが、ボリュームが高めなのもあり、とにかくゲームをプレイしていてBGMが凄く気持ち良く聞こえる。

これだけでも買った価値があるというものだ
(*^^*)

これだけ気持ち良くBGMが聞けるなら…
と、同じナムコシステムIIの
「バーニングフォース」と「ドラゴンセイバー」も購入してみたが、これらは全然BGMが気持ち良く聞けなくてかなり残念な結果に…(買って損したと思うレベル)

なぜ同じメーカーの同じシステム基板のゲーム移植なのにこれ程違うのか?謎?

「フェリオス」はまともだったのでひと安心だが(;´_ゝ`)


※ちなみに
今まで数々のゲームをプレイしてきたが
エンディングで感動したゲームベスト3を上げるなら

1位、「グラディウス2」(MSX版)
2位、「ドラゴンスピリット」(アーケード版)
3位、「ワルキューレの伝説」(アーケード版)

になる~パッと思い付く限り。

よく考えたら、これら全てバーチャルコンソールで配信されてるのもある意味凄い。

運命か?(勘繰り過ぎ)


  1. 2013/12/25(水) 00:09:25|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「セガR360」



そして、セガ体感筐体の究極
「R360」

出回った数を考えても「体感ゲーム」
というより「アトラクション」的なものかもしれないが…

初めて見たのは渋谷のセガで「おぉ!!」と思ったものの
搭載されていたゲームは「ラッドモビール」でちょっと
がっかりしたものだ。

それでもこの機会を逃したらもうプレイはできないかも?
と、思いプレイ!

1プレイ500円で、しかも付き添いの女性クルーが見守る中での
プレイ…と、言うことで居心地の悪さを感じつつもスタート。

ラッドモビール…車のゲームだけあって、せっかくの
R360筐体なのに、ぐるぐる回転する事もなく少々がっかり。

崖から転落したときだけ逆さまになる演出があったが。

プレイ後、「こんなものか…」という感想を抱いて
そそくさと、そのゲーセンを後にした。

しかし、今にして思えば、R360にハンドルと
アクセルが付いたラッドモビールバージョンなんて
逆に貴重でプレイしていて良かった!とも思う。

その後、仙台のゲーセンで再び「R360」に遭遇!
しかも、念願のG-LOCバージョン!

さらに正月特価?か何かで1プレイ100円!
興奮し過ぎて、ここぞとばかりに5回も連続でプレイ!

ゲームがG-LOCバージョンという事でラッドモビールとは違い
戦闘機のゲーム。

好きなようにR360の筐体をぐるぐる回転させる事ができて
超感激に超迫力!

自機の挙動は、オリジナルG-LOCの上級レベルと同じような感じ
だったので、ずっと背面飛行する事もできました!
(その間自分は完全に逆さま状態)

プレイした感想は、ゲーム!と言うより
体感筐体を楽しむ為の存在…それが「R360」
だと思った。

ジェットコースターのようなシートベルトが
ゴツくてかなり狭苦しいですし。

でも、この筐体でアフターバーナーとかプレイできたら
迫力満点だろうな~。

まぁあんまりプレイ時間が長いと気持ち悪くなりそうだけど
(^-^;



  1. 2013/12/23(月) 23:49:48|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

「ギャラクシーフォースII」スーパーデラックスタイプ思い出



セガ体感ゲームの「ギャラクシーフォースII」

当時、行きつけのゲーセンには無かったのでやり込む程は
プレイできなかった。

トータルでプレイした回数も10回くらいかも?

しかし、その少ない回数でも
プレイできたのは全て「スーパーデラックスタイプ」だったのは
今にして思えばラッキーだった。

こういう動画を見るとその時の感触が蘇ってくるし(*^^*)

しかし、この動画は貴重かも?
プレイしているのを外から撮ったモノはいくつか見たことが
あるが、筐体にカメラを固定しての撮影なんて
個人所有ならでは!(外人スゲー!!)

で、当時スーパーデラックスタイプでプレイした感想としては
動き自体の派手さはスペースハリアーやアフターバーナーには
敵わないが、コクピットに乗り込むような雰囲気と
「なんか!俺スゲーゲームを遊んでる!」感が凄かった。

つまり、ゲームよりも、その圧倒的筐体の存在感に
呑まれていたんだな…と思う。

その後、セガサターン版やプレステ2版でやり込んで
ゲーム内容自体も大好きになったけど。

現役時にプレイできてて良かった…
と思うのであった。

  1. 2013/12/23(月) 04:02:52|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「アフターバーナーII」コマンダータイプ思い出



セガの体感ゲーム
「アフターバーナーII」と言えば
個人的にもっとも多くプレイしたのが
このコマンダータイプだった。

学生の頃、ボウリング場「フジボウル」のゲームコーナーで
プレイしたのを懐かしく思い出す( ノД`)…

「サターン版最強!」とか良くいうけれど
オリジナル筐体のこの迫力!!

筐体の造形やセンスも最高だ!
たまんねー《*≧∀≦》


  1. 2013/12/22(日) 00:32:26|
  2. ゲーム
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「Wii本体」予備機購入!


と、言うことで
「Wii本体」の予備機を購入!

Wii本体の製造は既に中止されているが
まだ市場には新品の本体も存在していて
1万2~3000円で購入可能。

中古だと5000~8000円程の感覚。

予備として買うにはちと高いかな?

と、思っていたら見つけました!
リモコンとセンサーバーとカバーが欠品した
Wii本体「値段は1900円!」

即買いしました(*^^*)

センサーバーとリモコンがなくてもWiiには
ゲームキューブコントローラーの差し込み口があるので
それで操作できるだろう…

と、思ったら、リモコンとセンサーバーがないと、本体設定ができずゲームを遊べないのね…だから安いのか。

まぁ予備としては問題なし!
とりあえずメイン使用のwiiのセンサーバーとリモコンを拝借して本体設定。

ネットに繋いでみた所、 wiiポイントが500円分残っていてラッキー!

前所有者が使用せず残したまま本体を売ったんだな…

ちょっとまてよ?初期化されてないなら
以前の所有者がダウンロードしたソフトウェアも再ダウンロードできるハズ!

と、思たら案の定出来ましたヽ(^○^)ノ

ボンバーマンやドクターマリオなど
Wiiウェアのソフト3本にファミコンのツインビー+500円分のポイント!

1900円で買った本体だけど、4000円分のソフトが付属していたので凄い得した気分!

とりあえず自前で
グラディウスリバースをダウンロードしておいた。

もともとグラディウスリバース専用機にするつもりだったし。

いずれ部屋にあるテーブル筐体に組み込んで
テーブル筐体でグラディウスリバースを遊ぼう…と思っている。



  1. 2013/12/21(土) 00:03:41|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「アフターバーナーII」3DS版発売記念


任天堂3DS版「アフターバーナー」発売記念!

と、言うことで世間は盛り上がってる?っぽいですが

3DSを持ってないのでとりあえずセガサターン版をプレイ!

せっかくなので、倉庫からRGBモニターと
ミッションスティックを掘り出してきて
プレイ環境を再構築!

やっべー!やっぱミッションスティックで
ロックオンワイド設定で遊ぶと超楽しい
(*^^*)

たまらんね。


  1. 2013/12/20(金) 00:09:22|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

「源平倒魔伝」wiiバーチャルコンソール



「源平倒魔伝」といえば個人的に大好きなゲーム!

プレステのナムコミュージアムvol4に収録された時は嬉しくて遊びまくったものだ。

しかし、ミュージアム版は処理がスムーズ過ぎて全体的に重厚感がなくなってしまっていたのは少々残念だった。

で、wiiのバーチャルコンソール版だが
これが、処理のもたつきを含めて、アーケード版をひじょうに良く再現している。

少なくてもイメージ的にはアーケード版と
全く一緒だ!

ゲーセン時代からやりまくっていたので今更…という気持ちもあったのだが、よくよく考えたら、今まではクリア重視のプレスしかしていなかったので、別ルートを通ってのプレイだと凄く新鮮だし、最速でプレイすれば10分前後でクリアできる手軽さも◎!

独特の世界観と重厚なエンディングを堪能するだけでもかなり満足度は高い!

たまらんね(*^^*)




  1. 2013/12/19(木) 00:02:47|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ギャプラス」wiiバーチャルコンソール


唐突に「ギャプラス」をプレイしたくなり購入。

「ギャプラス」の移植と言えば
プレステのナムコミュージアム2版があるが
ノーマルのモニターでは画面比率がおかしく
気持ちよくプレイできないし
かと言ってギャプラスの為だけにプレステの
縦画面環境を作るのもめんどくせ(´Д`)

と言うことでバーチャルコンソール版を導入。

プレステ版も良くできていたが
ちょっとアーケード版とは違う部分もあったし。

個人的にアーケード版はパーセック31(31面)で
処理能力を越えたスピードで敵ギャプラスが
飛び回る為、処理落ちしてガクガクとスローになるのが凄い好きだった。

しかしプレステ版はその処理落ちが無かった為少々がっかりしたものだ。

で、wiiバーチャルコンソール版でも
31面まで遊んでみたが、アーケード版程では
ないものの、ちょっとだけ処理落ちして
スローになった(*^^*)

その部分だけではないが、やはりエミュレーション移植なだけあってプレステ版より
アーケードっぽいのも嬉しい!

しかも、ほとんどのバーチャルコンソール用ソフトと同じく「ゲームの中断機能」がついているので、普通に遊ぶと長時間プレイになりがちな、本ゲームも日をまたいでチマチマ遊べるのは非常にありがたい。

目指せ!一億点!!(ムリポ)


  1. 2013/12/18(水) 00:03:22|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「クレイジークライマー」wiiバーチャルコンソール


Wiiのバーチャルコンソールのソフトは結構な数をダウンロードしたが
その中で一番多くプレイしているのは
「スーパーハングオン」

そして次にプレイしているのがこの
「クレイジークライマー」だ!

クレイジークライマーは
個人的に生まれて初めてハマってプレイしたアーケードゲーム!

と言うことで、思い入れも深いが
そのゲーム性故に相当やり込んでいても
1周クリアするのはかなり難しい。

とは言えテンポはいいので1日1回腕試しにサクっと遊べるのが良い!

操作はクラシックコントローラーだとアナログスティック2本を使ってのプレイになるが
かなりアーケードライクに楽しむ事ができる(プレイし過ぎて慣れただけかもしれないが…)

移植度的には版権の関係で
「シラケコンドル」の曲と
「バルーンのドラえもん」の曲が
変更になってしまっているが
個人的には許せる範囲

逆にシラケコンドルの曲は
もの悲しげで味がありかえって好きかも。

プレステ2の「オレたちゲーセン族」版の
「クレイジークライマー」の方が曲も変更無しでアーケードに近いが
微妙に遅延がありストレスだった。

Wii版もほとんど変わらないがプレステ2版よりちょっとだけマシ?(操作が軽い?)気がする。(要検証)

バーチャルコンソールはソフトの入れ替え無しで気が向いた時にちょろっと遊べるのも魅力。

クレイジークライマーはそんな、ちょろっと遊ぶにはピッタリのゲームなのだ!

  1. 2013/12/17(火) 00:12:04|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

任天堂wii。感想その2


自分の中で異様な盛り上がりをみせている
「任天堂wii」

最初はグラディウスリバースやフェリオス等、wiiでしか遊べないゲームだけをダウンロードするつもりだったが…

他機種に良移植があるゲームでも、よりアーケード版に近くなっているものが多く地味に感動!

例えば過去にナムコミュージアムで出た
「ギャプラス」や「源平倒魔伝」
カプコンジェネレーションの
「エグゼドエグゼス」等

今までの移植でも十分に楽しめたものの
バーチャルコンソール版では細かい部分でよりアーケードに近くなって
個人的に納得のいかなかった部分も改善されたので、満足度が更にアップ!

テンションが上がった!

そして、その流れで、ナムコのシステムI、IIのゲームも購入

「メルヘンメイズ」や「バーニングフォース」「ワルキューレの伝説」。

1990年頃、自分が最もアーケードゲーム基板収集に熱を注いでいた時期でもあり、この辺のナムコ系のゲームを買い漁っていた記憶が蘇り超懐かしい気持ちになったのだ。

当時ナムコシステム系のゲームはロムキットなら15000~20000円。基板毎だと45000~100000円位だった記憶があるが、
その頃は
「家庭用ゲーム機ではゲーセンと同じクオリティーのゲームは遊べない!」
時代であり
同じモノを遊びたければ基板購入しかない状態だったので、躊躇なくバンバン購入していたのだ。

今にして思えば高額な無駄使いではあるのだが、それ以上に満足感も得ていたのも確か。

そして、そんなロムキットや基板の出物を求めて毎週、東京五反田のキョーワインターナショナルや恵比寿のロータスプレスといったアーケードゲーム基板専門店に足を運んだ記憶が懐かしく蘇り…

そんな過去があるだけに、家にいながら、
しかもたった800円でほぼアーケード版と変わらないゲームがダウンロードできる!

と、いうのは、当時の感覚から言ったら
「奇跡」のような事で…

そういう思い出…思い入れ補正も含めて
予想以上にwiiのバーチャルコンソール(特にアーケード)にのめり込んでいるのであった。

ゲームを遊ぶ楽しさ
プラス
購入する楽しさ

で楽しさ2倍!更に倍、ドン!ってな感じで。

そして、wiiのバーチャルコンソールをプレイしてわかったのだが、中断機能があるのは凄く便利!

任意でのセーブロードでは無いので何度も同じ場所を練習したりはできないが、多少単調なゲームやゲーム途中で飽きて終了しても、次回その続きからプレイできるのは良い!

そしてゲームはデータを本体に保存する形になるので、ゲームからゲームへの移行が素早く行えるのも◎

無論本体が壊れた場合、ゲームソフトも全部遊べなくなるが…(任天堂に修理を依頼すれば別)

これら
「ゲーム間の移行がスムーズ」
「ゲームの中断機能」
「ゲーム自体又は当初の思い出」

がシンクロしwiiを楽しんでいる!

2013年、年末にきてこんなに楽しめる
ゲーム機に出会えるとは(*^^*)

しかし、ハマった時にはすでに
Wii本体の製造は中止されていた現実(苦笑)

まだ、ソフトウェアのダウンロードサービスはあったから良かったものの、危うくこの楽しみ…楽しさを逃す所だった(´д`|||)

危なかったヨー(^-^ゞ



  1. 2013/12/16(月) 00:16:04|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「スペースハリアー」wiiバーチャルコンソール


アーケード版「スペースハリアー」の移植は
ある意味オリジナルを越えた「セガサターン版」があるので購入する必要はないか…

と、思ったがヌンチャクコントローラーを
操縦悍に見立てて操作できる…
と、言うのを試してみたくて購入。

ゲーム自体は良くも悪くもアーケード版まんま
処理落ちもするし、効果音でBGMが消えたりするし、効果音が鳴りっぱなしになるバグも再現されている。

で、肝心のヌンチャクコントローラーでの操作だが…

遊べない事はないけれど、緻密な操作は困難。

とても面白い試みだし、雰囲気は悪くないのだが、いかんせん制度が悪すぎる。

ひじょうに惜しい。

普通に遊ぶだけなら十字キーで楽しめるが
だったらサターン版やドリキャス版を遊んだ方がマシ…かも?

アナログスティックで遊ぶと、ハリアーを
画面の一番上に位置させても、地平線が
あまり上昇しないのも迫力に欠ける。

他機種版がなければwii版メインで全然いけるし、ハリアー好きならダウンロードしても損はないかも(800円だし)



  1. 2013/12/15(日) 00:05:05|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「グラディウスリバース」wiiウェア


Wiiのダウンロード専用ソフト
「グラディウスリバース」

ゲームの雰囲気的には「グラディウス」と
「グラディウスII」の中間位で難易度も
程好い感じ。

家庭用らしくストーリーや子芝居的な要素があり、それが、MSX版グラディウスシリーズと繋がりがある…となれば当時のファンとしては涙ものだ( ノД`)…

そして最も心に響くのがBGM!!
「グラディウスリバース」に使われている曲は
シリーズ過去作品の中からのアレンジなのだが、
それが素晴らしく良い!

音源をあえて「グラディウスIIやIII」と同じものを使用しているのも熱い!!

多少ステージが少ない気もするが、
コレくらいアッサリ目でもいいのかもしれない。

震災前に友人から借りてプレイしていた時は3周目位はクリアできていたけど、ひさびさにプレイしたら1周クリアもいっぱいいっぱい
(;´_ゝ`)

でも超楽しい(*^▽^)/★*☆♪

買って良かったwii!!

  1. 2013/12/14(土) 00:03:21|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

「グラディウスII(PCE版)」wiiバーチャルコンソール


PCエンジンCDROM版の「グラディウスII」
をダウンロード。

PCエンジン版が発売されたのは1992年。

この頃、個人的にアーケード基板を購入するのがブームで
学生の頃一番ハマり込んだ「グラディウスII」の基板も所持していた。

なので、移植版が発売されてもたいして気にも止めなかった。

なので、今こうしてプレイしてみると
アルゴリズムの違い等が逆に新鮮で楽しい(*^^*)

BGMはアーケード版そのままだし、
グラフィックもほぼ同じ。

一応当たり障りのないオリジナルステージがあったりと
「スーパーダライアス」と似た血統を感じる。

まんまアーケード版ではないけれど
「グラディウスII」の雰囲気を味わうには
十分かも。

イージーにすればかなり簡単になるし。

個人的にはPCEオリジナルのオープニングが
「この頃のコナミはマニアのツボを突いてて良かったなぁ~(;´_ゝ`)」
と、何だか胸が熱くなったよ…

どうせならアーケード版も配信してくれたら良かったのにな。


  1. 2013/12/13(金) 00:13:53|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

「ソルバルウ」wiiバーチャルコンソール


「ソルバルウ」
と言えば古典的名作「ゼビウス」の世界を
3Dで再現したゲーム。

専用の大型筐体でゲーセン稼働していたが…
人気は全然無かった気がする(苦笑)

ゼビウスの世界観は悪くは無かったが、
とにかく難しさだけがやたらと感じられたゲームだった。

で、初の移植となるwiiのバーチャルコンソール版
家では32インチのテレビでプレイしているが、
やはり凸面鏡?を使用した専用筐体の迫力には敵わない…と感じた。

Wiiリモコンを画面に向け照準と自機を操作するプレイスタイルは画期的だが、センサー範囲を外れると操作不能に陥る事も…

難易度もかなり高く不条理なダメージを受ける事も多々。

コンティニューは無限だが、その場復活ではなく、エリアの最初からなので、ごり押しでのクリアは不可能。

と、言うか宇宙ステージ(3回目のアンドアジェネシス)が強烈に難し過ぎて50回位コンティニューしても未だクリアできず( ノД`)

これ…ほんとにクリアできるのか!?
って感じ。

せめてもうちょっと簡単でその場復活だったら、ゼビウスの世界観を楽しむ…という遊び方もできるのだけど。

ただ、最初のアンドアジェネシスが上空から出現するシーンはちょっと感動するけど

浮遊要塞と呼ばれながら、ゼビウスでは
地面に張り付いて(もしくは地面を走行して)いるようにしか見えなかったから

3D化されて浮遊している様は正に
「アンドアジェネシス(アドーアギレネス)」!!

あと、敵キャラクターもソルバルウ視点でみると完全に「UFO」に見えるのも何故か胸熱

それだけに、ゲーム部分のバランスの悪さが残念。


  1. 2013/12/12(木) 00:09:36|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「スターブレード」wiiバーチャルコンソール


「スターブレード」と言えば
一部にコアなファンが存在する
3Dのスペースシューティングゲーム!

自分もゲーセンでハマったくちなので大好きなゲーム。

プレステで発売された時は嬉しくて発売日に購入したけれど、ゲーム性…と言うか操作性がいまいちで残念な気持ちになったものだ。
(背景もムービー垂れ流しだったし)

その後、月日は流れ、プレステ2の
「鉄拳5」にオマケとしてほぼ完全移植の
「スターブレード」が収録されている事をしり購入。

アンロックするのはかなり大変だったものの
(詳しくはググろう)なんとかプレイ可能に!

マウスと連射パットを使う事で、かなり快適に、まんまアーケードのスターブレードをプレイする事ができて超満足したものだ。

そして、wiiのバーチャルコンソール版
スターブレード。

リモコンを画面に向けて直感的に照準を合わせてプレイするスタイルはwiiならでは!

しかもかなり操作しやすい!
ショットもフルオートの超連射が設定できるので快適!

ただ、個人的には、飽きる程プレステ2版を
遊んだ過去があるので、スターブレードをプレイできる感動はだいぶ薄くなってしまっているのは少々さみしいが。

あと、wiiリモコンを使用してプレイする関係上、ある程度テレビから距離をとってプレイしなければならず
よほど大きいテレビでないとアーケードの迫力ではプレイできないのも残念。

32インチでは迫力不足、50インチは必要か?

プレステ2版をプレイしていた時は目一杯画面に近づいてプレイできたので32インチでもかなりの迫力を味わえたが。

何はともあれ、気軽にプレイできる…という点ではかなり重宝できるwii版スターブレードなのであった。



  1. 2013/12/11(水) 00:09:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

「フェリオス」wiiバーチャルコンソール



まともな(アーケード基準な)移植は
このwii版が初めての「フェリオス」

縦シューティングゲームだが
ナムコシステムII基板が織り成す
素晴らしいグラフィックとサウンドを
楽しむゲームだと思っている。

個人的には当時、ゲーセンでハードモードをクリアするくらいにはやり込んだし、社会人になってからは基板(と言うかロムキット)を購入した程なので、メガドライブ版は全然満足できる代物ではなかった。

そんな思い出深いゲームを今またこうして
自宅で楽しめると思うと感慨深い(;´_ゝ`)

ザッとプレイした感覚では移植度はほぼ完璧か!?

このゲームは連射装置があると大分楽になるのだが、ソフト連射は無し。

とりあえず、wiiでプレステパットを使える変換器を使い、連射付きパットを使いプレイしているが…

快適そのもの(*^^*)

ヒロインのアルテミスばかり取りざたされるが
神話の世界をモチーフにしたヒロイックファンタジーとしても大好きなゲーム!

いやーまさか、今、フェリオスをプレイして
こんなに盛り上がるとは思わなかったよ!

買って良かったwii!!



  1. 2013/12/10(火) 00:05:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「スーパーダライアス」wiiバーチャルコンソール


「スーパーダライアス」と言えば
PCエンジンCDロムロム初期の名作!

アーケード版3画面のダライアスを
上手く1画面にアレンジし更にアーケードでは
不可能だった全ステージのボスが違う!
ということをやってのけた凄いソフト。

アーケード版とはゲーム性が大分違っているが、
グラフィックやBGMはアーケードそのままなので
雰囲気を楽しむには最高のソフトだった。

個人的に、RGB出力可能に改造された
「PCエンジンDUOR」実機と
「スーパーダライアス」のソフトも持っているが…。

では何故わざわざバーチャルコンソール版を
ダウンロードしたのか?と言うと
オリジナル(実機)よりもグレードアップされているという情報を得たからだ。

具体的に、実機だと、スプライトの関係で
ボスや分岐地点の背景が「ちらつく」現象が
多々発生するが、バーチャルコンソール版は
その「ちらつき」がほぼ無くなっているのだ!

デカく迫力のあるボス戦がうりのゲームなのに「ちらつく」事により残念な気持ちになっていたものだが、コレが解消されるのは非常に大きい!

更にボス戦前とステージクリア後に発生していた「データ読み込み時間」がほとんど無く(一瞬)になったのも感動!

操作系もクラシックコントローラーを使用すれば
Xとyボタンがソフト連射として機能するので
わざわざ連射パットを用意しなくていいのも◎

WiiをD端子接続してプログレッシブ出力すれば通常のPC エンジンよりも遥かに綺麗な画質で楽しめるし、操作遅延もほとんど感じられない。

コレがあればもう実機は必要ない!?
と思う程。

素晴らしい移植度!&実機越えの杞憂稀なる
良移植だ!




  1. 2013/12/09(月) 03:39:16|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「スーパーハングオン」wiiバーチャルコンソール


さて、wiiのダウンロードソフト
バーチャルコンソールアーケード版
「スーパーハングオン」

いやもう楽しいのひとこと!!
「スーパーハングオン」自体は
プレステ3とか任天堂3DSとかでもでているので
特にソフトの優位性はないけれど
「スパハン」を遊ぶだけなら
中古のwiiを購入すればいいので
最も安く遊べるのは◎か?

操作自体はクラシックコントローラーの
アナログスティックで超快適にプレイ可能。

ドリームキャストのハングオンでは
かなり難しかった細かい荷重移動が
簡単にできるのは嬉しい限り!

コースとBGMも増えたので気分で変更できるのも◎

ひとつ気になる点があるのは
自バイクがスリップした時のスキール音

アーケード版では
「キューーーーーーー」っと気持ちのいい
スリップ音だったのに対し

Wii版では
「キュッキュッキュッ」て途切れ途切れな
音になってしまっているのは残念だ。

まぁそんな事もゲーム全体の楽しさにくらべれば微々たるものですぐになれるけれど。

何はともあれ

短時間でスカッと爽快になれる
正にセガ体感ゲームの真骨頂のようなゲームだ!

それこそ「スパハン」専用に何台か
Wiiを確保しておきたい程

ちなみに家では32インチ東芝レグザでプレイしているが
WiiをD端子で接続しwii本体の設定を
プログレッシブにし、比率を3:2にする事で
最も綺麗な映像でプレイできる。



  1. 2013/12/08(日) 03:18:09|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

任天堂wii購入!!


と、言うことで新たに購入したゲーム機は
「任天堂wii」(無印)です!

以前から「プレステ3」とか「任天堂3DS」の
どちらかが欲しいなぁ…

と思っていたのですが、どうもコレ!
という決め手がなく踏ん切りが付かなかったところに
スマホの機種変でテザリング機能(イロイロな機器をwifiでネット接続できる)で
ゲーム機がネット接続できるようになったことで、
急遽「任天堂wii」が購入候補に浮上。

そのまま他機種を押さえて購入してしまいました。

自分は基本、ゲーム機を購入する時に
「そのゲーム機でしか遊べないゲーム」
を重要視するのですが

今回はやはり
「グラディウスリバース」
が久々にやりたくなった!事が大きい。

あと、実機を越えると言われる
「スーパーダライアス」

その他
「ソルバルウ」や「フェリオス」
等、今まで満足な家庭用移植が無かった
バーチャルコンソールのソフトの数々。

ついでに
「スーパーハングオン」も!

イロイロ思案していると
やはりこのあたりのアーケードゲームを
安価で購入できる事を考えると
胸が熱くなるね(*^^*)

と、言うことで購入した各ゲームの
レビューは次回以降じっくりと…


  1. 2013/12/07(土) 07:26:03|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スマートフォン機種変!

スマートフォンの2年縛りが解けたので、機種変をした。

特に機種にこだわりは無かったが、とりあえず4GのLTE接続が出来てテザリング機能があるものに変更。

今までは3G接続だったのでその通信速度に興奮!!

まるでISDN接続からADSL接続になったような快適度!

通信速度の向上によって映画やアニメの見放題プランがはかどりまくり(*^^*)

Youtubeの視聴も超快適!!

更にテザリング機能のおかげで、各ゲーム機がネット接続できるようになった!!

震災以降、ゲーム機はオフライン専用!だった我が家にとって新たなステージに突入(言い過ぎ(^.^))

思わず興奮して新たなゲーム機を買ってしまったよ!!

そのゲーム機とは…つづく
  1. 2013/12/05(木) 19:46:34|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

よんぷらゲーム大賞2013その3


よんぷらゲーム大賞2013、その3

「最も長時間プレイしたで賞」は

xbox360「フォールアウトニューベガス」に決定!

核戦争後の興廃した世界を舞台にした
フリースタイル系のオフライン専用RPG

なんだかんだとイイつつも1番長時間プレイしたと思われるのがコレ!

鬼のように点在するクエストを淡々とこなすもよし。

面倒臭くなったら途中で放棄して別の事をしてもよし(←ここが最も重要)。

普通のRPGだとフラグを立てないと物語が進まないのだが、このゲームはストーリーに縛られないのが実にイイ!

戦闘も普通のアクションゲームの様にもできるし、コマンドRPGの様にも出来るので面倒臭さと、うっとうしさが少ないのも◎

虚無感に襲われる休日の夜等には非常に合っているゲームと思われる。

テンションが下がって何もやる気が起きない時でもプレイできる稀憂なソフト(普通はゲームすらやる気がなくなる)

ゲーム進行的にまだまだ未開の地もあるので今しばらく楽しめそうだ。

ちなみに本ソフトは新品980円で購入。
恐ろしくコストパフォーマンスが高い結果になった(*^-^*)

  1. 2013/12/01(日) 08:07:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

よんぷらゲーム大賞2013その4


よんぷらゲーム大賞2013、その4

「癒されたで賞」は2本

psp用ソフト

「初音ミクprojectDIVAextend」及び
「初音ミクprojectDIVA2nd」だ。

音ゲー…と、してより、
クリアした後に見れるプロモーションビデオ試聴に超癒された(*^-^*)

又、そのプロモーションビデオに合わせて踊り狂う「初音ミクダイエット」でストレス発散しつつ体重を絞れたのも◎!

ただしアルコール摂取しながら踊り狂っていたら体調不良で病院送りになったのも良い(?)思い出だ(苦笑)

この「PSP版初音ミクのPV」をフルスクリーンの画面で見たくて、テレビを買う際は東芝のREGZAにしのだが、それも大満足!!

ベッドに寝転んで、ツマミを食べながらウイスキーを飲み、32インチの大画面で初音ミクのダンスに酔いしれる…

最高の休日の楽しみ方じゃないか!!(ダメ人間(-_-))


  1. 2013/12/01(日) 05:39:04|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

よんぷらゲーム大賞2013その2


よんぷらゲーム大賞2013。その2は

「最も攻略したで賞」は

セガサターン版「アウトラン」に決まり!

今までも散々遊んできたものの、
ギアガチャを駆使して
本気でタイムアタックに挑んだのは今回が初めて。

期間的には3ヶ月程だったけれど毎日やり込んでとても充実した期間でした(*^-^*)

簡単なモードだけれど
ノークラッシュ、ノー減速で
4分30秒台前半でクリア出来た時は痺れまくりました(*^-^*)

これまでは「アウトランシリーズ」といえば「アウトラン2SP」が最高!!

と思っていましたが、今では
「やはり初代アウトランが至高!」
という見解に(どちらも素晴らしいゲームですが)

今までも凄く好きな「初代アウトラン」でしたが
やり込んだ事によってますます好きになりました!

ちなみに、以前「RPG出力の綺麗な画像でないとセガサターンはやる意味も無い…」的な
発言をしましたが、現在は
32インチテレビ東芝REGZAに「ビデオ入力」でサターンをプレイしています(^-^;

ビデオ入力+液晶テレビでもサターンの「アウトラン」や「アフターバーナー」は十分楽しめる事が判明した為。

糞みたいなコダワリを捨てると楽しみの幅が広がります(たぶん(^^;)

何はともあれ…

今一度言わせてもらおう!アウトラン最高!!



  1. 2013/12/01(日) 05:32:04|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2013年よんぷらゲーム大賞その1


年末…という事で今年もやってきました
「よんぷらゲーム大賞2013」

個人的に今年心に残ったゲーム発表!

まずは
「最も衝撃を受けたで賞」

xbox360の「フォルツァモータースポーツ3」
の3画面モードに決まり!

xbox360を3台とソフト3本、
そして32インチテレビを3台使用した
プレイ環境での「フォルツァ3」

自分を囲う様に配置したモニターの中心でゲームをプレイすると、一瞬
「ゲームの中に入り込んだ」
と錯覚する事もある程の衝撃!

ゲームをプレイしていてのインパクト!という点では間違いなく今年1番…いや、ここ数年…数十年で1番の衝撃かも!

自宅では3画面モニターの内、1台をブラウン管モニターで使っていたのでイマイチ使い勝手が悪く、3画面環境自体はそれ程長く設置していませんでしたが、折りを見て又再構築したいと企むしだい。

今度はフォルツァモータースポーツ4で!



  1. 2013/12/01(日) 05:12:17|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0