ゲームコーナーよんぷら♪

元ゲーム戦士の戯言

xbox360のゲームセーブデータ簡易移行


xbox360ゲームのセーブデータはゲーマータグと結び付いているので複数の本体を運用する自宅では使い辛い…

と、以前言った事があるが、本体をアップデートすれば市販のUSBメモリが使用可能になるので本体のHDDではなく、USBメモリにゲーマータグを移行し、それにゲームのセーブデータも保存しておけば複数の本体間でのセーブデータの移行も楽に行える事が判明!

それに、USBメモリにゲーマータグとセーブデータを保存しておけば、急に本体が故障した時でも、USBメモリを差し替えるだけで環境を復活できるのは大きい!

今現在ではUSBメモリで最大約32ギガまで使用できるみたいなので、フェイバリットなゲームデータを取り込んでおくのもイイかも。

シューティングゲーム専門に遊ぶならHDD無しの本体でもUSBメモリだけでも十分いけるかも!


ちなみに本体をアップデートしないとUSBメモリを使用できないが、新しめのゲームソフトには本体のアップデートプログラムが入っているので、ネット環境がないひとでも安心だ(*^-^*)


スポンサーサイト
  1. 2013/08/31(土) 22:31:08|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

レコ姫さま~!?


「虫姫さま」の主人公兼ヒロインの「レコ姫」

彼女の声をはじめて聞いた時は、独特の鼻声と棒読み気味の台詞に腰が砕けそうになったものだ。

が、慣れとは恐ろしいもので、今ではあの声を聞かないと「虫姫さま」をプレイした気にならない程に(^-^;

彼女の声は声優さんが当てている訳では無く、ケイブの女性社員(クレジットでは吉井唯)らしいので台詞が棒読みなのも納得。

なので、彼女の声は「虫姫さま」「虫姫さまふたり」「虫姫さまバグパニック(スマホアプリ)」くらいでしか聞けない。

しかも、メーカーのケイブも現状を察するに、虫姫さまの続編は(というかシューティングゲームの新作自体)望めない感じだし。

もうレコ姫の声を聞く事もないのか~(>_<)

と、いささか寂しく思いつつも、いつものように「むちむちポーク」をプレイしていて、ふと気付いた。

3面ボスの「ラム准尉」の声って「レコ姫」じゃね!?

と思って調べてみたのだが、ほとんど情報がない。

違うのか?

でも似てるよなー!

「むちむちポーク」もってる人は検証よろしく!(まるなげ;)


  1. 2013/08/29(木) 19:46:22|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「沙羅曼蛇3」!?


とか、思わせぶりなタイトルで申し訳ない(-_-)

ケイブのむちむち系縦シューティングゲーム「むちむちポーク」は自機を3種類から選べるのだが、その中で青い機体「むちむちブルー」は、自機追尾式のオプションと青いドリルレーザー(実際にはただのドリル?)のおかげで沙羅曼蛇をプレイしている気になれる!

本家コナミからグラディウス沙羅曼蛇系のゲームの発売は期待できないので、とりあえずコレでお茶を濁すしかない!

ちなみに以前「むちむちポーク」はケイブ系弾幕シューティング!…と記した事があったけれど、やればやるほど「バトルガレッガ」の雰囲気に近い気がしてきた。

敵の弾の撃ち方とか、難易度の上昇のしかたとか、小さいボムアイテムを集めてボムを貯めるとか、取りこぼさないと10000点までアップする得点アイテムとか…

難易度最低にしても中盤以降はかなり難しいのが難点だが、システムを理解し10000点アイテムでジャラジャラ稼いで残機殖やしまくれるようになるとかなり楽しい!

ゲーム自体の雰囲気も明るく楽しく、しかしボス戦は格好良くてサウンドも重低音を効かせたアンプシステムでプレイすると迫力満点で熱くなれる!

今年の「よんぷらゲーム大賞シューティング部門」の最有力候補だ!


  1. 2013/08/28(水) 00:05:09|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゲームセンター保管計画10周年。思い出その6



ゲームセンター保管計画10周年。思い出その6

そんなこんなで「テーブル筐体」や不揃いの「アップライト筐体」と、オールドゲームのポスターで、更に場末のゲームコーナーっぽい雰囲気になった我が部屋。

当時は些か不満な点もありましたが、今こうして画像を見ると120点をあげたくなる程(見た目的に)完成されてますね。

理想のゲームコーナーって意味で。

コカコーラの椅子もたまりません。

この画像程度の環境なら又再現できそうな気もしますが…1番のネックはゲームポスターかもしれませんね(^-^;
(現在、画像に写っているモノはテーブル筐体以外全て処分されている為)


  1. 2013/08/27(火) 00:07:42|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゲームセンター保管計画10周年。思い出その5


ゲームセンター保管計画10周年。思い出その5

ゲームセンター保管計画!と唄っていましたが、初期の構想では懐古に走るのではなく、新しめ(と言っても90年代)のアップライト筐体と新しめのゲームで快適に楽しむ!

と言う指針の基に行動していました。

が、中期以降はネタ切れ的なマンネリ打破の為、懐古的な方向へ。

そんな中、購入したのが「テーブル筐体」でした。

それまで何度か「テーブル筐体」は所持した事がありましたが、たいして遊ばないまま、ただのテーブルと化し、しまいには破棄してしまっていた過去があるだけに(なんともったいない(-_-))多少の懸念はありましたが…

友人達からの評価はすこぶる高く、やはり子供な頃熱中して遊び、思い入れのあるのは「テーブル筐体」なんだなぁ…と再確認。

そういう自分も相当楽しみましたが(*^-^*)

この「テーブル筐体」は購入時からモニター故障していたのでモニターをX68000の物に換装、プレステ2を繋ぎ、「タイトーメモリーズ」や「カプコンクラシック」で安くお手軽にオールドゲームを満喫していました。

今現在「テーブル筐体」はモニターを抜き、完全な物入れ兼、部屋のオブジェとして鎮座しています(やっぱりか!苦笑(^^;)。


  1. 2013/08/26(月) 07:06:12|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ギアーズオブウォー2」xbox360


戦争アクションゲーム…的なものは腐るほど発売されているが、その中でも比較的評価が高い「ギアーズオブウォー2」をチョイス。

今まで
「ロストプラネット」
「コールオブデューティー」
「ターミネーター」

あたりはプレイした事がありそこそこ楽しんだが、この「ギアーズオブウォー2」は群を抜いて凄い!

臨場感や演出、そして気持ちよくプレイできるシステム等など。

戦争モノ…と言っても、敵は知能を持った異性人なので殺戮しまくっても嫌悪感が少ないのは◎

まだ序盤しかプレイしていないが、この後の展開が楽しみだ。

これは前作や3も購入しておかなければ(*^-^*)

しかし、このレベルのゲームが中古なら1000円以下で買えてしまう事に戦慄を覚えるね。



  1. 2013/08/24(土) 02:30:14|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「エイリアンシンドローム」xbox360版


「エイリアンシンドローム」の個人的な思い出…といえば、中坊の頃、たいして面白くもない、セガマーク3版を夢中でプレイした記憶が…

後に、友人からx68000をプレゼントしてもらった時に「エリシン」も付属していて、その時はじめてオリジナルレベルの移植をプレイし「やっぱりアーケードクオリティーは凄い!」と、思ったものだ。

ただ、その時は雰囲気だけ味わって、やり込む事はなかった。

そして先日…xbox360用ソフト「ソニックアルティメットコレクション」に収録された「エイリアンシンドローム」で三度「エリシン」に遭遇!

今回はクリアを目指し本気でプレイしてみた。

前半は非常にサクサクと気持ちよく進め、このまま軽快にクリアできるか?
と、思いきや、5面のボスが超強くてハマり;

なんとかクリアするも、6面、6面ボスと難易度が高く心が折れそうになる。

さらに7面ラスボスもサギレベルの強さで瞬殺され…アッと言う間にゲームオーバー。

しかたがないので、その場セーブロードを駆使し、ごり押しでクリアした!(インチキ(^^;)

晴れて感動のエンディングを見る事はできたのだが…これ、マトモに1コインクリア目指すのは至難の技だよなぁ(^-^;



  1. 2013/08/23(金) 00:06:09|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「x68000モニター」メンテナンス。


と、言う事で、サターン用メインのx68000用モニターには長生きしてもらわなくてはいけないので、メンテナンスを実施。

とは言え、この手の古い電子機器を下手に弄ると絶命させかねないので慎重に分解しエアーダスターでホコリの除去だけに留めておいた。

(多分初の分解清掃なのだが、ホコリで凄い事になっていた)

今まで、縦置きしてみたり、テーブル機に埋め込んで仰向けに設置してみたりと、貴重なモニターをかなり乱雑に扱ってきたのを軽く後悔(^^;

コレからは大事に使おう!


  1. 2013/08/22(木) 00:06:07|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「サターン、プレステ新プレイ環境」


以前テスト的に運営していた「サイドテーブル+x68000モニター」仕様を復活させただけですが。

とはいえ、サイドテーブルは新品で再度購入(約3000円)で2.1chスピーカーアンプも新設。

セガサターンを限りなく綺麗な映像で楽しむ為に今までイロイロ試してみたが…
やはり、HDMI接続の最新ゲーム機(xbox360)の高画質に対向できるのは「x68000モニター」しか無い!という結論に達した。

逆に言うと、コレと同等の綺麗さで遊べなければ、サターンなどやる気半減…という気もしてきた。

しかしモニターの予備を確保しようにも、もう20年以上前のブラウン管モニターで状態の良い物を確保するのは骨が折れそう…

手当たりしだいにゲットして当たりに当たるまで繰り返すしかないのか?

それはそれで楽しいか!も?

  1. 2013/08/21(水) 00:06:09|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さようなら「32インチブラウン管テレビ」


長年…と言っても6年ほどか?我が家の家庭用ゲームプレイのメインとして活躍していた「32インチSONYブラウン管テレビ」を現役から退けた。

プレステやサターン等旧世代ゲーム機の最高画質15khz映像を直で映せるのがうりだったが、最近はxbox360が主流になり、めっきり使用頻度が減った為。

後、32インチブラウン管テレビは場所をとりすぎる(-_-)

で、思い切って撤去したら凄く部屋の中が広々とした(*^-^*)

サターンやプレステのプレイにはまた別環境を構築しよう。

さようなら!そしてありがとう!
32インチブラウン管テレビ!


  1. 2013/08/20(火) 02:34:11|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゲームセンター保管計画10周年。思い出その4


ゲームセンター保管計画10周年。思い出その4。

自宅(というか自室)をゲーセンみたいにしよう!と、発動した「ゲーセン保管計画」

初期の頃は同機種の筐体を部屋に複数台設置し、よりゲーセンっぽく!

と、思っていましたが、「保管計画」中期、仕事で軽い鬱状態になり退職。収入が激減。

それでも周囲の人やネットでの知り合いの方のサポートもあり、ゲーセン保管計画は続けていました。

ネットオークションでは方落ちの筐体がタダ同然(送料のみ0円とか)で出品されていることもしばしばで、それらを落札。

不揃いの筐体達を部屋に並べ、これはコレで「場末のゲームコーナー」っぽい雰囲気があって良いな…などとひとり満足していたものです(画像参照)。

まぁ今にして思えば、嘘でも、気のせいでも、勘違いでもイイので、何かに夢中になる事はとても大事だと心の底から思います。

少なくとも、趣味や好きな事には前向きでありたいものですね。

※ちなみに、この時辞めた職場は太平洋から数十メートルの海岸付近に位置し、東日本大震災の津波で壊滅的な被害に見回れ、死者も多数出たそうです。

実際、震災後に前職場へ行ってみましたが、避難が遅れたら確実に死んでいただろう!と、思える惨状だっただけに、それまでは鬱で辞めた原因になった上司を怨んでいましたが、震災後は逆に感謝すらしましたね。

運命は何がどうなって分岐するかわからない…と言うのを身を持って経験しました。

  1. 2013/08/19(月) 02:30:41|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゲームセンター保管計画10周年。その3



ゲームセンター保管計画10周年。思い出その3

専用プレイ環境…として思い手深いのは
やはり「ダライアス」を自宅で遊べた事。

イロイロと技術(と金)が無くて、繋ぎ目無しの3画面ではプレイする事はできませんでしたが、それでもオリジナルのアーケードを超える大きさの21インチブラウン管モニター×3画面とウーファー仕様の重低音のサウンドは大迫力で興奮のるつぼでした。

画面と画面の間に凄い隙間があるものの、慣れとは恐ろしいもので、毎日プレイしているうちに、全ゾーンウエーブでクリアできるまでになり。

いつか、継ぎ目のない3画面プレイ環境を作ってやろう!と思いつつもだんだんとその熱意は冷め、散々やりつくした後にダライアスの基板は売却してしまったのです。

そのまま所持していても、東日本大震災の津波で水没しただろうし、売却時はかなり高値で売れたので、タイミングとしては絶妙だったと思います。

昔はオリジナルのダライアスを「きょうたい」ごと欲しい!と強く願いったものですが、今ではそういう所持欲も全く無くなり…今に至ります。

初代ダライアスは仙台のゲーセン「エフワン」に長らく設置されていて、たまにそれ目当てで遊びにいったものですが、今ではそれも撤去。

もう今後、オリジナルの初代ダライアスをプレイする事はないかもしれないと思うと少々寂しく感じますね。

  1. 2013/08/18(日) 00:00:08|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

「バイオハザードリベレーションズ」xbox360


バイオハザード6があまりに肌に合わなかった為
「バイオハザードシリーズはもうプレイしない!!」

と、以前言いましたが、連休でヒマを持て余していたのと、原点回帰…という謳い文句に誘われ購入してしまったxbox360版
「バイオハザードリベレーションズ」

バイオ6は途中で嫌気がさしてプレイを断念した自分ですが、このリベレーションズは一気にクリアまで遊ぶ事ができました(*^-^*)

操作性がかなり洗練され、ムービーの最中に操作を要求されなく(QTEが無く)なったのも好印象!

英語音声がある事に気付かず、クリアまで日本語音声でプレイしていたのですが、ゾンビ化した敵が日本語でうめき声を上げてたりするのは「洋モノホラー」というより「貞子」的な恐さを感じて、夜中に部屋真っ暗にしてプレイしてたら怪談的な気持ち悪さを感じましたが(^-^;

やはり逃げ場の無い閉鎖的な空間ってのがイイですね!(今回は基本、洋上の豪華客船が舞台)

一部のボスが興醒めする程強く、萎えかけるも、連休で暇だったおかげでなんとかクリアできたのも幸い!

値段(新品で4千円台)の割にはボリュームは結構あった感じで満足。

これからもバイオハザードの新作が出るならストーリーとか、それ程複雑でなくともイイので今作のような作りにして欲しいな~とか思ったり…思わなかったりしたのでした。


  1. 2013/08/16(金) 22:22:05|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ドリームキャストコレクション」xbox360ソフト海外版


ドリームキャストの名作

「ソニックアドベンチャー」
「クレイジータクシー」
「スペースチャンネル5パート2」
「ゲットバス」

の4本が収録されたxbox360用ソフト

海外版ソフトだけど日本の本体でも動作可能で、ゲーム中の台詞や文章も全て日本語表示されるので普通に楽しめます。

これらのソフトは「ドリームキャスト復刻プロジェクト」という事で、既にPS3やxbox360で配信されてますね。

ソフトで所持する利点は配信で個別に買うより安い事と配信終了しても遊べる位?

実際はダウンロードして本体に取り込んだ方がイロイロ使い勝手は良いはずですが。

しかし当時、これらのソフトをドリキャスで始めて見た時は「凄い綺麗なグラフィックだ!!」と大興奮したものですが、いま見ると、とてもあっさりしたCGで時代の進歩に驚きます。

それでも「クレイジータクシー」や
「スペースチャンネル5」は今遊んでも楽しいですね(*^-^*)

セガらしさ炸裂の良い意味での馬鹿っぽいゲーム性はやはりイイです!素直に楽しいです!


  1. 2013/08/15(木) 00:12:15|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「むちむちポー ク!&ピンクスゥイーツ」xbox360


ケイブが製作した色物系?シューティングが2本収録されたソフト。

あまり話題になっていなかった気がするので今までスルーしていたが、通販するさいについでに購入。

全く期待していなかったのだが
「むちむちポーク」が想像以上に楽しくて大満足!

見た目は「ゲーム天国」と「プラスアルファ」と「ツインビーヤッホー」を足したようなむちむち萌え系?な雰囲気だが、ゲーム部分はしっかりケイブの弾幕シューティングとなっている。

ぶっちゃけ「怒首領蜂最大往生」よりも好みかもしれない。

難易度は凄く高いが設定で1番簡単にして攻略すれば何とかギリギリ遊べる気がする。

ボス戦のBGMは迫力があって盛り上がるし、背景の書き込みなんかも凄い…これで飛翔鮫っぽい硬派な設定だったら最高なんだがな…。

もう1本収録されている
「ピンクスイーツ」

同ケイブの「鋳薔薇」というシューティングの続編らしいが鋳薔薇自体ほとんどプレイした事がないので前作との比較はできないが…かなりクセのあるシューティングである事は間違いない。

ショットを撃ちまくる…というより敵弾を防ぎまくってボンバー撃ち放題…という独特なシステムなので好みが分かれるかも。


  1. 2013/08/14(水) 20:47:12|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「怒首領蜂最大往生」xbox360


シューティングゲームメーカーの雄「ケイブ」の恐らくxbox360における最後の作品

「怒首領蜂最大往生」

起動したとたんにアニメが始まって
ビックリしたが…

真に驚いたのはxbox360モード。
もうね…萌えキャラが常に喋りまくる。
プレイ中ずっーーと!うるさい程(苦笑)

実際に自分がパイロットだったら交信出来ないように無線切っておくね!

と、いう事でゲームプレイ中はボイスボリュームを低くしてプレイする始末。

このxbox360モードは通常の残機制ではなく、ライフ制になっていてライフがボンバーゲージも兼ね備えている。

コツを覚えれば中々楽しい感じ。
ストーリーの押し付けはウザいが(^^;


次に普通のアーケードモード。

プレイした感覚は前作
「怒首領蜂大復活」よりも前々作
「怒首領蜂大往生」に近い感じ。

ただ、グラフィックが近未来風?な感じで色合いも蛍光グリーンや蛍光ブルーを多様していてなんか目に優しくない感じ。

ドット絵…なのだろうが、(悪い方に)洗練されすぎていてポリゴングラフィックのように見えてしまうのは、バタ臭いドットグラフィックが好きな自分にはちょっと残念。

そして全てのモードで感じるのが全体的な難易度の高さ。

簡単モードのノービスですらクリア出来ない程…

そこで救済措置。ゲーム中獲得できるゴールドでオプション設定を購入!

敵弾に被弾した時に発動する
「オートハイパー」と
「オートバリアー」

この二つがあると非常にゲームが楽になる!というか、これらがないと気持ち良くプレイできない感じ。

★総評

最初はいろんな意味で「何じゃこりゃ?」
と思ったが、慣れてくると段々楽しくなってきた。

「怒首領蜂」シリーズ最終作…というか、シューティングメーカー「ケイブ」の最終作?…的な雰囲気を感じながらプレイすると感慨深い。

アーケードモードのエンディングBGMはそういう気分を盛り上げてくれるので大好きだ。


  1. 2013/08/13(火) 03:35:05|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「シュタインズゲート線刑拘束のフェノグラム」xbox360


マイフェイバリットアドベンチャーノベルゲーム「シュタインズゲート」を別視点、微妙に違う世界線から見た短編シナリオが複数収録された「シュタインズゲート線刑拘束のフェノグラム」。

あくまで初代「シュタインズゲート」のファンディスク…オマケシナリオ…と、いった感じ。

イロイロ強引でブツ切れな感じもするが…

この絵!この音!この雰囲気!キャラの楽しい掛け合いと、シリアスな雰囲気はまさしくシュタインズゲート!

この「シュタインズゲートの世界」をまた感じられるのは素直に嬉しい。

年に一度で良いから、この手のソフトを出して欲しいね。

シナリオ自体に高望みはしないんで(^-^;

ちなみに「ロボティクスノーツ」の時にも感じたがxbox360版の入手は地方店舗では困難を極め…ネット通販で購入。

店舗では新品も中古もパッケージすら見たことがない始末。

プレステ3版は腐る程売ってるのにな…


  1. 2013/08/05(月) 08:45:03|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ナムコミュージアムバーチャルアーケード」xbox360ソフト



xbox360オンラインのライブアーケードで配信されているものと、ナムコのオールドゲーム…合わせて34タイトルが収録されたオムニバス。

昔から存在は知っていたが、とにかくネットでの評判は最悪な感じだったので今まで見送ってきた。

今回、ネット通販するにあたり、2000円ほどの価格だったので購入。

オフラインの我が家では、オンライン専用ソフトが、パッケージ化されてるだけで貴重だしね。とか思いつつ。

ザックリとプレイしでみた感想だが…

まず、360本体がソフトを認識し辛い(苦笑)

これは家に限った事ではないとの事。
DVDドライブが壊れそうな感じに動作するのでびびった(^^;

肝心のゲームの方は、オールド系は我慢すれば遊べないほどではないが、快適に遊ぶには辛い感じの遅延がある。

ブラウン管モニターで遊べば多少はマシになるかも?

ドルアーガの塔に関しては、1コインクリア不可能なバグ(アイテムを持っていてもファイアーエレメントが通過出来ない)があるらしいが、ソフト自体に対策品もある模様。

ちょっと試してみたが、家のドルアーガもアイテムの一部が表示されないのでどうやら1コインクリア出来ないバージョンらしい(アイテムの左から4つ目の表示バグ)。

ちなみにドラゴンスピリットはニューバージョン。

このソフトの中でまともに遊べるのは
「ギャラガレギオンズ」
「パックマンチャンピオンシップ」
「ミスタードリラーオンライン」

あたりなのだが…

ライブアーケード配信のゲームは、xbox360本体にデータを取り込んだ状態でも、ゲームプレイ中常にDVDドライブが回転し続ける仕様。

うるさいのもそうだが、ドライブに負担がかかりそうで精神的によろしくない。

さらにライブアーケードのゲームを終了するとホーム画面に戻ってしまうので、気軽に次々とゲームを遊ぶ事も出来ない。

その他にも選択したゲームが起動しない…とか、イロイロとトータル的にみて満足度は低いソフト…と、言わざるを得ない。

残念。


  1. 2013/08/02(金) 00:06:06|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ソニックアルティメットジェネシスコレクション」海外版xbox360ソフト




海外版メガドライブのソフトが40本ほど収録されている海外用xbox360用ソフト。日本の本体でも普通に起動する。

条件を満たすと数本のアーケード版移植もプレイできるようになる。

酷い出来のアーケード版スペースハリアーが遊べる!と、いう噂だったが、ドリキャス版スペースハリアーが許容範囲な自分から見て、どれくらい酷いのか興味があった。

アーケード版スペースハリアーの解除条件はスーパーサンダーブレードで、150万点だす事。

サクッと解禁してスペハリをプレイしてみたが…こりゃ酷い(苦笑)

ゲームスピードがオリジナルの1.2倍速位の感覚で、それに合わせ効果音やボイスも早送りのような感じに…

BGMのテンポは普通だが、ベースラインとメロディーラインの音程が変で、まるでチューニングが合ってないバンドのような気持ち悪さ炸裂!

ショットの連射はサポートされているが、レバーの上下反転は未サポート…

等など…ネタとして楽しむ以外に利用価値は皆無かも。

次にアーケード版ファンタジーゾーンを解禁。条件はフリッキーで8万点獲得。
(メガドラ音源のフリッキーは中々ゴージャスでゲームも楽しいので◎)

ファンタジーゾーンは遊べないレベルではないが、こちらも微妙にテンポが速くストレスが溜まる。素直にサターン版を遊んでた方がマシ。

逆にアーケード版エイリアンシンドローム(エイリアンストームで2面クリアで解禁)はかなり良い感じで、アーケード版との違和感は全くないレベル。

エリシンのアーケード移植はX68000にしかなかったのでこれは嬉しい!

あと、アーケード版忍(シノビIII2面クリアで解禁?)も再現度は高い!

昔、ゲーセンでプレイしまくったがクリアできなかった記憶が蘇ったよ(^^;

まだ、収録されているゲームを全て遊んだわけではないが、メガドライブのアクションものは多少の遅延を感じるモノの普通に楽しめるレベル(初代ソニックとか懐かしすぎて涙;)

アンロックされてるアーケード版も、
「エイリアンシンドローム」「忍」「獣王記」が
まともなので個人的には満足できた。


  1. 2013/08/01(木) 00:15:10|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0