ゲームコーナーよんぷら♪

元ゲーム戦士の戯言

「超音速攻撃ヘリ エアーウルフ」ドラマ


海外ドラマ「ナイトライダー」ほど、夢中になっていた訳ではないが、この「エアーウルフ」も学生の頃よく見ていた。

以前、正規版のDVDボックスを購入していたがほとんど見ないうちに津波で水没。

パッケージは失われたが、DVD自体は無事だった。

最近この「エアーウルフ」のDVDを見ながら筋トレするのが、マイブーム。と、いうか日々のストレス発散になっている。

今改めて見ると低空をホバリングするエアーウルフは超カッコイイよな!

痺れる。

しかし、ちょっと調べてみたら、ドラマが終了して売却された、エアーウルフの実機は救助ヘリに転用され、そして飛行中に落雷にあって墜落しているのね。

なんか悲しい(ノ_・。)

更に主演のホーク役の人も飲酒関係の事件を繰り返し、役者引退とか…

それらを知ってから、DVDをみるとなんだか切なくなるな。





スポンサーサイト
  1. 2012/06/30(土) 23:45:19|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コインシュート


もうどれくらい前の事だろう…30年以上前か

近所の釣堀に隣接してあった、薄暗いゲームコーナーのテーブル筐体に100円を投入した時の…これからゲームを遊べるんだ!…という興奮と感動…あの頃の純粋な気持ちは忘れたくないものだ。


  1. 2012/06/27(水) 14:59:18|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「餓狼伝説3」真のエンディング


以前、世界観が大好きな「餓狼伝説3」…
と、言った事があるが、ゲーム自体はイージーランクでもかなり難しく、適当にプレイしていては、条件を満たせず真のエンディングは見れていなかった。

が、自分の使用キャラで主人公の「テリーボガード」に強力なハメ技がある事をし知り早速プレイ!

しゃがみ大パンチ~大クラックシュート…が、永久コンボになるというもの。

タイミングや相手との距離などで完璧に決めるのは、中々難しいが、これを知っているのと知らないのでは、天地の差。

おかげで、初めて「真のエンディング」を見ることができた(*^-^*)

格闘ゲームとしては、見栄えも悪いし対戦バランスも崩壊してしまうハメ技だが、アクションゲームとして気持ち良くクリアを目指すなら救済措置的にあってもイイと思った。

ファイナルファイトにもパンチハメとかあったしね。


  1. 2012/06/22(金) 15:13:18|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ドラムマニア」ps2版


コナミの音ゲーはゲーセンで「ビートマニア」「ダンスダンスレボリューション」とハマり「ドラムマニア」にもチョーハマった。

あまりに、ハマり過ぎて、リアルに電子ドラムまで買ってしまった程だ。

しかし、音ゲーシリーズは好きだけれと、元々不器用でリズム感も無い為、どれも難しい曲はクリアできず、極められたものはひとつもない(悲)

「ドラムマニア」も全曲クリアは出来ていないのだが、エキスパートリアルのメドレー曲は超好きで、なんとかクリアできた。



震災で、専用コントローラ系もかなりの被害を受けたが、この「ドラムマニア専用コントローラ」は生き延びていたので、超久々にプレイしてみたのだが…

まったく弾けなくなってて下手過ぎワロタ(苦笑)

頭にきたので、小1時間ぶっ通しで練習してみたが、全身汗だく…ヘトヘトに…体力まで無くなってて更にワロタ(泣)

しかも練習したのに、以前のように気持ち良く弾けずがっかり;

どうにかならないものか…と考え、設定でバスドラムをオートプレイにし、スティックだけでポコポコ叩いたらそこそこクリアできるようになってやっと楽しめた(*^-^*)

しかし、音ゲーを完璧にクリアできる人はスゲーと思う。

そういう人が楽器やれば上達も超早いだろうに…と思う(器用さ、リズム感的に)

自分みたいに、不器用なのに楽器やっても、そりゃあ上達も遅い訳だ(泣)

凹んできたから飯食って寝る(笑)



  1. 2012/06/20(水) 00:26:12|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

愛用ギター弦「エリクサー」


ギターの弦は、錆びにくく滑りの良い、コーティング弦の「エリクサー」を愛用している。

通常の弦だと、数日から数週間で、弦が錆びてくるが、このエリクサーは数ヶ月から半年位は錆びずにもつ(もっともつかも)

通常の弦より、値段的に倍近く(1200円程)するけど、弦交換の頻度を考えると、コストパフォーマンス的に「エリクサー」の方が安くなる!!

…と、以前は思ってました。

しかし、練習頻度も長くなりイロイロわかってくると「エリクサー」は錆びないものの、弦自体が劣化してくる事がわかる。

具体的には、ビブラートやチョーキング時に弦が引っ掛かり、やり辛かったり、滑りが悪く弾き辛くなってくる。

個人的には、一ヶ月位で交換するのがイイ気がする。

家では、現在、練習に使っているピンクの2号機zo-3は役一ヶ月の頻度で弦交換。

その他、予備的なzo-3は、半年~それ以上の間隔で弦交換している。

そう考えると、あまりメインでは弾かないギターに張りっぱなしにしておくのにこそ錆びにくい「エリクサー」は有効かもしれない。

まぁ、ギターの弦(消耗品)で月1200円位の出費なら、趣味的には安いものだろう。


  1. 2012/06/19(火) 10:13:10|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「ファンタジーゾーン」セガエイジスvol3。ps2



セガの名作ゲームを3Dでリメイクする3Dエイジスシリーズ。

vol3は「ファンタジーゾーン」。

イロイロ微妙ではあるのだが、以前紹介した3Dエイジス版「スペースハリアー」「アウトラン」「アフターバーナー2」が酷い為に、まだマシ…と思えてしまう罠(苦笑)

パステルカラーの色合いと、ステージ、ボス等は違和感無くポリゴン化されている。多少安っぽくみえるが。

いざ、プレイしてみると、微妙に違和感を覚えるが、別バージョンと考えれば普通に遊べるレベル。

気持ち良く遊ぶには連射つきパッドは必須(一応ソフト連射はあるが遅すぎて役に立たない)

ボス戦後のコイン回収が3Dで行われたりと新要素もあり、初見は「おっ!」と思うが、おかげで全体のテンポが悪くなってしまっているのは残念。

追加ステージやアイテムが始めから遊べないのも面倒で×(コインを集めてステージやアイテムを買わなくてはならない)

個人的には300円程で購入したので損した感じはしないが、定価買いしていたら微妙な気持ちになっただろう。

BGMがオリジナルと同じなのと、3つの新ステージもアーケード版と同じ「システム16」音源で作られているのは◎

全体的に悪くはないが、オリジナルのファンが手放しで喜べるのかは微妙。

もうちょっと本気で作り込まれていれば、もっと面白くなったような気がするだけに残念。



  1. 2012/06/18(月) 00:35:37|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「アウトラン2スペシャルツアーズ」ps2版


週末ゲームの時間の時間!

と、いうことで、震災後全くプレイしていなかったps2の「アウトラン2sp」を起動。

一年以上ぶりのプレイだ。

震災後、初代の「アウトラン」はサターン版で定期的に遊んでいたが、「2」は何故か全くやる気がなくなってしまっていたのだ。

で、久々に遊んだ感想。

なにこれ!超絶に楽しくね?(笑)

ちょっと、ほろ酔い気味なのでより楽しく感じてはいるのだろうが、以前の様なガチンコのタイムアタックではなく、ボリューム高めにして、アウトランモードで爆走するのが気持ち良すぎる!!

ほとんど同じ移植で、グラフィックがよりアーケード版に近い初代xbox版「アウトラン2006」も、好きだったが、本体の消失によりプレイ出来なくなったし、互換性ある「xbox360」も今では非ネット接続のためアップデートできずプレイ不能に。

まぁ、360でのプレイは細かい不具合が多く、スタート時にデータ読み込みで2分近く待たされるので起動するのは億劫だったが…。

で、ps2版だが、やはり起動の速さと曲関係の充実が素晴らしい!

アーケードモードで、全ての曲を聞く事が出来ないのはちと残念だが、裏技で、ミッションモードのコースと、BGMを全アンロックできるのは気楽に遊べて◎

長いステージでも、アウトランやターボアウトランの原曲は曲途切れなしでプレイできるのはイイ!

得に原曲スプラッシュウェイブの曲ループ部分の繋ぎは個人的に好きで超痺れる!おしっこ漏れそう(笑)



  1. 2012/06/17(日) 02:02:33|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「仮面ライダークウガ」特撮

仮面ライダー…と言えば、子供の頃よく見ていたが、それ以降は得に興味もなく過ごしてきた。

が、ある時、友人の「けろりぃぬ氏」から「俺のフェイバリットだから仮面ライダークウガは絶対見ろ!」との命をうけ、視聴。

そしたら、超面白くてハマる(笑)

昔、見た、いかにも特撮ヒーローなイメージとは違い、サスペンスドラマ的な雰囲気で普通に楽しめた。

仮面ライダーが、ちゃんと警察と協力、連携して敵を追い詰め倒していくのもイイ。

そして、なんと言っても、主役の「オダギリジョー」演じる「五代祐介」が超絶爽やかで、男の自分でも惚れる。

それだけに今では、なんだが「こ汚いオッサン」と化してしまった「オダギリジョー」を見ると悲しくなる。

久々に「仮面ライダークウガ」を見直してみたが、やはり、クウガのオダギリジョーが1番輝いている(*^-^*)

パートナーで刑事の「一条さん」も超素敵!

ちなみに自分…ホモでは無いので念のため(笑)

この「仮面ライダークウガ」にハマった、とはいえ、その他の「仮面ライダーシリーズ」は一切見ていない…(と、言うか興味もあまりない;)のは、それだけ「クウガ」が別格だったという事だろう。

そして、クウガを見ると「サムズアップ(親指を立てる決めポーズ)」にむしょうに愛着が沸く(笑)
  1. 2012/06/16(土) 00:59:20|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「アウトラン」ギター!


毎日のようにゲームのネタで更新しているこのblog。

しかし、自分の自由時間のトータルを10とすると「ギター7」「ゲーム2」「スマホでネット1」位の割合になる。

でも、ギター系をネタにしようにも、もう機材等は固定されてしまったし「練習した…」位しか書く事がないのも事実。

で、それだけ練習してるんだから、さぞや上手くなっているのだろう…と思いきや、そうでもない(苦笑)

センスが無いのか、素質が無いのか(たぶん両方)未だに、人には聞かせられないレベル。

以前、調子にのって、ネット上で音源を公開してたのがはずかしすぎて黒歴史;

そうは言っても、一年前の自分からしたら上達してはいる(と思いたい;)

とりあえず、部分的に100%ではないものの「アウトラン」の曲は、ほぼコピー完了。

「マジカルサウンドシャワー」
「スプラッシュウェイブ」
「パッシングブリーズ」
「ラストウェイブ」

どれも、自分にとっては神曲で、拙いながらも自分の手で演奏できる喜びは筆舌に尽くしがたい。

あとは、更に練習を重ね「アウトラン」ファンの誰に聞かせても違和感無いレベルを目指して精進あるのみ。

自己満足も大事ではあるが、更なるレベルアップを目指して。




  1. 2012/06/13(水) 00:40:05|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「エグゼドエグゼス」の思い出


個人的に初期の縦スクロールのシューティングゲームと言えば「ゼビウス」よりも「エグゼドエグゼス」が思い浮かぶのは、単純によく行くゲームコーナーにあってよく遊んでたからだろう。

とにかく、多重スクロールでの背景の奥行きと、金属感あるBGMが最高に好きで夢中で遊んだ。

で、その「エグゼド」がファミコンに移植される…と言うので、小遣い貯めて発売日に購入!

しかし、あまりの劣化ぶりに愕然;
はじめて「クソゲー」と言う言葉を口走った瞬間である(苦笑)

それでも、やるゲームが無かったので、1000万点だすまで遊んだし、発売メーカー主催(徳間書店)のスコアアタックにも応募したりもした。

現在では「PS」「SS」「PS2」「PSP」でアーケード版と、ほぼ同じレベルの移植版が遊べるのは嬉しい。

個人的には縦画面仕様で遊べ、グラフィックも1番綺麗(RGB出力でアーケードと同じレベル)なPS版が最高。

いつかは1000万点出してエンディング見たい!

と、思っていたが、もう流石にそこまでのテンションは無い…3面までプレイしたらお腹いっぱい(苦笑)

  1. 2012/06/12(火) 00:51:31|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「餓狼伝説バトルアーカイブズ2」PS2版


リアルバウト餓狼伝説
リアルバウト餓狼伝説スペシャル
リアルバウト餓狼伝説2

の、3本が収録されている。

「バトルアーカイブズ1」に収録されていた餓狼伝説1、2、スペシャル、3

は、ゲーセンでプレイして、思い入れもあり、オリジナルのロムカセットを持っていたが、この「アーカイブズ2」に収録されている3本はほとんどプレイしなかったので、逆に新鮮に楽しめた。

が、今回の3本はグラフィック的に「餓狼伝説3」をベースにしているので、前作、1~3のような見た目の変化があまり感じられないのは残念。

ゲームシステム的には、3のラインシステムが複雑で不評だったので、今回は多少簡略化され試行錯誤がみられる。

そもそも2Dの対戦ゲームで立体的な格闘をさせよう…というのは相当無茶な事だと思うが…

全体的に対戦格闘ゲームとしてのテンポが重視されているのはイイのだが、ストーリーや世界観が前作までに比べとてもアッサリとしていて、ちょっと物足りなく感じる。背景もキャラ固定でないのも残念。

もう少し、キャラの掛け合いやストーリーの盛り上がりが欲しかった。

個人的にはラインシステムはともかく、ストーリーや各キャラの絡みでは「餓狼伝説3」が1番好き。

思い入れも含めると「餓狼伝説スペシャル」が1番だが。

と、言ってもこの「アーカイブズ2」の3本も気分転換にサクっと遊べるし、十分楽しいO(≧∇≦)o

  1. 2012/06/11(月) 00:26:29|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

任天堂「ファミリーコンピューター」



震災+津波で助かった、鑑賞保存用の「ファミコン」本体フルセット。

泥手で触った為、包んでいたビニール袋には当時の泥が付いたままになっていた。

中身は完璧に無事。

…なのはよかったのだが、震災後、ファミコンは全く遊ぶ気がなくなってしまった;
(カセットがほとんど失われたと言うのもあるが)

いずれ、心変わりして遊びたくなるやもしれないのでそれまでは再び倉庫に封印しておこう。





  1. 2012/06/10(日) 06:24:07|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「コリン・マクレー ダート2」xbox360版


セガサターン版「セガラリー」でラリー魂?に火が付き、いろいろ調べた結果、xbox360に「コリン・マクレー ダート2」と言うかなり評価の良いラリーゲームがあることを知り、早速購入。

初プレイ時に、十数秒のムービーを強制的に見せられる事にちょっとイラっとしたが、ゲーム自体は100点をあげたくなるほど素晴らしい出来で感動!

世界各国を舞台にしていて様々なコースがあるが、実際にあるかのような片田舎の未舗装の道を走っていると、ガキの頃、自転車で整地されてない空地などを走り回っていて、凄く楽しかった事などを思い出してなんとも懐かしい気持ちになった。

単なるラリーゲームではあるのだが、その世界観の作りの上手さは外国のゲームならでは!

メニュー及び全ての選択が自分の根城にしているキャンピングカー内で行われるあたり。

とりあえず、ラリーゲームはこれ1本持っていれば、全て事足りる!と思える程。

まったり~と、のんびり~と、末永く楽しめそうだ。

(ちなみに3も出ているが、データ読み込み時間が長い等、あまり評価が思わしく無いので注意)


  1. 2012/06/08(金) 15:12:08|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「セガラリーチャンピオンシップ」セガサターン版


シミュレータ系のレースゲームはあまりやる気がなくなった…と、以前言ったが、なんとなく、ラリー系のゲームが遊びたくなった。

で、以前プレゼントして頂いたセガサターン版の「セガラリーチャンピオンシップ」があった事を思い出し、プレイしてみる(津波の被害にあったが、CDメディア自体は無事)

さすがに、画面は今見ると「なんじゃこりゃ?(苦笑)」と、思うレベルだが、ゲーム自体はかなり楽しい!

悪路をドリフトで駆け抜ける楽しさを十分味わう事ができる。

なにより、デジタルの十字キー左右と、アクセル、ブレーキの2ボタンで、ここまで良好な操作感を実現しているのが凄い!

とは言え、今、このグラフィックのゲームをやり込むのはさすがにキツイ…

と、いうことで、新たに最新(?)のラリーゲームを購入した。その名は…(つづく)


  1. 2012/06/08(金) 00:22:05|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「けいおん」フィギュア(平沢唯)


震災後、飾り物系…フィギュア等はもう、買うまい…と、思っていた。

が、ついに購入。
「けいおん」の「平沢唯」だ。

と、言っても「けいおん」は、アニメも漫画も、全く見たことが無く「平沢唯」と言うキャラも全く知らない(笑)

なら、何故?購入したのか?

それは、よく行く中古楽器のギターコーナーに、このフィギュアが飾られていたのがきっかけ。

とにかく、このフィギュアのポイントは「ギターを弾いているのが、めちゃくちゃ楽しそうに見える」と、いうこと。

このフィギュアが気になってから、万代書店のフィギュアコーナーで、一通り「けいおん」関係のを見て回ったが、今回購入したのが1番輝いて見えた(笑)

このフィギュアを見ているだけで、ギターが弾きたくなる!

と、いうことで、我が家のギタープレイ環境の天板の上に、震災で生き残った「ナイト2000」のラジコン共に飾られるのであった。



  1. 2012/06/06(水) 00:48:05|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「アフターバーナー2」アーケード版の思い出1


アーケード版(及びサターン版もだが)の「アフターバーナー2」は、デモ画面が11面の時にクレジットを入れてスタートすると、敵機が撃墜しやすい編隊で出現する…俗に言うラッキーパターンになる。

個人的に、ゲーセンではスコアアタックはせず、クリア重視のプレイだったので、それほどラッキーパターンにこだわる必要は無かったのだが、べつにプレイする気がない時でも、デモが11面だと、思わずクレジットを入れてプレイしてしまっていた。

おそるべし、11面マジック!(苦笑)
  1. 2012/06/05(火) 17:31:24|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「シュタインズゲート」xbox360版


以前も話したが、震災後、xbox360のプレイ環境を復活させた時、何か新しいゲームが欲しくなり、以前、ネットのあちこちで話題になっていた「シュタインズゲート」を購入。

登場人物のやり取りだけでも面白いのに、メインのストーリーも奥深く、そしてワクワクする展開に夢中でプレイした。

空想科学アドベンチャー…と名うっているだけあって、SFというか、ファンタジーな内容なのだが、現実の出来事や実史、事象等を交え、リアリティある世界観を作りだしているのが凄い。

惜しむべくは、自力で、真のエンディングを見るのが難しい(?)事。

自分は一通り煮詰まるまでプレイして、その後、ネットの攻略を見てクリアしたが。

それでも、真のエンディングにたどり着いた時の満足感と、充実感は凄かった。

今までのゲーム人生の中で、「このゲームに巡り会えて…プレイできてよかった…」と心から思えるゲームはいくつかあるが、この
「シュタインズゲート」
も間違いなくその中の一本といえる。




  1. 2012/06/04(月) 17:28:11|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

「餓狼伝説バトルアーカイブズ1」PS2



個人的に最も思い入れがある対戦格闘ゲームは「ストリートファイター2」だが、それと双璧をなす程好きなのが「餓狼伝説」シリーズ。

と、言っても、夢中で遊んだのは「1」「2」そして「スペシャル」だが。

初代「餓狼伝説」との出会いは、ゲーセンでスト2全盛期に、渋谷のゲーセン「渋谷会館」にいったところ、60インチモニターのデカイきょうたいに入っているのを見たのが最初。

デモ画面で動く、テリーボガードに一目惚れし(笑)、プレイもせずに、その足で秋葉原に行き家庭用ネオジオ用ソフト「餓狼伝説」(たしか1万8千円ほど?)を購入。

しかも、その時は「家庭用ネオジオ本体」を持っていなかったので、当時働いていた、某ゲーム雑誌編集部に置いてあった撮影用のネオジオ本体で就業後に遊ばせてもらっていた。

今にして思うと、どれだけテンション高かったんだよ…って話だが。いろんな意味で。

若さって素晴らしい(遠い目)

時は流れ「餓狼伝説2」発売!
前作に比べ、全てにおいてグレードアップされた本作。

この時つるんでいた友人がパチンコで大勝ちし業務用ネオジオMVSと餓狼伝説2を購入(笑)

毎晩、二人で鬼のように「餓狼2」の対戦をしまくった。

その後「餓狼伝説スペシャル」が発売さる。この時もその友人とシヌ程対戦しまくった。

楽しかったなぁ…あの頃は(更に遠い目)

そんなこんなで、更に時は過ぎ、自宅ゲーセン計画を始動。自宅にきょうたいを置きMVSも導入。最高の環境で「餓狼伝説」「餓狼スペシャル」を堪能。

xbox360のダウンロード販売でも「餓狼伝説スペシャル」を購入して、見知らぬ人とネット対戦なども体験。

更に時は流れいろいろな事があり「餓狼伝説」のプレイ環境は失われていた…。

が、先日、店頭でプレイステーション2用ソフト「餓狼伝説バトルアーカイブズ1」を発見。思わず購入してしまった。

このソフトが発売された時は、自宅ゲーセン計画真っ最中で、本物を所持していたので移植版はスルーしていた気がする。

このソフトには
「餓狼伝説」
「餓狼伝説2」
「餓狼伝説スペシャル」
「餓狼伝説3」

の4本が収録されていてほぼ完璧に移植されている。

初代から順にプレイしていくと「餓狼伝説」の進化がよくわかる。

思い入れがあるだけに、デモ画面を垂れ流して見ているだけでも浸れるのは◎。

このソフトを購入して自分は「餓狼伝説」が大好きなんだと再確認した。




  1. 2012/06/02(土) 22:32:11|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「虫姫さま」PS2版


前回、前々回と、ケイブのPS2移植ゲームの話をしたのは、この「虫姫さま」への布石だったのである。

今、正に「xbox360」版「虫姫さま」が発売されて間もないこの時期に何故PS2版?

とも、思うが、今だからこそなのである。個人的に、「PS2」も「xbox360」も自宅では現役ハードでマイシューティングブームなので、たぶん両機種とも購入するであろう。

ならば、画質で劣るPS2版を先に購入しプレイした方が画質の向上を感じるだろうし、プレミア価格だったPS2版も360版発売で価格が値下がり気味だった事もある(2千円台で購入)

そんなこんなで、早速プレイしてみたが、やはり、ギラギラした…と言うかジラジラしたようなグラフィックは多少気になる。

RGB15Khzで縦画面モニター出力したPS2版「怒首領蜂大往生」はかなりクッキリと綺麗だったのと比べると明らかに残念な感じ。

それでも、ゲームはかなり楽しく、夢中で何度もプレイしているうちに気にならなくなるレベル。

先に「虫姫さまふたり」をプレイしていた事もあって、1面2面あたりは、かなりアッサリした印象を受けたが3面以降はかなり派手でテンションも上がる!

続編の「ふたり」と比べて、全ステージの敵が「虫」で統一されているのも◎

まぁ「ふたり」では、ネタぎれとか、マンネリ防止とかで仕方が無かったのだろうが。

システムも、ショットとボムなシンプルな感じで好き。

個人的には3面のステージ全部が一体の敵!と言うのが「アールタイプ3面」を思い出して懐かしくなった。

2Dグラフィックの背景が、グリグリうねうね躍動しているのは気持ちよく「なんかスゲーゲームを遊んでいる(笑)俺!」的な、なんか、そういう懐かしい感覚を味わえたのもイイ(笑)

ハードの性能が低かった時代からゲームを遊んでいた人間だからこそ、そんな感慨に耽れるのだろうが。

プレステ2も中々凄いじゃん!と思った。

360版「虫姫さま」も楽しみ!


  1. 2012/06/01(金) 13:27:08|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2